Archives

San Francisco

Market Street, San Francisco仕事さえあればやっぱりここに住みたい。

前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、この夏の旅行の最後はサンフランシスコで締めくくりです。私は5年前に勤務先から短期語学留学という制度で3週間滞在していましたが、その時からぜひ家族を連れて来たいと思っていたので、ようやく念願が叶ったということになります。ただし残念ながら長男は既に帰国してしまっていて連れていくことができませんでしたが。

セコイア国立公園からサンフランシスコに到着したのは6時頃になってしまいましたが、公共交通機関の充実した市内では不要なレンタカーを返却してしまう前に、まずTwin Peaksに立ち寄りました。ここは標高270mほどの小さな双子の山ですが、この山頂付近からサンフランシスコの街並みを一望できるのです。私はここから眺める目抜き通りMarket Street周辺の景色が大好きです。

この後、この日は空港のレンタカーセンターでレンタカーを返して、偶然ホテルの隣にあった日本食レストラン「一膳」で夕食を奮発して終わりました。

サンフランシスコ2日目からは前日に空港で買っておいたMuni Passportという路面電車・バス・ケーブルカーに乗り放題のチケットを駆使して動きまわりましたが、ホテルは空港近くのMillbraeというBARTCaltrainの駅のすぐ側に取ったので、市内まではこのどちらかに乗っていく必要があります。これらはどちらも1人$4.50ほどの同じような料金だったので、それぞれ乗ってみました。前回の留学中にBARTには何度も乗ったことがありますが、窓が汚れていて外がよく見えないのを除けば普通の電車です。一方Caltrainの方は比較的長距離の通勤客を対象としており、機関車が総二階建ての客車を引くというものなのでまず日本にはないものでしょう。また、東京の電車ほどではないもののCaltrainは朝の通勤で非常に混雑していてびっくりしました。
Golden Gate Bridge
市内では妻が見たいと言っていた、ドラマ「フルハウス」のオープニングに登場するPainted Ladiesや、Lombard Streetの曲がりくねった坂道、その他定番のFisherman’s WarfGolden Gate BridgeFerry Buildingのファーマーズマーケットなどを2日かけて見て回りました。この間、ケーブルカーやバスには何度となく乗りましたので、Muni Passport 3日券は1日で完全に元を取ることができました。

もう一つ定番のAlcatrazにも行こうと思ったのですが、直前までクルーズの予約を取らずにいたら空きがなくなってしまって断念せざるを得ませんでした。私自身は一度行っているのでいいのですが、次男が関心を持っていたので残念です。まあ彼には大きくなってから自分で行ってもらうことにしましょう。

サンフランシスコでもう一つ楽しみにしていたのは食事です。ここは意識の高い人が多く住んでいるということもあり、非常に洗練された美味しい食事が食べられるのではないかと思っていたのですが、これはまさしく正解でした。Foursquareの評価を大いに参考にしつつ選んだ甲斐もあり、ホテルのサービスに含まれていた朝食を除く昼夜5食はいずれも素晴らしいレストランにめぐり逢うことができました。

最初の夕食は上でも触れた「一膳」ですが、デトロイトで食べられるものとは一味違う新鮮な魚の寿司串焼きを堪能しました。サンフランシスコ2日目の昼はFisherman’s Warfの路上に面しているTarantino’sでたっぷりのカニを使ったカニサラダサンドイッチ、夜はシーフードレストランPacific Catchアヒツナボウル、つまりマグロ丼の西洋風なものにしましたがこれもなかなかです。これは味もさることながら見た目が非常にきれいでした。3日目の昼もまたシーフードレストランWoodhouse Fish Co.ダンジネスクラブたっぷりのダンジネスロール、夜はサンフランシスコに数店舗あるSuper Duper Burgersというバーガー店のその名もスーパーバーガーですがこれもまた美味しさは最高レベルでした。他にも幾つも入ってみたい店がある中でシーフードにこだわってみましたがどれも大当たりで、旅先での食事を旅行の大きな楽しみとしている我が家にとって非常に良い結果となりました。もうちょっと長く滞在したらさらに新しい出会いがありそうですが、街の規模から言ってもそれはきりのないことになりそうです。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。