Archives

Deadpool 2

「酷い映画だ。」(褒めてます)

今や映画の1ジャンルになったと言っても過言ではないと思われるMarvelの各作品、私はすべて観てきたと思いますが、その中でひときわ異彩を放っていたのが「デッドプール」です。基本的にはシリアスでひょっとしたら本当にいるかも知れないと思ってしまうようなリアリティを持って描かれている他の作品と異なり、かなりコメディに振りつつR指定なので映像描写はグロテスクで露骨な性表現もある、大人向きの作品となっていました。そのシリーズ2作目となる「デッドプール2」が日本でもいよいよ公開されましたが、私はその前日の木曜日に先行上映のレイトショーで観てきました。1日だけ早かったからといってどうということはないのですが、たまたま金曜日には字幕版が私の観られる時間には上映予定でなかった、というのが次の日の仕事を気にしつつも観に行った理由です。

それはともかく、ストーリーについては何を言ってもネタバレになりそうなので一切書きません。どうやらWikipediaにストーリーを書いた人がいるとかでTwitterで公式アカウントが「絶対に読まない事をお勧めする。」とお願いするような事態になっていたようですが、現在は元に戻されているようです。確かに最初は何も知らずに観た方が面白いと思いますが、製作・配給側が禁止というのもちょっと変な気がします。

今回も他の作品のパロディやオマージュが盛りだくさんです。私が気づいただけでもいろいろありましたが、明らかにパロディなのだけど元ネタがわからないというものもたくさんあって、1回観たあとはネタバレどころか解説が必要なのがこの作品ではないかと思います。きっと誰かがシーンごとの元ネタをまとめてくれるのではないかと思いますが、映画館で観られるうちに公開してもらえるでしょうか。

当たり障りのない範囲で話をするとすれば、今回は雪緒役で忽那汐里が出演しています。今作ではあまり長い台詞はありませんでしたが、彼女は日本国籍を選択したものの日系オーストラリア人3生ということなので、英語の台詞には全く違和感がありませんでした。やはりハリウッド大作に日本人俳優が出ていくにしても英語がしゃべれないとお話になりませんから、こういう人に活躍の機会が与えられていくのでしょうね。しかしカメラ好きという彼女のInstagramには「Hi Yukio」のコメントだらけで、本人が見ているとしたらうんざりしているでしょうね。

ということで、私は今回Vanessaを見てあらためて素敵だなあと思っていたのですが、もうちょっとじっくり見られるようにスピンオフでも何でも作ってもらえないでしょうかね。演じているMorena Baccarinの他の作品を素直に見ればいいのかもしれませんが、同じような雰囲気ではないような気がして、それはそれでイメージが崩れてしまうのも心配です。前作以来他のシリーズには出ていないようなので、観るとしたら「SPY/スパイ」なのでしょうか。

Thor: Ragnarok

順序が逆になりましたが。

先日公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を先に観てしまったのですが、昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見逃してしまっていたので序盤の状況がよくわからなかったということを前回の記事で書きました。「マイティ・ソー」シリーズは世界観があまりに現実離れしているためになかなか取っ付きづらいところがあるのですが、「バトルロイヤル」については過去最高の出来という評判だったのでぜひ観たかったのですが、他にもみたいものがあったおかげでタイミングが合わなかったのでした。しかし、そのまま観ないでおく訳にはいかないということでAmazonのストリーミングで観てみたところ、やはり先に観ておくべきだったというのが率直な感想です。

本作の原題は”Thor: Ragnarok”といいます。「ラグナロク」と聞くと「ラグナロクオンライン」を思い浮かべてしまう人もいるかもしれませんが、もちろんまったく関係ありません。ラグナロクというのは北欧神話における終末の日、神々が戦い滅びる日のことです。「マイティ・ソー」のシリーズは北欧神話をベースとしているので、本作もこれに因んだ内容となっています。本シリーズは北欧神話をモデルにしているという程度で、北欧神話に造詣の深い人からすれば一緒にしないでくれというようなもののはずですが、ある程度固有名詞を知っていると一層楽しめるということは言えそうです。

一昔前はスーパーヒーロものなんて二級扱いもいいところだったと思うのですが、本作ではCate Blanchett、Idris Elba、Jeff Goldblum、Anthony Hopkins、Benedict Cumberbatchといった錚々たる俳優陣が出演していて、一体どんな大作かといったほどのものです。こうした豪華出演者のおかげで軽薄さが拭われ、ある種の説得力を得ることができるのでしょう。

ところでまた酷いのが本作の邦題です。日本では「ラグナロク」というものの知名度が低いということはあるかもしれませんが、「バトルロイヤル」というのはどういうことなのでしょうか。字幕でも「バトルロイヤル」という言葉が使われていましたが、実際に行われているのはThorとHulkの一対一の対決であり、決してバトルロイヤル的なものではありません。英語の元のセリフではContest of Championsと言っており、的確な翻訳が難しいのはわかりますが、そもそもこのイベントはストーリーのごく一部でしかなく、本題からはかなり外れたものです。このような邦題からは作品に対する熱意や愛情がまったく感じられず、本当にどういうセンスで付けているのかさっぱり理解できません。

Avengers: Infinity War

そういう神がいても悪くないのかなとも思ってしまいましたが。

Marvel Comicsのスーパーヒーローが集結して巨大な敵と戦うAvengersの映画作品もすっかり日本でもおなじみのシリーズとなりましたが、その最新作である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が今週末公開され、前評判から非常に高いようなので私もGWに入ってすぐ、さっそく観に行ってきました。

この作品のストーリーは昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイヤル」から連続したものとなっているのですが、私はこの作品は見逃してしまっていたので状況を飲み込むのに少々時間がかかってしまいました。しかし、観ていなかったとしてもそれほど複雑な状況ではないのでまったくわけがわからないというようなことにはならないだろうと思います。実は本作を観た翌日の今日になってからAmazonでレンタルして観て、さらに良くわかったという感じなので、もしも可能であれば先に観ておくべきとは言えます。

それはさておき、今回の敵となるのは「宇宙誕生以前に存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、6つのエネルギーの結晶へと姿を変えたもの」であるインフィニティ・ストーンをすべて集めて圧倒的な力を手に入れようとするサノスです。インフィニティ・ストーンを集めるにごとにその力はさらに強大になっていき、それに立ち向かうアベンジャーズはさらに苦しくなっていきます。

しかしそのサノスにも彼なりの信念があり、ある面から見れば狂ったものではあるかもしれませんが、また違う面から見ればどうなのかな、なんていうことを考えながら観てしまいました。多様性を重視するアメリカの文化であっても、時として一方的な正義の押しつけになってしまう場合もあり、それはアメリカという国の中東戦略を見ても明らかかもしれませんが、それがこうして娯楽にも表れ、子供達がなんの疑問も持たずに取り込んでいってしまうとしたら残念なことです。

まあそれはともかく、本作ではアベンジャーの数多くのスーパーヒーローたちが登場し、Gardians of the Galaxyの面々も合流します。前作では可愛らしかったGrootもだいぶ成長して思春期の少年らしくなって憎たらしくも微笑ましい様子を見せてくれますが、作品ごとに様々なカラーを持つMarvelの各ヒーローも一つの作品になんとなくまとめられてしまうというのもなかなか凄いことのように思えます。まあ場面によってシリアスだったりコミカルだったり、統一された雰囲気というものはないのですが。