Archives

マクドナルド 新生ラテ

手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

マクドナルド
ドトール
モスバーガー
スターバックス
ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテはWorld Barista Championshipの2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。

Cinzano Rosso

私には薄いの1杯で十分。

私は昔からアルコールが全然ダメで、若い時にはなんとか強くなろうと努力してみたりもしましたが一向に変わらず、飲み会というのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ある程度年を取ってからは立場的にも社会情勢的にも無理やり飲ませるような人はいなくなって、ソフトドリンクだけで過ごせるようになったので宴会の席自体は楽しむことができるようになりましたが、完全に割り勘負けしてしまうのはいつものことです。まあそれ自体はまったく気にしていないのですが。

しかし私は酒が嫌いなのではなく、アルコールに非常に弱いというだけなのです。飲み慣れていないので焼酎など美味しさを知らない酒類はありますが、受け付けないのはビールくらいでしょう。ビールが駄目なのは若い頃に無理やり飲まされたせいではないかと思います。そんなビールは乾杯だけお付き合いすることもありますが、小さなコップ数センチ分飲んだだけでも顔が真っ赤になるくらいアルコールに弱いのです。

先日の健康診断の際には、血液検査のためにアルコール消毒した箇所が後で真っ赤になっているのを見て、やはり体質的にダメなのだということを実感したりもしました。私の父は今の私くらいの歳になってから嗜む程度に飲めるようになったそうですが、母はまったく駄目なので遺伝的なものもあるのでしょう。父にも母にも酒飲みの兄弟はいるのに不思議なものです。

ウィスキーは昔一人で頑張って飲んでいたこともあり、結構好きです。当時はショットグラスにストレートで飲んでいましたが、今はロックでちびちび飲むのが好みです。そう、量を飲むことができないので、濃いものをちびちびやるのがいいのです。

もう一つ私が好きなのが、チンザノ・ロッソです。イタリア・トリノの特産であるベルモットですが、ハーブが入っていることからちょっと薬っぽい味がするのが好みなようです。これを先日の職場の飲み会の二次会で行ったバーで見つけたので久しぶりに飲んで、とても良かったので自分でも購入してみたというわけです。

チンザノ ロッソ 1000ml [並行輸入品]ベルモット

posted with amazlet at 17.08.13

チンザノ 売り上げランキング: 9,911

Amazon.co.jpで詳細を見る

私は近所の酒屋で購入したので1800円だったと思いますが、Amazonではアルコールまでずいぶん安く買うことができるのですね。今回は自分のためにアルコールを購入するなんて20年ぶりくらいのことですし、次があるとも思えませんが、何かの時にはAmazonで買うことになるかもしれません。

チンザノはバーで飲んだときと同じようにソーダで割って飲んでいますが、やはりプロが作ってくれた時の方が美味しいような気がします。ソーダを注ぐだけのことなのに一体何が違うのかわかりませんが、プロにはプロの技があるのでしょうか。まあおそらくは雰囲気の違いだろうとは思うのですが、それでもそれなりに美味しく飲むことはできているのでいいのではないでしょうか。ただ、調子に乗って飲んでしまうと簡単に二日酔いの頭痛になってしまうので気を付けなければいけません。実はアルコール分のないものがあれば自分にはその方が良いのではないかなとも思うのですが。

スターバックス チョコレートケーキトップフラペチーノ with 抹茶ショット

食べ過ぎ注意。

最近、出勤前に見る「めざましテレビ」などで盛んに聞くワードが「インスタ映え」です。説明するまでもないと思いますが、Instagramで見栄えがよく「いいね」がつきやすい、ということですが、飲食店でも観光地でも、何でもそんな基準で選んでしまうのもいかがなものでしょうか。しかし、実際には私も外食時にはほぼ必ず写真を撮ってInstagramの食べもの専用アカウントまで作って投稿している人ですから、まったく人のことは言えず、またやはり少しでも美味しそうな写真が取れると喜んでいるので同じ穴のムジナなわけですが、ただ最近は店の方も写真映りを気にして奇を衒うようになってきているようなのが気に入りません。

それはさておき、そのインスタ映えで最近話題なのがスターバックスの「チョコレートケーキトップフラペチーノ with 抹茶ショット」という長い名前の商品です。ミルクベースにアーモンドを混ぜ込んだフラペチーノの上にチョコレートケーキを載せ、その上にホイップと抹茶パウダー、抹茶ソースを加えたものです。そう、コーヒーの要素はまったくありません。そのため私も最初は「またインスタ狙いか」と冷めた目で見ていたのでした。

しかし先日、アイスコーヒーのお代り(ワンモアコーヒー)をした時に来店アンケート、いわゆる当たりレシートが出たのでした。アンケートに答えるとトールサイズのドリンクが何でも1杯無料になるというものなのですが、そのときは108円しか払っていないのに、いくらのものでも、どれだけカスタマイズしても無料というのは太っ腹です。ということで、例のチョコレートケーキトップフラペチーノ with 抹茶ショットは税抜620円になるのですが、それが無料で飲めるというのなら飲んでやりましょう、というわけです。

日向に置いてのんびり写真を撮っていたせいかフラペチーノの氷がだいぶ溶けてしまってただの甘いミルクのようになってしまったのですが、でもアーモンドの香りが香ばしくてとてもいい感じです。見た目はかなり甘そうに見えますが、実はそれほどでもないのはチョコレートケーキがビターなせいでしょうか。チョコレートケーキは少しずつ崩しながら太いストローで吸って食べていきましたが、ザラザラした食感が面白いです。また、抹茶ソースも混ざると違った風味も加わってさらに楽しめます。

しかし、それほど甘く感じないとは言っても541kcalもありますので、早々頻繁に食べるべきものではないでしょうが、ちょっとした贅沢として、デザートやケーキの代わりとして楽しむには良いのではないでしょうか。しかしご飯2杯分ほどのカロリーというと相当なカロリーのようにも聞こえますが、焼肉などを食べてうっかりご飯お代わり、とか、ラーメンを食べる時にうっかり定食にしてしまったりすることを考えると、それらよりはだいぶ満足度が高いかと思います。まあ、620円というとその日の夕食よりも高いですからね…