Archives

Black Panther

少々主張が強すぎるような気はしますが。

このところアメリカの人種差別を一つのテーマにした作品が続いていますが、今回観たMarvelの「ブラックパンサー」も主役を始めとするキャスト、監督以下のスタッフ、サントラを提供する歌手などその多くを黒人が占めているということで話題となりました。特に黒人社会では「自分たちにもこんなかっこいい映画が作れるんだ」ということで大変な熱気となったようです。Rotten TomatoesのTomatometerも97%と非常に高い評価になっていますが、一方で観客によるスコアは79%と低く、「作品としての価値は高いが面白いかと言うと…」というようなものになっていないかが気がかりでした。しかし実際に観てみると決してそんなことはなく、大いに楽しむことができました。

諸外国にはアフリカの発展途上国の一つとしか認識されていないワカンダという小国が、実は一万年前に落下した隕石に含まれていたヴィブラニウムという希少金属のおかげで経済的にも科学技術的にも先進諸国を凌ぐ驚異的な発展を成し遂げています。そのワカンダを治める王はヴィブラニウム製のスーツに身を包み、代々の王にのみ与えられる特殊な薬草でスーパーパワーを得てブラックパンサーとなり国を守ります。この作品では主人公のT’Challaが王位に就き、ヴィブラニウムを狙うテロリストと戦う中で、これまでヴィブラニウムの秘密を守ってきたワカンダの新しいあり方を見つけることになります。

映画自体は良くも悪くも他のMarvel作品とあまり違いありません。ただ、やはり目立つのは登場人物のほとんどがいわゆる黒人であるということで、白人に虐げられていることに対して抵抗しなければならない、ということが基本的には肯定されているような気がしました。黒人も力を持たなければならない、と言って武器を手にしようとするか、平和的な解決を目指すかだけの違いなのです。日本にいる限りは黒人差別というものを日常生活で意識することはまずありませんが、特にアメリカでは、少なくとも黒人側は、ハリウッド映画に関わるような階層の人々であってもそういう意識が根強いということなのでしょう。

昨年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」での問題など、日本での各種表現が人種差別だと特にアメリカから批判されることが少なくありませんが、それは自分たちも有色人種とされている日本人が黒人に対して持つ感情が、アメリカの白人が持つものとは相当異なっているためでしょう。もちろんそういうことによって被差別側であるアフリカ系の人々が気を悪くするようなことは避けなければならないので、今回の件について擁護するつもりはありませんが、それを半差別意識の高い白人に攻撃されることには違和感があります。自分たちがそう考えているからといって相手も同じだと思うな、という「自己紹介乙」のようなものですね。

ということで映画自体の話から逸れてしまいましたが、本作はどうもメッセージ色が強すぎるような気がしてなりませんでした。ちなみにT’Challaの16歳の妹Shuriの役は現在24歳になるLetitia Wrightが演じているのですが、彼女はちょっと可愛いですね。ヒロインで恋人のNakiaはアカデミー女優のLupita Nyong’o、そして主役のT’Challa役はChadwick Bosemanですが、彼はこれまでに何度かアベンジャーズシリーズに出演してきているので顔なじみですね。まあ、黒人にもかっこいい映画はできるんだ、ということについては全くそのとおりだと思います。

Spider-Man: Homecoming

アメリカの高校生らしい。

日本では70年台に東映がテレビシリーズを製作していたこともあってMarvel作品の中では圧倒的に知名度の高い「スパイダーマン」シリーズですが、実写映画はこれまでTobey MaguireとKirsten Dunstの「スパイダーマン」からの3部作のあとリブートされてAndrew GarfieldとEmma Stoneの「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ2作が製作されていました。Gwen Stacyが亡くなってしまったあとはどうするのかと思っていましたが、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で新世代のスパイダーマンとしてTom Hollandがデビューし、そして今回「スパイダーマン: ホームカミング」として本編が公開されることとなりました。

ヒロインは一応Laura Harrier演じる1年先輩のLizということになるのでしょうが、物語の中では重要な位置にはあるもののそれほどクローズアップされておらず、むしろ端々で登場するZendayaが演じているMichelle “MJ” Jonesの方が目立っていますし、次回作ではさらに重要な役どころになる可能性があるように感じました。しかし、スパイダーマンでMJといえばMary Jane Watsonですし、特に最初の三部作でMJを演じていたKirsten Dunstに思い入れのある私としては少々複雑な気持ちです。

それはともかく、この作品は「シビル・ウォー」直後の話となります。「シビル・ウォー」を観ていないと序盤は何のことやらということもあるかもしれませんが、大きな問題はないでしょう。また、Tony Starkとアイアンマンが結構登場しますが、やはり存在感があるのでスパイダーマンもMarvel Universeの一員に加わったと印象づけているように感じました。また、リブートではありますがPeter Parkerがスパイダーマンとなった経緯や伯父Benの死についてはほとんど触れられていないので、全体的に明るい感じになっているのではないでしょうか。

違和感が拭えなかったのは伯母のMayが衝撃的に若くなっていることです。これまでの作品ではBenとMayの夫婦は老夫妻というような年齢に設定されていたのですが、今回Mayを演じているMarisa Tomeiは現時点でも52歳で、しかも白人にしては実年齢よりも若く美貌を保っているように見えます。私は最初Anna Kendrickと見間違えてしまったので、それがMayであるとはすぐに理解できませんでした。MarisaとAnnaってちょっと似ていませんか?

全体的には、Peterがとても若々しくてとても良かったと思います。スパイダーマンのスーツがアイアンマンばりにハイテクなのはこれまでになかった設定ですが、今後もそれで行くのでしょうか。蜘蛛の力で超能力、という設定がぼやけてしまわないかと余計な心配もしてしまいますが、面白く仕上がればそれでもいいと思います。

Logan

ヒーローだって年を取ります。

LoganといえばX-Menの中心人物の一人であるWolverineですが、アメリカで次男が通っていた小学校がLogan Elemetary Schoolというところで、かつ住んでいたミシガン州の「州の動物」や住んでいたアナーバーにあるミシガン大学のマスコットがWolverine (クズリ)だったりとなんとなく色々関わりがあるのですが、だからと言ってどうというわけではありません。ただそのWolverineを主人公に据えたX-Menシリーズのスピンアウト三部作の最後、映画「LOGAN/ローガン」を観てきたという話です。

舞台は2029年、今から12年後のアメリカ、テキサス州のメキシコとの国境辺りです。近未来の話ではありますが、ちょっと車が未来的なデザインになっていたりするくらいで現代とはほとんど変わりません。ただ、変わっているのは登場するWolverineやProfessor Xが年を取ってしまっているということで、その姿は結構ショッキングです。この時点で25年間新しいミュータントが生まれていないということもあり、かなり絶望的な空気が漂っています。

そんな状態からどのように物語が進むのかということですが、終わってみると心温まるところもある、なかなかいい映画だったと思います。ただ、日本ではR15、アメリカではRのレイティングとなっており、結構な残虐描写が含まれています。これによって特にアメリカでは観客をかなり制限することになってしまっているのでしょうが、これは登場人物らの残忍性をしっかり表現するためには必要なものなのではないかと私も思います。

主人公のWolverine/LoganことJames Howlettはこれまで通りHugh Jackmanが演じていますが、Wolverine役で大当たりとなった彼にとって年老いて衰えたLoganを演じるというのはどういう思いだったでしょうか。また、Professor Xを演じているのはPatrick Stewartで、彼ら二人とも実年齢よりも20歳ほど老けた役となっていますが、二人ともこの作品がX-Menシリーズでの見納めとなってしまうようです。また、謎の少女Lauraの役で存在感を示しているのはDafne Keenという12歳の少女です。実年齢相応のかわいさのある彼女ですが、イギリスとスペインのハーフらしくラテン系の顔立ちをしているのでメキシコ人の役でもまったく違和感はありません。また今後が楽しみな子役が出てきたのではないでしょうか。

ということで、今作ではWolverineらもかなり酷い目に遭ったり、衝撃的なシーンも多々あるので観ていて辛いところもあったのですが、終盤にはとても美しいシーンもあり、とても見応えのある作品になっているのではないかと思います。少なくとも、アメコミものにありがちなヒーローがやたら強い薄っぺらいものとは一線を画した、ドラマとして観られるものになっているのではないでしょうか。