Archives

Three 海外データSIM

どうしてこんなことが可能なのでしょうか。

いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまいます。これまでアメリカの場合はWi-Fiも普及しているのでそれで我慢してきたのですが、先日のイタリア出張の際にはヨーロッパの通信事情がよくわからなかったためちょっと調べてみたところ、便利なものがあることがわかったので利用してみることにしました。

類似の製品は他にもいくつかあるようですが、私が使ってみたのはこちらの商品で、香港のCK Hutchisonという会社が傘下のThreeというブランドでイギリスを中心に展開している携帯電話サービスをベースに、ヨーロッパを中心に43カ国で利用できるというデータSIMを販売しているものです。有効日数やデータ使用量により色々なタイプがあるのですが、私が選んだのはこのタイプです。

【お急ぎ便】 ヨーロッパ・アメリカ・オートラリア・ニュージーランド・インドネシア プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信12GB

posted with amazlet at 17.03.19

Three.co.uk 売り上げランキング: 53,349

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazonの当日お急ぎ便で購入でき、その後も手続きは必要ありません。SIMロックフリーのスマートフォンに挿入し、添付の紙に記載されているサービスを選択するだけで使用できるようになりましたが、自動選択ではうまくいかない場合もあるようです。一度石造りのレストランで圏外となった後、そのままでは復帰できず一旦機内モードにして戻すと復帰した、ということがありましたが、その他にはこれといった問題は特になく、私がいたオランダのアムステルダムと、イタリアのトリノとミラノでは電波の状態も安定していたのではないかと思います。

香港以外では3Gのみの利用となるようですが、メールやメッセージの送受信、写真のアップロード、検索などでは問題となるほど遅いわけでもなく、むしろ国内MVNOで平日のランチタイムに極端に遅くなった状態よりも速いので、ストレスはほとんど感じませんでした。そういえばLTEが始まった当初は自宅の無線LANよりも速いと感動したものですが、みんなが使い始めたことでそんな快適な状況はどこかへ行ってしまいましたね。

残念なのはテザリング不可なのでモバイルWi-Fiルーターでも使用できないということですが、これだけ安くて便利なら諦めるしかないでしょう。容量制限があるならテザリングさせてもいいような気はしますが、負荷とすることで安くできているなら仕方ありません。しかしそれにしても使用開始から30日間、12GBまで利用可能で3680円というのは破格ではないでしょうか。他にも、30日間1GBまでで2180円、90日間3GBまでで2690円、360日間12GBまで6280円などなど実に様々なタイプが揃っていますが、30日間3GBまで2600円というのもあるので、次回はこれでも十分かもしれません。

ちなみにヨーロッパのWi-Fi事情ですが、アメリカほど便利に使える状況ではないようでした。Free Wi-Fiを提供している店もないわけではありませんがまだ一般的なレストランまでは普及しておらず限定的です。また、ホテルのネットワークも非常に遅くて使いづらかったのですが、現地事務所のWi-Fiも驚くほど低速だったので、ヨーロッパの全体的な通信事情がその程度なのかもしれません。やはり日本の高速通信ネットワークは驚異的だと思います。

San Francisco

ホームシックの「ホ」の字もなく…

長いように思えた3週間の短期語学留学はあっという間に終わってしまい、周りには自国に仕事を置いてきている人などほぼ皆無だったので「どうしてそんなに早く帰ってしまうのか」と言われながら、買い物をしすぎて荷物が行きの3倍以上に膨らんでしまったのでチャイナタウンで安物のバッグを買ってそれもパンパンにして引きずるようにして帰ってきたのは先週末のことでした。この一週間でようやく落ち着いてきたような気がしますが、早くもサンフランシスコが懐かしく、恋しくて仕方のない状態です。ひょっとしたらもう二度と行けないかもしれない、と思うと余計に想いは募りますが、とりあえずここに感想のようなものをまとめておきたいと思います。

思ったより寒かった
出発前に「年中通じて気温は最高20度最低10度だから」と言われていたので、私は長袖シャツとフリースジャケットしか持って行かなかったのですが、到着してから最初の数日は「異常に暖かい」という日が続いたため暑くてかないませんでした。このため、学校の近くにあったGAPで半袖ポロシャツを買ったりしたのですが、その後今度は一気に冷え込みフリースジャケットだけでは寒くて震えるような状態でした。結局、Black Fridayのセールの時に安くなっていたジャケットを購入して後半は暖かく過ごせたのですが、これは全くの予想外です。まあ、人と話をするとカリフォルニアということでロサンゼルスやサンディエゴと一括りに考えてしまい一年中温暖なイメージがあるようですが、ロサンゼルスとは南北に500kmくらい離れていますし、気候はかなり異なるのです。

人種・民族が実に多様
学校に通う電車の中でも、街を歩いていたり食事をしていたりしても感じることなのですが、サンフランシスコには実に多様な人種・民族の人々が共存していて、特にヨーロッパに行ったときには強く感じる「外国人を見る目」をほとんど意識することがありません。特に中国人が非常に多く住んでいてアジア系の割合が高いのですが、その他アングロサクソンもラティーノも黒人も、互いに存在を認め合って暮らしているようで素晴らしいことだと思いました。

ステーキを食べない
アメリカ人の食生活というと「何はなくとも『肉』」というように考えてしまいがちですが、やはり様々な民族の文化が混ざり合っているだけあってサンフランシスコは食文化も多様で、逆に滞在中に一度は食べるだろうと思っていた草履のようなステーキには結局一度もお目にかかることがありませんでした。特に半島にある街だけあって魚介類をよく食べているようです。また、日本食レストランもあちこちにあって日本食に馴染みのある人が多く、豆腐が食材として使われていたりします。私のホームステイ先でもスパゲティの具材として豆腐が使われていたのには驚きました。

水道水が飲める
「海外旅行先では水道水を飲むな」というのは昔から言われてきたことで、特にアジアでは気を付けていたつもりだったのにジュースに入っていた氷のせいで下痢に苦しめられた、などという話も聞きますが、サンフランシスコでは水道水を普通に飲むことができ、全く何の問題もありませんでした。私は水道水のカルキ臭が苦手で、普段日本ではレストランなどでも水は全く飲まないのですが、サンフランシスコの水は一切カルキ臭もなく、非常に美味しく飲める水でした。また意外だったのが、レストランで頼まなくても水が出てきたことで、そんなものは日本だけだろうと思っていたのでこれもまた驚きでした。

治安が良い
サンフランシスコの公共交通については先日書きましたが、そんな便利な交通網も安全でなければ利用できません。ロサンゼルスにもバスはあるものの身の危険を感じるので一度も乗ったことがない、というのを何人かから聞きました。サンフランシスコではそんな不安は一切無く、女性一人でも安心して利用できるのではないでしょうか。また夜でも表通りを歩いている限りは特にびくびくする必要はありません…とは言ってもやはり日本とは違い、あるところから急に辺りの様子が違ってしまったりします。地図上は1本の通りを真っ直ぐ歩いているだけでも危険と言われる地域に入り込んでしまったりすることがあるので、土地勘のない旅行者はやはり注意が必要なようです。

ということで、いろいろ先入観が覆されることがあってそれもまた面白い経験でした。まあ大体あれだけ大きな国を「アメリカ」と言って一括りにすることができるはずがないのですよね。また東海岸に行くと全く雰囲気が違うということですから、またいつかそれも楽しんでみたいものです。

学生ビザ領事面接

何事も経験してみないとわからないもの。

まだしばらく先のことだと思っていた私の語学短期留学もいつの間にか1ヶ月を切っていて、なんとなく気ぜわしい感じがしてきていますが、ろくに用意らしいものは出来ていません。本当に必要な手続き等は旅行代理店の方が進めてくださっているので心配はないのでしょうが、本当にこのままで留学なんてできてしまうのだろうかという感じです。

この「本当に必要な手続き」の中でもっとも重要なものの一つが学生ビザの取得で、そのためにいろいろ書類を集めたり申請用の情報を記入したり、申請費用を入金したりと面倒だったのですが、ビザが取得できるかどうかの最後の関門となる「領事面接」というものが今日ありました。面接自体は簡単な質問をするだけで、指紋の採取を主目的としているらしいのですが、各種ビザの取得のためには必要なステップで、東京の大使館か大阪の総領事館に足を運ばなければいけないことになっているので遠くに住んでいる人にはなかなか大変ではないかと思います。

しかし、この領事面接についてこの程度のことはちょっと調べれば判るのですが、これ以上の具体的なことはなかなか出てきません。例えばどのくらいの時間がかかるものなのか、どのような服装で行くべきなのか、といった簡単なこともわからず、若干の不安がありました。服装についてはあまりラフな格好で行って変な印象を与えない方がいいだろうと思い、チノパンツに開襟のシャツで行ってみました。

面接はあらかじめ日時を指定して予約した上で臨む必要があり、私は今日の朝10時からの予約だったのですが、「あまり遅刻するとビザが発給されないことがある」「15分前には受付を済ませるように」と言われていたので余裕を持って9時15分ごろに大阪キタの駐大阪・神戸アメリカ総領事館に到着しました。この総領事館はビルを1棟占有しているのですが、そのビルの前には機動隊のバスが停まって護衛についていて、ものものしい雰囲気です。その脇を通ってビルに近づくと、年配の警備員が近づいてきて、電子機器や飲食物は入り口で預けるようにと丁寧に説明してくれました。その案内に従ってビルの中に入ると、まず携帯電話やPCなどを預け、バッグをX線検査装置に通し、金属探知機のゲートを通ってさらに所持品検査です。まあこれは空港の保安検査と全く同じようなものです。ちなみに警備員は皆日本人のおじさんで、マッチョで威圧感のある黒人警備員などはいません。

その後3階の受付に行くように言われるのでそれに従い、エレベーターで上がるとガラス越しに受付があるので書類を渡ししばし待ちます。この受付の方は日本人だったようですが、ほとんど喋らないので妙に緊張してしまいました。書類を見ながらPCでいろいろ入力すると書類を返され、2階で面接を受けるようにとのことで今度は階段で2階に降ります。

2階はなにやら入り組んだ通路になっていて、そこを通って行くとまたもやガラス越しの面接ブースがあります。実はここまで領事館側の人以外は誰ひとり出会わなかったのですが、ここでようやく面接中の人を見つけました。この人はかなり流暢に英語で喋っているように見えたので慣れているのでしょうが、服装はかなりカジュアルだったのであまり気にする必要はなかったのかもしれません。

2,3分も待つと私の番が回ってきましたが、まず最初に両手10本の指紋を採取されます。これはアメリカの入国審査時と同じです。その後はいくつかの質問がありましたが、簡単なものばかりです。面接官は白人女性でしたが、日本語で聞かれたのでそのまま日本語で答えました。質問は「会社に何年勤めているのか」「会社は間違いなく費用を出してくれるのか」「どうして今英語を勉強することになったのか」というようなことですが、この内容からすると基本的に不法滞在を恐れているのでしょうね。

ということで「面接」は5分もしないうちに終わってしまい、結局総領事館から出たのは予約の時刻よりも30分も早い9時半で、ものの15分ほどで全て終わったということになります。といっても、面接ブースの手前には行列できるようなスペースがありましたし、大使館の案内でも本などを持参することを勧めていたので、これだけスムーズに終わってしまったのは空いている時期だったからということなのでしょう。学生が集中する夏休みや春休みの前は混雑するのではないでしょうか。

終わってしまえばなんということのないもので、だからこそほとんど情報がないのでしょう。なんとなくそう納得してしまいましたが、それでも初めての人は不安を感じるものだと思います。これから面接を受けるという人がこの記事を見つけて不安を取り除いてくれると嬉しいのですが…なかなかそうはいかないでしょうか。