カテゴリー
software

AlbertとRaycast

これももっと早く使っているべきでした。
🖥️

Macで人気らしいアプリにAlfredというものがあります。これはいわゆる「ランチャー」というもので、ホットキーで開いた入力窓に起動したいコマンドや検索文字列などを入力して目的のアプリを起動するというのが主な機能です。拡張で他にも様々な機能が持たされていて、基本無料のアプリなのですが、拡張機能パックが有料という商売になっていて、この拡張パックを利用しなければこのアプリの本当の価値は得られないなどとも言われています。本質的に物臭なプログラマーなどに特に人気が高いようですが、実は私はこれまで使ったことがありませんでした。

しかし、最近MacBook AirにUbuntuを入れて使うようになって、Alfredの有り難さがなんとなく理解できるような気がしてきました。画面の狭いノートPCではアプリの切り替えが頻繁に必要で、トラックパッドではメニュー操作が容易とは言いづらいので、できるだけ少ないストローク数のキーボード操作で多くのことを済ませたいという気持ちになる、ということに気づいたのです。もちろん16インチ以上の大きな画面を持つノートPCや、マウスを接続して使っている場合には当てはまらないかもしれませんし、そもそもデスクトップPCしか使わないけれどAlfredを愛用しているという人もいるでしょうから、すべてが分かったというわけではありません。

それはともかく、私も使ってみようかと思ったわけですが、私が使いたいのはUbuntuでということになります。Alfred自体はMac用のアプリですが、当然代替というか模倣というか、同じようなものがあるに違いない、と探してみるとすぐに見つかったのが名前も模倣っぽいAlbertというものでした。Installingの説明のとおりにインストールして使ってみることにしましたが、とりあえず使用する機能としてはアプリケーション、ファイル、システム、ターミナル、ウェブサーチを選択し、私はショートカットキーをAlt+Spaceに設定しました。そして設定したショートカットキーを押すと入力窓が開き、起動したいコマンドなどをタイプしていくと1文字ごとに候補が絞られていき、候補の中から選択するか、一番上にある場合はReturnを入力するとそのコマンドが即座に起動できます。これは思っていた以上に便利で快適です。

となると自宅で使っているMacでもAlfred的なものを使ってみようかという気になりますが、たまたまそう思った日にRaycastという代替アプリの存在を知ったため、新しもの好きの私はまだベータテスト中というこちらの方を使ってみることにしました。Alfredよりもスクリプトによる拡張の自由度が高いというのが特徴のようですが、今のところ基本機能のみで使っており、その本当の便利さというものは分かっていないと思います。そもそも、私はMacでは日常的に使うアプリはほとんど起動しっぱなしにしているので、あまりランチャーの出番というものが多くないのかもしれません。実のところ、このRaycastのありがたみを一番感じているのがsleepとshutdownで、それを簡単なキー操作のみで実行できてしまうのがとても楽で良いと思っています。これと同じような感覚で他のこともできるのであれば便利だろうな、という感じで何ができるか、何をやりたいと思うかを待っているような状況です。

カテゴリー
software

Joplin

これは捗ります。
📝

最近一連の記事にしてきたMacBook Air復活の試みは一体なんのためだったのかというと、私はずっとカフェなど外出先でこのブログの記事を書くための道具が欲しいと思っていて、新しいPCは欲しいけれど文章を書くだけなら必ずしも性能の高いものは必要ないということで購入を躊躇していた、ということが背景にあります。したがって、このMacBookに一番必要なものは文章を入力し、自宅のMacとその文章を同期することができるテキストエディターということになります。

私はしばらく前からブログ記事の編集にはMarsEditというMacアプリを使ってきました。このアプリの一番の特徴は入力したテキストをリアルタイムに自分のブログのテーマを反映した状態でプレビューできるというライブプレビューの機能になるのかと思いますが、実は私の導入の決め手になったのはそこではありません。購入当初のバージョン3時点では記事のドラフトを保存するフォルダーや設定ファイルをDropBoxに置くことができたので、それを利用すると複数のMacでドラフトや設定を簡単に同期できたのでした。これは非常に便利で、私はMac miniとMacBook Proで同期して自宅でも出先でもシームレスに編集することができていたのですが、残念ながらバージョン4にアップグレードするとOSのセキュリティ上の制約でサンドボックス化されてしまったようで、こういった使い方はできなくなってしまったのでした。

その事実は4000円程度支払ってアップグレードした後で知ったので、がっかりしながらも惰性でつい最近まで使い続けていたのですが、このMars Edit自体はMac専用のアプリなのでLinuxで使うことはできません。したがってUbuntuを入れたMacBookでブログを書くためにはなにか別のものを探す必要があります。もちろんVS CodeやEmacsで入力してDropBoxなどで同期するということでもいいのですが、他にもなにか便利なものがあるのではないかと調べてみました。条件となるのは

  • クラウド上でテキストを同期できること
  • MacとLinuxで動作すること(できればiOSでも)
  • Markdownが使えること
  • できれば無償で使えること

といったあたりで、それほど厳しいものではありません。この条件で見つけたのが今もこの記事の入力に使用しているJoplinというオープンソースのアプリになります。

このJoplinはブログ用というものではなく、ノートとTo Doのためのものということですが、入力したテキストをコピー&ペーストする必要はありますが、もちろんブログ執筆にもまったく問題なく使うことができます。MarkDown形式での入力支援とリアルタイムプレビューが大きな特徴で、Windows/Mac/iOS/Androidのマルチプラットフォームで動作し、さらにDropBoxのほかOneDriveWebDAVAWS S3での同期までサポートしているということで、私の上げた条件にはぴったりマッチしています。私はOneDriveで同期することにしましたが、OneDriveにはJoplinアプリが直接アクセスするため、Linuxには用意されていないドライブ同期用のクライアントアプリなどは必要ありませんし、テキストの同期程度であれば5GBまでの無償アカウントでもまったく問題ないでしょう。

ということで、WordPressでもJetpackの設定一つでMarkDownが使えることがわかったので、これを機にブログの入力もMarkDownを使うことにしてみました。MarkDown自体は最近仕事でも多用しているので、これによってさらに捗るような気がします。HTMLというのはあくまで機械のためのものであって、人が書くにはちょっと冗長でわかりにくいですからね。

カテゴリー
software

新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA

みんなが使わないと意味がありません。
🚑

以前、AppleとGoogleがCOVID-19の濃厚接触の可能性を追跡するための技術で協力しているというニュースがあり、その後5月にExposure NotificationというAPIがiOSでは13.5に、Androidでは6.0で利用できるGoogle Play Servicesとしてリリースされました。

この状態ではそのままユーザーが利用できるわけではなく、このAPIを利用したアプリケーションが必要だったのですが、このAPI自体もやたらなアプリがアクセスすると害悪となるので、各国の政府機関に準ずる組織で開発したものでないと承認されないようになっていました。いくつかの国ではすでに公開されていたのですが、昨日日本の厚生労働省が公開したのが「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」というものです。

公開当初は厚労省のページからアプリへのリンクが掲載されておらず、AppStoreでの検索でもうまく見つけられないという問題があったのですが、夜になってGoogle PlayApp Storeへのリンクが追加されてインストールできるようになっています。私は厚生労働省が公開している他のアプリを探して、そこから同じ開発者のアプリを検索するという形でなんとかCOCOAを見つけ出してインストールしていましたが、これは確かに一般の方にはなかなか高いハードルではなかったかと思います。

アプリの設定自体は至って簡単で、利用規約への同意と、Bluetoothとログの記録・通知機能の利用確認があるだけです。しかし、ここでBluetoothなどの利用を拒否してしまうと二度と許可できない袋小路に入ってしまうという、仕様上の欠陥があるようなので要注意です。

一旦設定が終わってしまえばあとは自分が感染していないかを確認したい時に「陽性者との接触を確認する(14日間)」というボタンを押すだけです。感染者の情報は1日に1回更新され、その情報と自分の接触者とを照合して一致すれば通知が表示され、接触が確認されない場合にはその旨表示されるということです。ボタンは何度でも押せると思いますが、元のデータは1日1回しか更新されないようなのでその意味はないでしょう。

接触者追跡の仕様は公開されているので誰でも詳細を確認できるのですが、仕組みとしてはBluetoothの機能でスマートフォン同士でIDを交換し合い、概ね1m以内の距離で15分以上検出したIDを記録し、利用者の感染が確認された場合にその利用者のIDを共有し、そのIDが自分のスマートフォンに記録されていれば接触していたと見なされて通知されるというものです。この仕様のキモは個人のIDや位置情報をサーバーに記録するものではなく、またIDも毎日変更されるのでそのIDを使用した追跡もできないということで、Appleらしく個人情報保護に万全の配慮がなされたものになっています。

しかしテレビを見ていると「個人情報が不安だから利用しない」という通行人の声をそのまま放送してそれを否定することもなかったり、Bluetoothをオンにし続けるとバッテリーの減りが心配などとも言っていたりで、不安を煽ってせっかくのこのアプリを使わせないようにしているとしか思えません。このアプリのような断続的なBluetoothの使用でのバッテリー消費なんていうものも誤差にもならないようなものです。どうしてテレビというのはこう無責任なのでしょうか。

また、実際には感染していないのに感染したとして登録する人がいるのではないかと疑う人もいましたが、そんな事ができるとシステム全体が一発でゴミになってしまいますから、さすがに対策されているでしょう。具体的には検査機関側が登録した検査結果IDと一致しなければ登録できないようです。AppleとGoogleという世界トップクラスの頭脳集団が結集して作られているわけですから、そんな簡単な穴があるわけがないでしょう…というのはナイーブすぎるでしょうか。

ということで、1人でも多くの人が利用することが重要なアプリですので、自分の身を守るためにも積極的に広めていきましょう。まあ最初の1か月は「試行版(プレビュー版)」ということらしく、アプリ自体の動作に不安定なところなどはあるかもしれませんが、根幹となるIDの記録はOSレベルで行われているので、そのあたりは大目に見てあげてください。