「rocket」タグアーカイブ

2020年5月30日のアメリカ

同じ日に同じ国で。
🇺🇸

COVID-19の最大の感染国になってしまったアメリカですが、2020年5月30日は大きなニュースが2つありました。

今月25日にミネアポリス白人警察官Derek ChauvinがGeorge Floydという黒人男性を取り押さえる際に膝で首を長時間押さえつけていたことが原因で死亡するという事件がありましたが、これに対する抗議のデモから暴動に発展し、30日には各地に飛び火することになりました。

アメリカで白人警察官による黒人への人種差別的暴力行動も度々起こることなら、その都度このような暴動も繰り返されていますが、今回はCOVID-19とそれに対応するためのロックダウンなどで人々の鬱憤が蓄積していたこともあってか、かなり規模が大きくなっているようです。しかし一方で、店舗の前で暴動をなんとか鎮めようとする善意の人もいるようで、「アメリカ人」もひとくくりにできるわけではありません。

日本から見ているとアメリカの警官はどうしてこんなことを繰り返してしまうのか、またか、と思ってしまうかもしれませんが、アメリカの警察官は日本よりも命がけで必死なのです。日本でも職務によっては同じようなことはあるかもしれませんが、相手が銃を持っていても不思議ではありませんし、常に死と隣り合わせで仕事に取り組んでいます。警察に車を止められたらハンドルの上に両手を置いて待ち、急な動作はせず、何かを取るときには許可を得てから、というのは私のアメリカ駐在中に言われていたことですが、警察官側も一瞬の判断が命取りになるので躊躇せず発砲するわけです。そのような緊張感が行き過ぎることで今回のような事件に発展してしまうのだと思います。

[2020-06-01 追記]
なお、だからといって今回のChauvinの事件を正当化する意図はまったくなく、なぜこんな愚かな行動を取ってしまう者が続出するのか、そのわけを考えてみたまでです。おそらく相手が白人であったなら起こらなかった事件でしょうが、アメリカの人種差別の問題は深く難しいものなのでここでは述べていません。また、今回全米の多くの警察官の命をさらに危険に晒すことになったという点においても、罪深い一件だと思っています。
[追記ここまで]

ただ、こうした抗議行動が暴動と略奪につながってしまうのは私にも理解のできないことですが、日本以外の国ではそれほど不思議なことではないようで、逆に同調圧力がいい方向に効いて統制の取れた日本のほうが特殊なようだというのは3.11のときにも話題になりましたね。

一つ目のニュースが長くなってしまいましたが、もう一つはSpaceXCrew Dragonに乗ってNASAの2人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに向けて飛び立ったということです。打ち上げは3日前に計画されていたものが延期されていたものですが、今回は無事成功し、その様子はYouTubeで同時配信されましたが、日本では発射時刻が未明となってしまったため、私はちょっと遅れてリプレイで視聴しました。

NASAにとっては2011年のスペースシャトル退役以来の約9年ぶりとなる有人ロケットの打ち上げになりましたが、今回は民間企業による有人ロケットの打ち上げであるという点で歴史的なものとなりました。Dragonの打ち上げにかかる費用はスペースシャトルの3分の1程度にまで圧縮されているそうで、かなり効率化が進んでいるようです。

SpaceXのFalconロケットといえば、これまでは打ち上げそのものが見どころであったものに加えて、メインロケットとブースターロケットが帰ってきて垂直に着地する、というのも大きな見どころとなりました。今回はブースターロケットを使用していないためメインロケットのみの帰還となりましたが、これも無事に成功しています。なお、Of Cource I Still Love Youと名付けられたドローン船への着地時はいつも中継画像が途切れてしまうのですが、これはロケットが減速するための噴射で船が揺れ、中継用の衛星を捕捉できなくなってしまうのが原因であり、わずか数秒の中継のためには対策コストが見合わず、仕方がないことのようです。

このほか打ち上げの時に私が感じたのは、他のロケットの打ち上げのときよりすっと上がったな、ということです。実際にロケットの点火はリフトオフの直前でしたし、重量感があまり感じられないような気がしたのはロケット自体がスペースシャトルなどよりだいぶ軽量だからなのかもしれません。また、Crew Dragonの内外装がSFチックで未来的にクリーンな仕上げになっているのも印象的です。特にキャビンはスイッチと計器類で埋め尽くされていたスペースシャトルなどに対し、Crew Dragonではほぼ自動操縦であることもあって液晶タッチパネルが広がっているだけです。宇宙服やヘルメットもかなりスタイリッシュですし、空想していた未来が現実になったかのように感じられます。

ということで、奇しくもアメリカの明るい面と暗い面が同日に見られることになってしまったわけですが、これはどちらもアメリカの現実です。

First Man

光と陰は表裏一体。
👨🏻‍🚀

昨年10月から12月にかけては毎週のように観たい映画が公開されて嬉しいような困ったようなという感じだったのに、年末からは途端に観るべきものがなくなってしまっていたのですが、ようやく久しぶりに観たいものが目白押しとなってきました。2月に入ってようやく今年最初の映画となったのは、「ラ・ラ・ランド」で主演のRyan Goslingと監督のDamien Chazelleが再びタッグを組んだ、などという宣伝文句もありますが、その映画「ファースト・マン」です。

そのタイトルだけで十分察しはつきましたが、アポロ11号で月面に降りた最初の人類であるNeil Armstrongの伝記的作品で、彼が宇宙計画に加わるところからアポロ11号で地球に帰還するところまでを描いたものとなっています。しかし、ともすれば華々しくヒーローを描いたものになりがちなテーマですが、Armstrongその人が抱えた苦悩を描き出した重厚な作品となっています。

Armstrong役はRyan Goslingですが、この人はなんだか物悲しい表情をしますよね。本作では様々な悩みを抱える役柄なので、彼にピッタリの役かもしれません。そしてArmstrongの最初の妻Janet役はClaire Foyなのですが、この人がArmstrongを見つめるときの目の大きさは映像を加工しているのではないかと思えるほどで、非常に印象的でした。なお、字幕は元宇宙飛行士の毛利衛氏が監修されているということで専門用語のおかしな訳もなくて良かったのではないかと思います。こういった作品では誤訳一つが致命的な結果になってしまうこともありえますので、重要なところです。

ちなみに私は1978年に東京・有明13号地、今のお台場で開催された宇宙科学博覧会(宇宙博)に連れて行かれて感銘を受け、それ以来当時の宇宙開発には特別な思いを感じています。考えても見ればまだコンピューターも満足に発達していないのに、軌道計算も電卓どころか筆算でやっていたような時代に相当無茶な話です。しかしそれを成し遂げ、1回ならず6回までも月面に足跡を残したというのは恐ろしいくらいのことです。この計画自体は冷戦の産物であり、多分に軍事・政治目的のものでありましたが、科学技術の進歩に果たした役割も大きなものがあるはずです。現在のNASAは当時と比べるとだいぶ勢いが無くなってしまっているように見えますが、Kennedy Space CenterJohnson Space Centerには毎日多くの観光客が往時の栄光を求めてやってきています。今は月面着陸はコストに見合う成果が得られないと考えられていると思いますが、次に盛り上がるのは火星でしょうか。

また、幸運なことに私は2008年にArmstrongの講演を聞いたことがあり、比較的近くで肉眼で見たことがあるのですが、これはなかなか貴重な経験ではないでしょうか。残念ながら当時の私の英語力は今と比べても大したことはありませんでしたし、Armstrong氏もすでに結構な老齢だったので話が聞き取りづらく、喋っていたことはほとんどわかりませんでしたが、「あの」アームストロング船長が目の前にいるというだけで感動的でした。また、周囲のアメリカ人にとってはまさに英雄の中の英雄であり、皆背筋を伸ばして話を聴き、公演の前後は立ち上がって拍手とともに迎え送り出していたのも印象的でした。実はこの講演の際、お土産としてこの映画の原作になっている”First Man: The Life of Neil A. Armstrong“という本をもらっていて、今でも持っているはずなのですが、分厚い本なので一度も読んでいません。この機会に意を決して読んでみることにしましょうか。

というようなことで映画とは関係のない話が多くなってしまいましたが、決して派手さはないもののアポロ計画に多少なりとも思いのある人にはいい映画だと思います。

The Martian

ARES 3どうしてそんな平凡な邦題をつけてしまうのか…

昨日14日はバレンタインデーでしたが、高校生の長男は部活の友人らと男子4人でUSJに遊びに行ってしまったので、残された家族3人で今大評判の映画「オデッセイ」を観に行ってきました。この映画は理系志望らしい長男には第一に見せたい作品でしたが、彼は一足早く昨日友人と観に行ってしまっていたのでした。

本作はAndy Weirという人がウェブサイトで連載していた小説「火星の人」をまとめて、Kindleでわずか99¢で売り出し大ヒットしたというものが原作となっています。私より1歳だけ年下の人ですが、幼い頃からのSFファンで、15歳の頃から国立研究所でプログラマーとして働き出し、その後UCSDでコンピューター・サイエンスを学び、多くのソフトウェア会社で働いた、という経歴にはなるほどと思わされるものがあります。
The Martian
舞台となるのは火星、有人探査ミッションARES 3の遂行中に猛烈な砂嵐に巻き込まれ、ミッションを放棄が決断されましたが、撤退の途中で主人公の植物学者Mark Watneyは折れて吹き飛ばされたアンテナの直撃を受け、クルーは彼が死亡したと判断して地球への帰還を始めます。しかし奇跡的にもMarkは命を取りとめており、火星に一人取り残された彼は4年後に次のミッションがやってくるまでの間生き延びるために格闘する、というものです。

Markを演じているのはMatt Damonですが、彼はインターステラーでも惑星上に一人置き去りにされる役を演じており、何かの関連性を感じてしまいます。実際にはそんなことはないのでしょうが、彼ならなんとか生き延びてしまいそうな気がしますね。

本作の監督はエイリアンブレードランナー、最近ではプロメテウスを監督したSF映画の巨匠Ridley Scottです。登場する宇宙船ヘルメスは彼の過去の作品に登場したものとの類似性が見られますが、御年78という年齢による衰えなど微塵も感じさせない冴え渡る映像に魅せられてしまいました。
The Martian - Matt Damon as Mark Watney
この作品を見終わった直後の私の印象は、「まるで『実話を元にしたフィクション』のようだ」ということです。それだけ細かい科学考証がなされて、いかに現実性をもたせるかに力が注がれたということなのでしょう。現代の技術ではまだ火星への有人ミッションというのは実現していませんが、まるでそれが本当に行われているかのようなリアリティがありました。しかし実際にはいくつか辻褄の合わない点があり、例えば大気が薄いはずなのに猛烈な砂嵐が起こっていたりしているのですが、そんなことは気にならないくらいなのです。

一つ気になったのは、ちょっと無理矢理に中国が登場することです。今はハリウッドもチャイナマネーに頼らざるを得ないのでしょうが、あからさまなご機嫌取りのように感じてしまいました。一方、ちょっと嬉しかったのは船長が往年のディスコミュージック好きでそればかりを持ち込んでいたという設定で、懐かしい曲が何曲もBGMに使われているということです。これらの曲はCDにまとめられているので、この機会に聞いてみるのも良いのではないでしょうか。