Archives

ミスタードーナツ ポン・デ・グリーンカレー

予想以上にカレーです。

このところ「カレー」という単語には妙に敏感な私ですが、先週末からミスタードーナツでハウス食品とのコラボレーション企画として始まったドーナツカレーもちょっと気になっていました。つい最近製品ラインアップを整理してシンプルな品揃えにしたところなのに、また色々変わったものを出してきて大丈夫なのかと思ってしまいますが、それはそれとしてやっぱり気になるので近いうちに食べたいと思っていたら、先日妻がバイト帰りに買ってきてくれていました。ポン・デ・キーマカレーとポン・デ・グリーンカレーの2種類を2個ずつ買ってきたそうですが、私が帰宅したときにはもうポン・デ・グリーンカレーしか残っていなかったのでそれをいただきました。

ポン・デ・リングの生地をスライスしてグリーンカレーのペーストを挟んだような感じですが、このカレーが予想以上にしっかりしたもので、さすがハウス食品の名前を出すだけのことがあります。グリーンカレーのクセはほとんど無くそれっぽい香りがするくらいですが、スパイスは効いていてれっきとしたカレーとなっています。また、ポン・デ・リングのモチモチした生地ともよく合っていますし、油っこさがないのでもたれるようなこともなく、小腹がすいた時などにはとても良いのではないでしょうか。

カレーはこのグリーンカレーとキーマカレーの他に欧風カレーがあって3種類、ドーナツもポン・デ・リングの他にサクサクの衣がついた一般的なカレーパンのようなドーナツとあられが付いたものとの3種類があり、これらの組み合わせで6種類となっています。今回食べたグリーンカレーの感じだと他の2種類のカレーにも期待できますが、生地の方もドーナツ専門店のことですから問題はないでしょう。パン・デ・欧風カレーというものなどは普通のカレーパンと何が違うのかという気もしてしまいますが、だからこそ気になるので近いうちに食べてみようと思います。

ということで、税込み140円から194円と最近のミスタードーナツのドーナツとしては高めですが、それなりの満足感はあるのではないでしょうか。なお、カレー皿とのセットというのもありますが、これはちょっと要りません、私は。

爽 ジンジャーエール味(辛口)

これで辛口!?

私は基本的に味のきついもの、クセの強いものが好きなので、生姜もピリピリするくらい利いたものが好みです。アルコールが飲めないせいで代わりにジンジャーエールを飲むという機会も多いのですが、その時に辛口のものがあればまず間違いなくそれを選ぶくらい、辛口ジンジャーエールは好きです。日本で辛口ジンジャーエールというとだいたいウィルキンソン・ジンジャーエールになってしまうのではないかと思いますが、アメリカでは数多くの小規模な会社で様々な種類のSpicy Ginger Aleが作られていて、スーパーでも5つほどのブランドの製品が売られていて、いろいろ楽しむことができました。

先日、友人がInstagramに載せていたことで遅ればせながら知ったのですが、ロッテのアイスクリーム・氷菓の爽にジンジャーエール味(辛口)というものがありました。過去形にしているのはもうロッテのウェブサイトから無くなってしまっているためで、在庫限りで販売終了ということになっているのではないかと思われます。私はその存在を知ってから探して回ったのですが、すでにコンビニなどでは見つからない状態で、辛うじてあるスーパーで売られているのを発見して慌てて買ったのでした。もしかすると私が見つけられなかったのはたまたまなのかもしれませんが、すでに次の製品「冷凍ぶどう味」というのが今週から発売されているので、それと入れ替わりになっているのではないかと思います。

このジンジャーエール味(辛口)を食べてみると、確かにジンジャーエールの味です。このジンジャーエールらしさは期待以上でした。しかし辛口かというと、恐らく期待が大きすぎたのでしょうが、カナダドライよりは辛いといえるような気もするものの、はっきり言えば物足りません。しかし、私が満足するようなものが万人受けするとはとても思えないのでそこまで求めるのが無理なことはわかっています。ただ、それなら逆に「辛口」などと付けない方が多くの人が食べてみる気になったのではないかとも思います。

私の家族もみな辛い方が好きなので物足りなかったようですが、妻などは「生姜を足した方が良いのではないか」などという始末です。さすがに私もそこまでするとバランスが崩れるような気がするのでやりませんでしたが、まあ我が家はちょっと極端ですね。

山善 デスクファン

たかだか数百円、ケチるんじゃなかった…

私の職場は人口密度が高すぎるのかPCが多すぎるのか、真冬でも暖房がなくても室温が28℃前後だったり、5月からエアコンを付けないと30℃を超えてしまったりするので、極端に暑さの苦手な私にとっては非常に過酷な環境になっています。また、エアコンの効き具合にも大きなムラがあって、なぜか私は効きのいい席に当たった試しが一度もなく、先日の席替えでもまたエアコンとエアコンの間、最も暑いと思われる場所になってしまいました。

そんな私にとっては自席の扇風機は必須のアイテムとなっていて、席にいる間はほとんど常に風に当たっている必要があります。扇風機にとっては厳しい条件なのかもしれませんが、これまで使っていた「Volador USB扇風機 二重反転ファン 2段階風量切り替え 30度角調節可能 静音設計卓上扇風機 (ブラック)」という長い名前の製品は購入してからちょうど1年ほどで回転が弱くなってきたな…と思っているうちに起動トルクが足りず衝撃を与えないと回り始めることができなくなり、ついには回り始めてもすぐに抵抗で止まってしまうほど弱くなってしまいました。これは軸受が摩耗して抵抗が大きくなってしまったせいなのでしょうか。今は999円で販売している製品ですが、私は1566円で購入したようなのでたった一年でこれというのには失望する他ありません。

そこで急遽代わりに購入したのが山善のデスクファンです。実は昨年卓上扇風機を購入した際にもこの山善製品が良いということはO君が使っていたものでわかっていたのですが、あえて別のものを購入してみたのがまったく裏目に出たので、今回は潔く負けを認めたというわけです。

山善(YAMAZEN) デスクファン (風量2段階) ホワイトグレー YDS-J144(WH)

posted with amazlet at 17.06.07

山善(YAMAZEN) 売り上げランキング: 1,584

Amazon.co.jpで詳細を見る

この製品が良いのは音がとても静かで職場でもじゃまにならないということ、そしてそれにもかかわらず十分な風量があるということで、まさに扇風機として必要な基本性能に優れているということになります。やはり二重反転ファンなんていうギミックに騙されている場合ではありませんでした。本製品はシロッコファンの2連装となっていて、左右から吸い込んで正面に吐き出す形、風向は上下方向のみ調整可能です。風量調節は2段階のみですが、弱だとほぼ無音ですがそれでも十分な風量があり、強だと唸りながら強風を送り出す感じです。特に外で汗をかいた後など急いで涼みたいときだけ強を使い、普段はほとんど弱で使うことになりそうです。

Amazonにはこれにそっくりな他ブランドの製品もあるのですが、そっくり過ぎてOEM元が別ルートで売っているのでしょうか。山善という会社はメーカーではなく商社なので、そういうこともあるのでしょう。ほとんど値段は変わりませんし、安物に手を出してこりたところでもあったので、身近で実績のある山善製品を私は選びました。設計耐用年数は4年、というようなシールが貼ってありますが、果たして一年中ほぼ毎日動かすような使い方で、果たしてどれだけ持つでしょうか。