Archives

GUとH&M

この町で薄利多売が続くかどうか。

ちょうど今から1年前のゴールデンウィークに、私の地元駅ビル内にGUがオープンしました。GUといえばユニクロを運営するファーストリテイリングの廉価ブランドですが、そもそも「高品質なのに低価格」を売りにしているはずのユニクロよりも安い、ということは品質が犠牲になるのは避けられないだろうというのが自然な発想でしょう。そのため、これまで私は何度か店を覗いてみることはあったものの、実際に何かを買ってみるということがありませんでした。

しかしつい先日、GUで売り始めたスター・ウォーズコラボTシャツに良さそうなものがいくつもあるというのを知ったので、790円のTシャツなら何回か着てすぐヨレヨレになったとしても諦めが付くだろう、と買いに行ってみました。店頭で触れてみた感じでもユニクロのものより生地が薄いのはわかりましたが、縫製が雑というようなことはありませんでしたし、とにかく大事なのはスター・ウォーズのプリントです。ユニクロのスター・ウォーズコラボTシャツは、アメリカにいる間に着ていて見知らぬ人に褒められることが何度もあったので、まったく侮れません。ちなみにコラボTシャツはすぐに着てしまうのではなく、何年か寝かせてみんなが忘れた頃に着るという「熟成」がポイントです。

それはそれとして、問題はこの時レジに行く途中でつい手に取ってしまったビッグポロなるものです。クーポンを使うと990になるというだけで購入してしまい、店頭でろくに確認せずに買ったのが悪いのですが、そもそも黒無地のポロシャツなんてどれでも同じだと思っていたのが大間違いでした。よくよく考えると胸ポケットが付いている時点でダサいのですが、不思議な事に着てみた瞬間から「オジサンっぽい」のが鏡を見なくてもわかりました。もちろん、私は年齢的にはオジサンですが、それとは別の話です。妻も洗濯したものを畳んでいるだけでももう着てほしくないと思ったそうで、先程は一体どこからこのダサさが漂ってくるのか夫婦で議論してしまいました。微妙なバランスの違いでこうも印象が違うものか、と服飾デザイナーの仕事の難しさを再認識した一軒です。

ところで、今年の3月には同じ駅ビルの中にH&Mまでできてしまいました。H&Mといえば2008年に銀座に進出してきたスウェーデンの廉価ファッションブランドですが、こんな地方都市にまで進出してくるとは思ってもいませんでした。良く言えばベーシックで飽きのこない、悪く言えば地味で没個性なデザインのユニクロに対し、有名デザイナーを起用したりしていますし、そもそも海外のものなので日本では新鮮さがあります。アメリカではどこのショッピングモールにも入っているような感じであちこちにありましたが、アメリカで見ると良さがわからず店内に立ち入ることすら一度もなかったと思います。

やはりオープン当初は行列ができたそうなのですが、ゴールデンウィーク中とはいえそろそろ落ち着いているだろうと思って行ってみました。そこで購入したのがヤシの木柄のポロシャツとデザインTシャツの2点、合計2798円でした。本当は他にもっといい柄のTシャツがあったですが、店頭にはサイズが小さいものしかなくて残念でした。値段が値段なのでそんなにオシャレというものではありませんが、さすがに上記GUのビッグポロのようなことはないでしょうから、普段着には十分ではないでしょうか。私にはそれを着て電車に乗れるかどうかという一つのボーダーラインがあるのですが、とりあえずそのラインはクリアできると思います。件のビッグポロはそれ以前の問題なので、申し訳ありませんが恐らくこれ以上着ずに車磨き用にでもなるのではないでしょうか。まあそれにしても、安いですよね。もともと衣類は原価率が低いので、それを下げても回転が良ければ儲かるのでしょうか。

ちなみにH&Mのレシート、どちらも「ファンシージャージー」となっているのですが、これは一体何なのでしょうか。「ファンシージャージー」で検索するとH&Mがたくさん出てくるのですが、そうでないものもあって、それもどう見てもジャージではないのに「ファンシージャージー」と明記してあって…ファッション業界の専門用語なのでしょうか。ちょっと検索してもわからないのでとても気になりますが、それほど気にしている人もいないようなのが非常に不気味です。

UNIQLO STETECO

これも先人の知恵?

みなさんは自宅で寝るとき、どのような服装をしているでしょうか。子供の頃は大抵パジャマを着ていたのではないかと思いますが、大人になるとジャージであったり、Tシャツ短パンであったりということが多く、寝間着として作られたものを着ることは最近減っているのではないかと思います。私の場合は、真冬はフリースの室内着上下、ちょっと暖かくなるとその上半身だけTシャツ、暑くなってくるとさらに下半身を短パンにする、というのが最近のスタイルでした。

しかし特に暑がりで汗っかきな私は、じっとりと汗をかくほどにも暑くなってくると自分の内股どうしが直に接するのもベタベタして嫌なのでどうにかならないものかと思っていました。昔ながらの綿のパジャマの長ズボンというのが実は涼しくていいのではないかとも思ったのですが、やはり最近は流行らないのかどうもしっくり来るデザインのものが見つかりませんし、結構な値段なので気に入ったものでないと買う気になれずにいました。

そんな折、次男の服を買いにユニクロに行った時に目に入ったのがステテコでした。ステテコなんて昭和の中年オヤジのセンスのように感じてしまうのは先入観で、ひょっとしたら、実は快適なのかもしれない、これこそ自分が求めていたものなのかもしれない、と考えを改め、普通の短パンよりも安いということで試しに買ってみることにしました。柄もいろいろ揃っていて、それこそ昔ながらのステテコ然とした地味なチェック柄もあれば、「勝負ステテコ」かというような真っ赤なもの、ハワイアンっぽいものやディズニーコラボのミッキー柄など様々ですが、私はやはりスター・ウォーズだろう、ということで選んだのがMEN スター・ウォーズグラフィックステテコという、明るい青地に白でコミック調のイラストが散りばめられたものです。

風呂あがりに履いてみてまず感じたのは、予想していた以上に涼しく、とても快適であるということです。丈は膝上辺りまでありますが、ももには密着しないのでサラッとしており、暑苦しさは全く感じられません。足を組んだ時にも腿どうしが直に触れ合わないので、短パンの短いものよりもむしろ涼しいのではないかと思います。そしてもちろん、これを着て寝ている時にも思った通り実に快適です。

ということでこれは大変良いものを買ったと満足していますが、洗濯のタイミングを考えるともう1着持っていた方が良さそうです。すぐにでも買い足そうかと思いますが、今度もスター・ウォーズ柄ではあまりに芸がないので、なにか別のものにするでしょう。とすると、これだけ選択肢があると逆に迷ってしまいますね。ハーフ丈という短いものもあるようですが、それを試してみてもいいでしょうか。でもやっぱり丈の長さがこのステテコが良かったポイントですよね…

今冬の装備 - Beardo Cap / iTouch Gloves

人並み外れて暑がりの私にも寒い時はあるのです。

朝晩の気温が下がらないせいで木々も綺麗に紅葉せずに枯れてしまっているというこの秋ですが、つい先日まで半袖で通勤していたというのに今週に入って一気に気温が下がってしまい、冬が間近に迫っていることを感じる今日この頃です。こう冷え込むとさすがの私もフリースジャケットを着込んで通勤することになるのですが、今年は冬に向けて新たな装備を二つほど仕入れてみました。

まず一つ目はBeardoのNovember Bendable Mo Beardo Capなる帽子です。要するに毛糸の帽子なのですが、この製品の特徴はなんといっても頬髭を模した黒いパーツが頬の部分を覆うということです。遠目にはあたかもヒゲが生えているように見えてユーモラス、ということなのだと思いますが、私の場合はさらに自前のヒゲも生えているのでどうなのかな、と思いながらも面白かったので衝動買いしてしまったというものです。

届いた商品を見ると思っていたよりも網目が荒く、すぐにほつれてしまいそうな感じもするのがちょっと残念ではありましたが、やはりデザインで勝負ということなので仕方ないのでしょうか。これでもっと品質の高いものであれば満足度はさらに高かったでしょうが、まあこんなものかと無理やり納得しています。日本で売るつもりであればこのレベルでは勝負にならないのでしょうが。

しかし、実際に使ってみた感じは悪くありません。網目がゆるいおかげで柔らかい感じがありますし、髭の部分がデザインだけではなく保温の効果もあります。また、髭の部分は単純に口元を覆うだけでなく、口に当たる部分には穴が開いていて息が抜けるようになっているため、息苦しく感じたり吐いた息で湿ってしまうということもなく、よく考えられています。またデザインとしても私が選んだBeado Capにはつばが付いているのも特徴的で良いと思います。惜しまれるのはやはり品質ですね…

さてもうひとつはiTouch Glovesという手袋です。

iTouch Gloves アイタッチグローブ 2011-2012 ソリッドカラー
メーカー:iTouch Gloves– (-)ISBN/ASIN:B005Q8DVBG
Amazon.co.jp で詳細を見る

この手袋の特徴は何と言ってもiPhoneなどの静電容量式タッチパネルを手袋をしたまま操作できるということです。ウールの毛糸に導電性の繊維を織り込んだもので作られていることで可能になっているわけですが、この製品ではウールの割合を80%に高められているため通常のウールの手袋とほとんど変わらない手触りと暖かさになっているということです。

使ってみた感じでは確かにウール100%との違いはあまり良く分かりません。しかし、あまり厚手のものにしてしまうとタッチパネルの操作性が低下してしまうということがあるのか、防寒用の手袋としては最も薄い部類になるのではないでしょうか。この時期であれば問題ありませんが、厳寒期にはちょっと力不足ではないかと予想されます。また、手のひらの部分には雪の結晶をデザインした滑り止めも付いていますが、やはり取り落としてしまわないように気を使うのと、手袋をしているとタッチの精度が素手よりも落ちるので片手での操作は難しいかもしれません。

とはいえ、これまで寒さで指がかじかむ思いをしながら操作していたiPhoneが、以前より快適に操作できるようになったのは確かです。真冬の間は「どうしてこんな思いをしてまで操作しなければいけないのか」とはっとすることがありましたが、これからは心置きなく…ただ、歩きながらの操作は危険なので控えなければいけませんね。

ということで真冬に向けて準備万端というところなのですが、ふと気付いてみると身に付けているものがいつの間にかグレーだらけになってしまいました。背負っているバッグは鮮やかなオレンジなので昼間はいいのですが、夜中にはちょっと危険かもしれません。車にはねられてからでは遅いので、反射材なども身につけるようにすることも考えたいと思います。