「japan」タグアーカイブ

直島へ

再びアート。直島 赤かぼちゃ(南瓜)

例年私は家族の誕生日と結婚記念日には休暇をとって、大抵は妻と二人でランチを楽しむことにしているのですが、今年は次男も高校生になって構う必要がなくなったということもあり、ちょっと長めに時間をとって足を伸ばしてみようということになりました。そこで、以前妻が行ってみたいと言っていた岡山沖にある、香川県に属する直島へと行ってみることにしました。直島へは宇野港から四国汽船フェリーで20分、旅客船で15分という近さになります。このフェリーと旅客船の乗船券は共通ですが、時刻により使い分けられていて乗船場所が異なるので、時間に余裕が無いときは注意してください。

さて、直島に何があるのかというのは今さら説明するまでもないと思いますが、ベネッセアートサイト直島としてベネッセが運営するアートの施設が島内に点在し、島全体がアートで盛り上げられているような感じです。今年の正月に訪れた犬島と同じプロジェクトの、その本拠地とも言えます。島自体が犬島よりもだいぶ大きく、高低差もあるので歩いて回るのは大変なので、今回は港のすぐ近くで電動アシスト付きのレンタサイクルを1日1000円で借りましたが、これは大正解だったと思います。バスで回ることもできますが、時間に縛られることなく、電動アシストで坂もグイグイ登れるのでほとんど疲れることもありませんでした。

あいすなおセット
まず最初はANDO MUSEUMへと行ってみました。入り口が周囲の民家にあまりに溶け込んでいて、私達は1回通り過ぎてしまいましたが、なんとか中へ入ってみるとこの建物自体が木造民家の中に打放しコンクリートの構造という安藤忠雄の作品で、その中に他の安藤作品のいくつかを紹介する展示があるというものでした。住宅として使えるような空間にはなっておらず、全く実用的ではありませんが、その空間の遊びを楽しむということになるでしょうか。内部の展示はそのおまけでしかないと思います。

昼食はこのすぐそばの玄米心食 あいすなおというごはん屋さんで摂りました。こちらの売りは玄米を小豆と一緒に圧力釜で炊き上げ、それを3〜4日保温して寝かせているという玄米ご飯で、まるでもち米の赤飯のように本当にモチモチで美味しいです。私達は「あいすなおセット」という看板メニューを選びましたが、このごはんが完全に主役で、ごはんだけで美味しく食べることができます。おかずも豆腐と野菜のみの優しいビーガン対応のものですが、郷土料理の「呉汁」という味噌汁も非常に美味しく、魚や肉がないからといって物足りないということは一切なく、私はかなり満足しました。

直島 黄かぼちゃ(南瓜)
食事の後はまた自転車をひとこぎして島の南西方向へと向かい、黄色い「南瓜」ベネッセハウスショップを見てからシャトルバスに乗って地中美術館へと向かいました。建物の大半が地中に埋まっていて見えないようになっていることからその名がつけられていますが、この建物自体も安藤忠雄によるもので、作品の一つとなっています。そしてその内部にはClaude MonetJames TurrellWalter De Mariaの3名の作品だけが展示されているのですが、建物はこれらの作品に合わせて専用に設計されたものとなっており、建物と一体になって恒久的に設置されたものとなっています。

それだけに作品の演出は最高のものとなっており、有名なMonetの「睡蓮」が展示される部屋に足を踏み入れたときには文字通り息を呑みました。自然光のみで照らされているというその空間は圧倒的です。Turrellの「オープン・フィールド Open Field」という作品は得も言われぬ感覚を楽しむことができますし、「オープン・スカイ Open Sky」では実際以上の空間の広がりを感じることができます。ここでは「オープンスカイ・ナイトプログラム」という日没前後の光線の変化を楽しむことができるというものがとても良いそうなのでいつか行ってみたいものですが、その場合は島内での宿泊が必要となりますね。De Mariaの作品はヨーロッパの教会にも通じる荘厳さがあり、ある種の宗教的な感覚を感じてしまいました。

このあとは来た道を逆にたどって宮浦港の方へと戻り、「I♥湯」の前を通ってアカイトコーヒーで一休みしてから自転車を返し、フェリー乗り場でお土産を買って帰りました。振り返ってみるとこの日は普通の木曜日だったせいかどの施設でも人が少なく、行きの旅客船に乗ったときにもあまりに乗客が少なくて不安だったくらいなのですが、ゆっくりと楽しむことができたのがとても良かったです。また、そのせいなのか日本でのブームが去ったからなのか外国人の比率が高くなっていて、感覚的には観光客の半分以上が中国や欧米からの外国人でしたが、受け入れ体制は問題ないのかちょっと気になってしまいました。最近は京都などの定番観光地以外も世界に知られるようになって賑わっているのは良いことですが、ここに限らず外国人の間でがっかりスポットになっていないかも心配です。

金沢・あわら温泉旅行

写真が全部食べ物になってしまいましたが…山さん 海鮮丼

6月は休日のない月として子供の頃から認識してきましたが、私の勤務先では今年はなぜか11日月曜日が休日となっていて、3連休となっていました。「なぜか」とは言いましたがもちろんちゃんと理由はあって労働基準法の関係らしく、もともと6月には祝日がないことで稼働日が多くなってしまうというのが原因になっているようですが、まあそんなことはどうでも良いことで、世間が普通の平日のときに休みであるというのは行楽地などの混雑が避けられるのでとても嬉しいことです。しかしながら、妻子はそれぞれ仕事や学校が平常通りにあるので、私は一人で日曜日から1泊のドライブ旅行に行かせてもらうことにしました。
谷口屋 油あげ御膳

ちょうど台風5号が接近していたので直前まで本当に出かけるかどうか迷っていたのですが、台風は太平洋上を東へ進みそうだったので日本海側なら酷いことにはならないだろうと思い、前日にあわら温泉のホテル八木を予約しました。ちょうど楽天トラベルのタイムセールで朝食込み6000円というプランがあり、通常の半額近くにまでなっていたのでお得感で選んでみたのでした。ちなみに私はどうも楽天のいろいろなところが好きになれないのですが、楽天トラベルは楽天に買収される前の旅の窓口の頃から愛用しているので特別です。
サニーベルコーヒー カフェラテ

さて、宿泊地が決まったので当日は自宅を早朝に出発し、まずは以前から行きたかった油揚げのお店、谷口屋で昼食を食べるべくひた走りました。私は到着時刻が予想できなかったので使いませんでしたが、行列のできる店のようなのでオンライン予約を使える人は使った方が良いでしょう。私は運良く10分ほどで席につくことができ、看板メニューの「油あげ御膳」をいただきました。20cm角ほどもある大きな油揚げは縁の部分がカリッと揚がっていて、とても食べ応えがありましたが、他にも魅力的なメニューがいくつかありますので、ぜひまた行ってみたいと思います。
ホテル八木 朝食ビュッフェ

次はまたさらに北上し、北陸第一の都市、石川県の金沢へと進みました。金沢といえば日本三名園の一つ兼六園ですが、ここも一周してみたものの高校の修学旅行を入れれば3度目なのでそれほどの感動はありません。私の一番の目的はその隣りにある金沢21世紀美術館ですが、これは長くなるので別記事にします。
カフェマーレ 炭焼きコーヒー

このあとは金沢駅の近くのコーヒーショップ、サニーベルコーヒーで美味しいカフェラテをいただき、金沢駅の鼓門を見て、RETRIPで見た山さんで海鮮丼をいただきました。とても見栄えが良く、まさしく「インスタばえ」のする一品でしたが、寿司屋なので当然ですが寿司飯が使われており、正確にはちらし寿司ではないでしょうか。もちろん美味しかったのですが、期待が大きすぎたのか3000円という価格に見合うほどには感じられず残念でした。もう少し刺し身に厚みがあれば印象もだいぶ違ったような気がしますが、こんなものでしょうか。
日本海さかな街 焼き鯖

その後は宿で温泉でも浸かってのんびりしよう、と思っていたのですが、途中で入ったスターバックスから福井に住む学生時代からの友人にメッセージを入れてみたところ、宿まで会いに来てくれることになり、とりあえずチェックインだけ済ませてすぐにファミレスへ行って昔話に花を咲かせることになりました。このあと結局宿に送ってもらったときには夜11時になっており、温泉だけ入ってすぐに寝てしまいました。しかしなぜかすぐに目が覚めてしまってその後寝付けず、露天風呂に入れるようになる朝6時まで悶々としたあとすぐに温泉へ行き、さっぱりしたあとでモーニングビュッフェを楽しみました。このビュッフェは特に和のおかずが充実していて、さらに越前そばもあって朝からお腹いっぱいになってしまいました。

寝不足だったため、2日目もさっさと出発してなるべく早く家に帰ろう、ということで東尋坊のあたりうろうろしてから日本海沿いに南下し、カフェマーレで海を眺めながらコーヒーを飲んでまず一服、その後さらに敦賀まで南下しました。敦賀では日本海さかな街で海鮮丼を食べ直し、家への土産に焼き鯖だけを買うつもりが、天候のせいもあってガラガラだったために他の店で干物なども買わされてしまいましたが、まあいいでしょう。このあとは夕食に間に合う程度の時間に無事に家にたどり着き、一人ドライブ旅行を堪能しました。敦賀の焼き鯖はとても美味しいので我が家では大人気で、お土産としては間違いありません。

「マナー」

本来は各個人が判断すべきことではないでしょうか。

以前から日本で「マナー」というものが履き違えられているような風潮が私は非常に気に入りませんでした。電車の中で携帯電話で話をしてはいけない、エスカレーターで歩かない人は地方によって右側か左側かに寄る、「飛行機の短い昼間のフライトではリクライニングシートを倒してはいけない」なんていうものもあるそうです。これらはどれも最近生まれたものであることは間違いありませんが、一体いつ誰が決めたのでしょうか。

もともと「マナー」という言葉は「行儀・作法」を指す言葉で、テーブルマナーや各種のしきたりのようなものを表していたのではないでしょうか。しかし、上で例に上げたものはどれも意味合いが異なるように思います。電車内での携帯電話については、本当は乗客同士が直接喋るよりうるさいということはないはずなのに、傍で聞いていると話の内容がわからないためにイライラする、というのが問題のはずで、要するに立ち聞きしなければ迷惑でもなんでもないはずなのです。また、エスカレーターについては、メーカーがやめてくれと言っているにも関わらず片側しか使わないことで、無駄に行列が伸びているのが本当にバカバカしいと思います。リクライニングの件は「短い」の判断基準が不明なのと、昼間でも疲れて眠いということはあるはずで、そもそも飛行機の背もたれなんてほんのわずかしか傾かないはずなのでくだらないことに思えてしまいます。

だいたいマナーというのは相手を気遣って自然に振る舞えることであるはずで、それをルールやマニュアルにしてしまい、誰かが決めた「マナー」に従うことが正しくて従わない人は悪い、と決めつけてしまうようなものは本来のマナーとは違うでしょう。電車の中では迷惑にならないように小声で通話すれば良いでしょうし、エスカレーターは立ち止まって乗るものなので混んでいる時に急ぐなら階段を駆け上がるべき、リクライニングシートは後ろに座っている人に迷惑になりそうなら一声かける、というように互いに気遣えば良いことです。

なぜ突然こんな話をするのかといえば、エキレビに「『了解/承知』どっちが正しいとか愚問だからもうやめませんか」という記事が掲載されているのを目にしたためです。私もちょっと前に「『了解』を目上の人に使うのは失礼」ということを聞いて気にしてはいたのですが、これが真っ赤なウソ、デマであったというのです。経緯については「『了解しました』より『承知しました』が適切とされる理由と、その普及過程について」という2016年の別のブログ記事で詳しく述べられているのですが、メール作法などの本を書いているライターの神垣あゆみという人が「『了解しました』よりも『承知しました』の方が『感じが良い』から」という個人的な感情に基づく、とんでもない勝手な理由で自身の著書でマナーとして紹介したというのです。

これは本当にひどいことではないでしょうか。本来失礼でもなんでもなく、受け取った人もこの「マナー」を知らなければなんの違和感も持たなかったはずなのに、これのせいで不愉快に感じてしまうということもあるでしょう。またこの間違った「マナー」について「この差って何ですか?」というテレビ番組で紹介したそうで、その理由について次のように説明しています。

「了=終わらせる」、「解=理解するとなり」、「了解しました」には話を理解して終わらせるという意味がある。終わらせる権限があるのは「目上の人」だから、「了解しました」は「目上の人」が「目下の人」に使う言葉。「承」は、「承る=聞くの謙譲語」で、自分を下げる言葉であるため、「目下の人」が「目上の人」に使うのが正しい。

こんなひどい話があるでしょうか。エキレビにも書かれているとおりですが、ある漢字に複数の意味があることは小学校で教わることですし、日本語の熟語というのはそれぞれの漢字に分解するだけで説明できるような単純なものではありません。「了」という字が終了の了だからといって「終わらせる」だなんて、子供でもしないようななんと子供っぽい理屈でしょうか。

エキレビでは他にも問題点が述べられていますが、そのどれもがまったくもっともな話で、私は完全に同意します。マナーというのは人に押し付けるものではありませんし、それに縛られて窮屈な思いをすべきものでもないでしょう。