「app」タグアーカイブ

新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA

みんなが使わないと意味がありません。
🚑

以前、AppleとGoogleがCOVID-19の濃厚接触の可能性を追跡するための技術で協力しているというニュースがあり、その後5月にExposure NotificationというAPIがiOSでは13.5に、Androidでは6.0で利用できるGoogle Play Servicesとしてリリースされました。

この状態ではそのままユーザーが利用できるわけではなく、このAPIを利用したアプリケーションが必要だったのですが、このAPI自体もやたらなアプリがアクセスすると害悪となるので、各国の政府機関に準ずる組織で開発したものでないと承認されないようになっていました。いくつかの国ではすでに公開されていたのですが、昨日日本の厚生労働省が公開したのが「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」というものです。

公開当初は厚労省のページからアプリへのリンクが掲載されておらず、AppStoreでの検索でもうまく見つけられないという問題があったのですが、夜になってGoogle PlayApp Storeへのリンクが追加されてインストールできるようになっています。私は厚生労働省が公開している他のアプリを探して、そこから同じ開発者のアプリを検索するという形でなんとかCOCOAを見つけ出してインストールしていましたが、これは確かに一般の方にはなかなか高いハードルではなかったかと思います。

アプリの設定自体は至って簡単で、利用規約への同意と、Bluetoothとログの記録・通知機能の利用確認があるだけです。しかし、ここでBluetoothなどの利用を拒否してしまうと二度と許可できない袋小路に入ってしまうという、仕様上の欠陥があるようなので要注意です。

一旦設定が終わってしまえばあとは自分が感染していないかを確認したい時に「陽性者との接触を確認する(14日間)」というボタンを押すだけです。感染者の情報は1日に1回更新され、その情報と自分の接触者とを照合して一致すれば通知が表示され、接触が確認されない場合にはその旨表示されるということです。ボタンは何度でも押せると思いますが、元のデータは1日1回しか更新されないようなのでその意味はないでしょう。

接触者追跡の仕様は公開されているので誰でも詳細を確認できるのですが、仕組みとしてはBluetoothの機能でスマートフォン同士でIDを交換し合い、概ね1m以内の距離で15分以上検出したIDを記録し、利用者の感染が確認された場合にその利用者のIDを共有し、そのIDが自分のスマートフォンに記録されていれば接触していたと見なされて通知されるというものです。この仕様のキモは個人のIDや位置情報をサーバーに記録するものではなく、またIDも毎日変更されるのでそのIDを使用した追跡もできないということで、Appleらしく個人情報保護に万全の配慮がなされたものになっています。

しかしテレビを見ていると「個人情報が不安だから利用しない」という通行人の声をそのまま放送してそれを否定することもなかったり、Bluetoothをオンにし続けるとバッテリーの減りが心配などとも言っていたりで、不安を煽ってせっかくのこのアプリを使わせないようにしているとしか思えません。このアプリのような断続的なBluetoothの使用でのバッテリー消費なんていうものも誤差にもならないようなものです。どうしてテレビというのはこう無責任なのでしょうか。

また、実際には感染していないのに感染したとして登録する人がいるのではないかと疑う人もいましたが、そんな事ができるとシステム全体が一発でゴミになってしまいますから、さすがに対策されているでしょう。具体的には検査機関側が登録した検査結果IDと一致しなければ登録できないようです。AppleとGoogleという世界トップクラスの頭脳集団が結集して作られているわけですから、そんな簡単な穴があるわけがないでしょう…というのはナイーブすぎるでしょうか。

ということで、1人でも多くの人が利用することが重要なアプリですので、自分の身を守るためにも積極的に広めていきましょう。まあ最初の1か月は「試行版(プレビュー版)」ということらしく、アプリ自体の動作に不安定なところなどはあるかもしれませんが、根幹となるIDの記録はOSレベルで行われているので、そのあたりは大目に見てあげてください。

ハリー・ポッター 魔法同盟

歩きスマホは危険です。
🧙🏻‍♂️

ポケモンGo」は今でも大人気で、街角でスマートフォンの画面を覗き込みながら、あるいはタップしながら立ち止まっている中高年の姿をよく見かけます。私は以前使っていたiPhone 6 Plusではバッテリー消費の大きさに耐えられず、しばらくしてやめてしまっていたのですが、iPhone 8 Plusに買い換えてしばらく経った数ヶ月前に思い出して再度インストールしてみたところ、何とか1日充電せずに済むくらいには持つようになっていたのと、以前やっていた頃よりポケモンの数も大幅に増えていたりしたので再開していました。

この位置情報ゲームというジャンルには多数のゲームがあるのですが、やはりポケモンGoの一人勝ちというのが現在の状況です。しかし、2019年内には「ドラゴンクエストウォーク」というドラクエをテーマにしたゲームが公開されることが発表されていて現在公開βテスト中のようで非常に期待されているところです。

そんな中、先週突然「ハリー・ポッター 魔法同盟」という「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにしたゲームが、ポケモンGoやIngressと同じNianticから公開されました。最初の公開はアメリカやイギリスなど数カ国だけで、それから数日ずつずらしながら対応する国を増やしていったので日本は1週間ほど遅れたのですが、私は一足早くアメリカのストアからインストールして、公開を待っていました。

私は本を発売日に買う程度には原作のファンだったので、ハリー・ポッターの世界でゲームができるというのは期待していなかっただけに嬉しい事でした。ゲームの内容はポケモンGoにかなり近くて、自分の周りに出現する魔法の痕跡を魔法で解除したり、塔で魔法を使って戦ったりというように、ゲームの内容をハリー・ポッターの世界に置き換えたものになっています。追加の要素として「職業」や自分が成長する「レッスン」というようなものがあり、ゲームとしてもちょっと進化したものになっているようです。さらに、ストーリー性も高くなっているようですが、私はちょっとめんどくさくて台詞をほとんど読んでいないので、ちょっともったいないことをしているかもしれません。

まだ始まって数日というところなので、これが長続きするかどうかわかりませんが、とりあえず現在レベル12まで上がっているところです。ポケモンGoと同様にレベルが上がるに連れて次のレベルまでが遠くなるのだと思いますが、飽きずに続くものでしょうか。ポケモンや年末登場予定のドラクエとの競合もどうなるのか、ファン層は違うと思うので、それぞれが好きなものを楽しむということになればそれで良いのかもしれませんが、それならば私はスター・ウォーズのものが欲しいですね。どこかが、というよりNianticが作ってくれないものでしょうか。

Pokémon GO

Pokémon GOポケモンはよく知らないのですが。

今日から3日前、7月22日の日本でのリリース直後から爆発的なブームとなっているPokémon GOですが、「車運転中にポケモンGO」というようなニュースもあり社会現象から早くも社会問題へとなりつつあるのではないでしょうか。これは日本より先に公開されている欧米でも同じように問題になっていることですが、ほかにも私有地に無断で踏み入る人がいたり、ポケモンでおびき出して強盗する輩がいたりするようで、日本でのリリース前から内閣サイバーセキュリティセンターが「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」(PDF) という注意喚起が行われています。ちなみにこのタイトルは子供向けっぽいものですが、Pokémon Goの対象年齢は13歳以上となっていますし、本文には振り仮名もなく内容的には中高生を対象にしたもののようです。
Pokémon GO
このPokémon GOはGoogleからスピンアウトした、Ingressの開発元であるNiantic Labsと、株式会社ポケモンとの共同開発ということになっています。Niantic LabsのAR (拡張現実)技術を応用したもので、Ingressと同様にGPSによる実際の位置情報や地図と連動し、目の前に本当にポケモンが登場するように見せているところが新しく、受けているところでしょう。

現実世界を歩きまわってポケモンを捕まえて、集めて育てたポケモンを使ってジムでバトルをする、というのがこのゲームの内容となります。バトルに勝つとジムは自分のチームのものになりますが、今のところIngressのような陣取りゲームの要素はないようで、あくまでポケモンを集めて育てるという部分が主要なものとなっているのでしょう。

私は日本でのサービスが始まる前にアメリカのiTunes Storeアカウントでインストールしていたのですが、日本でのリリースはだいぶ遅れそうだという話もあったので一旦アンインストールしてしまっていました。その後予想していたよりは早く日本にも展開されましたが、あとから流行に乗るのが嫌いなので醒めた目で見ていて、


なんてことを言っていたのですが、この時には一回アンインストールした後でした。しかし、出張から帰ってきてみると自宅マンション隣の公園にアイテムを入手できるポケストップがあり、家の中からでもアクセスできるというので、とりあえず批判するのは触ってみてからにしよう、と再度インストールしてみました。なお、今日は家で休養していたのですが、そのポケストップのおかげで家から一歩も出ること無く、というどころか自分の机を離れることなくレベル6にまで到達してしまいました。しかし、果たしてそれは楽しいのかと聞かれるとさあどうでしょうか。

このゲームはIngressのようにバッテーリーを著しく消費するので、長時間楽しむためにはモバイルバッテリーが必要と言われています。また、入手した卵を孵すためには卵によって2km、5km、10kmの距離を歩かないといけないのですが、歩くスピードでないといけないというのでアメリカ人も歩くようになった、などという話もありました。私は片道2.5kmの通勤を利用して孵してみようかと思っていますが、さすがにオジサンが歩きながらゲームをしていてはカッコも悪いので、途中でポケモンを見つけたりしても捕まえたりはしないつもりです。

しかしこれだけ勢い良く広まると飽きられるのも早いのではないかと要らぬ心配をしてしまいますが、どの程度続くでしょうか。今はアプリとしては少々荒削りな感じなので、この人気で開発が加速されることを期待します。また、歩きスマホもそうですが、車や自転車の運転中の使用は絶対にやめましょう。今後なにか大きな問題が起きてしまわないことを祈りたいものです。