Archives

Carrie Fisher 1956-2016

彼女にフォースのあらんことを。

2日続けてこんな記事を書かなければならないとは思いませんでした。Star Warsの旧三部作のレイア姫として知られるCarrie Fisherが亡くなってしまいました。23日に飛行機内で心臓発作を起こして心肺停止したものの、その後一命を取り留めて集中治療室で容態は安定したと伝えられていましたが、昨日27日に急変して帰らぬ人となってしまったのです。60歳でした。

Star Warsの大ファンである私は大変ショックでならないのですが、それもつい先日Rogue Oneを観たところなのでなおさらです。本人の姿は昨年のThe Force Awakensで見て、このあとEpisode 8, 9と続けて出てくれるものと思っていただけに非常に残念です。幸い、Episode 8のCarrieの出演シーンは撮影を完了していたということで、来年の公開時には彼女の元気な姿を見ることができるわけですが、その次はありません。物語の辻褄は合わせてしまうのでしょうが、姿を見たときにはまた涙してしまうかもしれません。

レイア姫として一躍有名になっただけにその印象が強すぎて、女優としても個人としても悩みはたくさんあったのではないかと思いますが、Force Awakensへの出演で彼女は大切なものを取り戻すことができたのではないでしょうか。せめて亡くなる前にそれで彼女が救われたのだと良いのですが…あまりに残念で、語る言葉が出てきません。

George Michael 1963-2016

“You’ll never find peace of mind until you listen to your heart.” – George Michael

Michael Jackson、David Bowie、Princeに続いてまた一人、80年台のポップスターが旅立ってしまいました。George Michaelが53歳の若さで自宅で亡くなったとのことです。当初死因は明らかにされていませんでしたが、今は心不全と報道されているようです。

本名をΓεώργιος Κυριάκος Παναγιώτου (Georgios Kyriacos Panayiotou)というギリシャ人の血を引く、ギリシャ系らしい彫りの深い彼はAndrew RidgeleyとともにポップデュオWham!でデビューして一躍アイドル的人気を得ました。この頃ヒットしたCareless WhisperやLast Christmasといった名曲は今でも今でも度々耳にするどころか、Last Christmasはクリスマスの定番として長らく親しまれていますので、仮に彼を知らなかったとしても彼の歌声を聞いたことが無い人はいないのではないでしょうか。その彼が奇しくもクリスマスの晩に亡くなるとはどういうことなのでしょう。

その後人気絶頂のさなか、1985年にコンビは解散してしまい、それぞれソロで活動していくことになります。Wham!の音楽面をGeorgeが支えていたということもあり、解散後パッとしないAndrewに対してGeorgeは人気を維持していきました。しかしその後しばらくして公然わいせつ、薬物影響下の運転などで度々逮捕されるなど、私生活面は決して豊かなものではなかったようです。

ソロとなってから最初のアルバムFaithは大ヒットとなりましたが、それに比べるとそれほどでもなかったのが第2作のListen Without Prejudice Vol.1です。しかし、私はこのアルバムがとても好きです。Wham!時代やFaithとは打って変わってアコースティックギター中心のフォークな感じの曲が落ち着いていて、Georgeのしっとりした優しい歌声がとても良く合っているのです。

Listen Without Prejudice

¥ 1,441

(2016-12-27現在)

実は来年の3月3日に25周年記念としてこのアルバムのデラックス版が発売されることになっています。ただ、このアルバムが発売されたのは1990年なので、それからは25年以上経ってしまっており、一体何の25周年なのかはよくわかりません。まあそんなことはどうでもいいので、私はとりあえず購入することになるでしょう。

ちょうどWham!がヒットを重ねていた頃に私は父の転勤でイギリスに引っ越したので、彼らの曲はテレビなどで頻繁に聞いていて、日本の某(元)アイドルグループの解散などより断然ショックです。命あるものいつかは…と分かっていても、53歳というのはあまりに若すぎます。しかし、そんなことを言っていても仕方ありません。私は今も彼の歌を聞きながらこの記事を書いていますが、今年の残り数日はそうして過ごしたいと思います。

義父逝去

無念。

実は先週から思い立って朝晩のウォーキングを始めていたのですが、アメリカのMemorial Dayという祝日の翌日5月26日火曜日、朝6時頃にそろそろ家へ戻ろうと歩いていたところ、義妹からLINEのメッセージが入りました。かねてより癌を患い療養中であった義父がつい先程亡くなったということを伝えるもので、私はそこから急いで自宅へと帰ることとなりました。

妻は帰国するのは自分だけでいいと言いましたが、こういう場合の渡航費用も勤務先が負担してくれますし、血の繋がった孫である子供たちにもしっかり最後のお別れをさせるべきと説いて直ちに家族4人分の航空券を押さえました。幸い、その日の正午頃に出発する直行便が確保できましたので、すぐに荷物をまとめて空港へ向かい、一報のあったおよそ24時間後には妻の実家に着き、亡くなった義父と対面することができました。

臨終の時に妻を側にいさせられなかったのは残念ですが、実は3週間前に、まだ意識のしっかりしているうちに会わせてやりたいということで妻だけ一時帰国させていたので、それがせめてもの救いとなりました。その時点では見舞客にもしっかり対応できて、食事も3食摂っていたということだったので、こんなに急にその時が来てしまうとは誰も思っていませんでした。私や子供たちも7月に一時帰国を予定していたので、そこでまた会うことができると思っていたのに本当に残念です。

昨年秋頃に血尿が出て診断を受けた時には既にステージ4で手術の出来る状況ではなかったということですが、私が最後に義父に会った12月初めにはとても抗癌剤治療を始めているとは思えないほど元気な様子だったので、この進行の速さは予想できませんでした。早期発見できていれば治すことも可能だったのでしょうから、やはり癌に対しては検診が最も重要な対応策であるということなのでしょう。私自身も他人事とは言っていられません。

享年73歳、身内にとってはもちろん、日本人男性の平均寿命から見ても早過ぎる死ですが、こういうことがあってもおかしくない年齢に自分も達したということなのかもしれません。私の実父母はもう少し若いのでまだしばらく元気でいてほしいものですが、いつかは覚悟しなければならない時が来るということを再確認させられました。今回は長男である義弟が喪主をしっかり務めていましたが、その様子も見ながら同じく長男である自分も同じようなことをしなければならない時が来ると思うとともに、順当に行けばその後で役割の回ってくる自分の息子にもやってもらわなければならないのだなあなどとも考えていました。

過去に祖父母や妻のおじおばの葬儀は経験してきましたが、こんなに近い人が亡くなったのは初めてのことで、これまで以上にいろいろ考えさせられることもあり、これもまた義父に教えられたことなのだと思います。また、今回は500人を超える参列者があり盛大な式となりましたが、それも義父の人柄と為してきたことの表れで、亡くなって改めてその偉大さを認識することとなったのでした。自分自身の時は近い親族だけでこじんまりとやってくれればいいと思っていましたが、張り合ったところでとても敵うものではなさそうです。

残された者にとっては悔やまれることもあるでしょうが、今は何を言っても仕方がありません。義父にはこれからも私も含め一家を優しく見守り続けてもらいたいと思います。安らかに。