Archives

Pebbleがfitbitに買収される

あくまで主語はPebbleです。

今週、私は非常に悲しいニュースに触れて打ちひしがれています。私が初代Pebble、第2世代のPebble Timeを購入して愛用してきて、もうすぐ第3世代のPebble Time 2を発売するはずでそれを待ちわびていたPebbleが開発メンバーと知的財産権をfitbitに売却し、スマートウォッチの製造を打ち切るというのです。Pebble Time 2と同時に発表されたPebble 2は一足先に量産が始まっており、すでにユーザーの手元に渡っていますが、当初11月に発売予定だったTime 2は生産に移ることなくプロジェクトを終了し、入金済みの人には返金するとのことです。

PebbleといえばクラウドファンディングサイトKickstarterの最高の成功事例として知られたものですが、Pebble 2 / Pebble Time 2で1200万ドル以上集めても行き詰まってしまうということは、会社が大きくなりすぎたということではないでしょうか。単発のプロジェクトには有効でも、継続的に運営する企業活動にクラウドファンディングは向かないということなのかもしれません。考えてみれば、商品開発に先行して現金を集めることはできても割安に提供しなければならないとなればそれだけ利益は目減りしてしまいますし、一時的に大きな金額が集まってもその後継続的な収益がなければ経営は成り立たないでしょう。

製品としてのPebbleやPebble Timeは非常に素晴らしいもので、携帯電話を持つようになってから腕時計をしなくなっていた私もしっかり毎日腕にはめるようになりました。何が良いのかというと、一番役立つのは電話やメールの着信とその他の通知をバイブレーションで知らせてくれて、その一部を画面で見ることができるということです。これによって電話に出そびれたり、長い間メッセージに気付かないといったことがなくなりました。もちろん時計の文字盤を色々変えられるとか、アプリが使えるといったことも楽しいのですが、それよりもこの通知機能が一番役立つのです。

この先も既存のPebbleがこれまで通り使えるように努力してくれるとは言っていますが、それもいつまで続くのかは怪しいものです。もうファームウェアのアップデートはしないとも言っていますし、文字盤やアプリのストアもいつまで運営してもらえるのかわかりません。ここでユーザコミュニティから立ち上がる人がいて、非公式にサポートを続けてくれるという可能性もないではなく、他力本願ながら私はそこにも期待しています。

一つ明るいニュースは、個人でCloudPebbleを立ち上げてその後Pebble開発チームに合流した、コミュニティの一番の功労者であるKatharine Berry氏はfitbitには移らず、Intelで新しいデバイスの開発に携わると表明していることです。これはいつかIntelからなにか面白いものが出てくるという可能性を示唆するものですので、私はその何かわからないものを楽しみに待つことにしたいと思います。そして少なくともそれまでの間、私の左腕には常にPebble Timeがあり続けることでしょう。

2016年アメリカ大統領選挙

まさかの展開かもしれませんが。

私もそれほど注目していたわけではないのですが、昨日アメリカでは大統領選挙の投票が行われ、共和党候補のDonald Trumpが民主党のHillary Clintonを抑えて当選確実となりました。この結果を勤務先で聞いて私も驚きましたが、事実は事実として受け入れるしかありません。

Hillaryは言わずと知れた第42代大統領Bill Clintonの婦人ですが、その後上院議員、Obama政権の国務長官を歴任してきたバリバリの政治家です。もしも当選していたら初の女性大統領になるということでも注目されていましたが、これが逆に仇になり、これまで2期続いた黒人大統領に続いて今度は女性、ということを嫌った白人男性の票がTrumpに流れたという話もあります。また、ファースト・レディの時から国政にだいぶ口出ししているように見えたので、女性でも保守的な人にはあまり良く思われていなかったのではないでしょうか。

一方Trumpの方は問題発言があったりもしましたが、アメリカが世界のすべて、強いアメリカこそ正義という人々にとっては耳障りの良いことをいっていたこともあって特に低所得者層の人気が高かったようですね。アメリカ人でも私や他の日本人の友人らと接しているような層の人々でTrump支持の人というのはほとんどいなかったようなので、同じアメリカでもくっきり別れた2つの世界があるような印象です。開票結果を見ても東海岸と西海岸の州ではHillary、中央部ではTrumpと見事に分かれています。

しかし結果が出た今、実はTrumpでもそれほど酷いことにはならないのではないかと私は思っています。実際、勝利演説ではかなりまともなことを言っているようですし、結局のところアメリカという超大国はたった一人の力でそんなに大きく舵を切れるものではなく、政権運営はどれだけ優秀なスタッフを揃えることができるかというところにかかっているはずです。これまで政治家としての経験のないTrumpの能力は未知数かもしれませんが、ビジネスにかけて超一流であることは間違いないわけで、ビジネスマンらしく思い切った経営手腕を発揮してくれるかもしれません。

それにしても、相当な僅差であったというのはかなり健全に思われます。どちらに転んでもおかしくないほど、ほぼ同程度にそれぞれ支持されているというのは、一気に民主党に傾いたり大きく揺り戻したりする日本よりもよほどバランスが取れています。もはや日本人は懲りてしまったかもしれませんが、日本にも本当に政権担当能力のある政党がもう一つあったらと思いますね。

振替輸送

ツキのない一日。

学生時代の友人が東京で就職した際、勤務先のビルの上層階が社宅になっていたので通勤はエレベーター…なんていう特殊な例はありましたが、大都市圏に住んでいる人の多くは満員電車に揺られて1時間以上なんていうのも当たり前の世界なのでしょうが、東京で生まれ育ちながらそれが嫌で地方都市へと飛び出した私は普段の通勤が徒歩なので、たまに出張や研修で大阪や東京で混雑した電車に乗るのも苦痛でなりません。先週から珍しく講演会や研修が集中したため、8日間で4回も兵庫県の東端、尼崎まで行くことになったのですが、木金は朝から晩までの研修だったため通勤の混雑にもろに当ってしまったのですが、金曜日はそれだけでは飽きたらず散々な目に遭ってしまいました。

目的地はJRでも阪急でも行けるところなので、三ノ宮駅で阪急に乗り換えようと改札を通ってホームに上ってみると、木曜日よりもちょっと混んでいるのが気になりました。ちょっと時間が早いからかな〜などと思っているとアナウンスが入り、車両故障でダイヤが乱れているとのこと。そこでウェブサイトで調べてみるとどうも発生したばかりでまだ復旧予定も明らかでなかったので、さっさとJRに戻ることにしました。この時すでにICカードで改札を通ってしまっていたので振替乗車票を発行してもらい、幸い大きな影響はなく目的地に到着しました。なお、目的地付近で阪急の高架下をくぐる際、電車は既に復旧していたようですが、おそらく混雑していたでしょうから良しとします。実はこの振替輸送というのは40年以上生きてきて初めての経験だったのですが、この日はこれで終わりませんでした。

帰りは阪急に乗ろうと駅へ向かい、改札口でICカードの処理をしてもらおうと朝の振替乗車票を渡そうとすると、なぜかまた新しい振替乗車票を渡されました。腑に落ちないので聞いてみると、なんと今度はJRの方が止まっているとのことで、三ノ宮でもJRには乗ることができないとのことです。幸い姫路から大阪までの間はJRと私鉄とで完全に二重化されているので、時間はかかりますが山陽電車で帰ることは可能なので、そうすることにしました。

しかし、普段はそんなに乗客の多くない、たったの6両編成の山陽電車なので、振替輸送となると大変な混雑になってしまいます。阪急との接続地点となる高速神戸駅に阪神からの直通特急がホームに入ってきた時には既にすし詰めの超満員で、降りる人もほとんどいないので各ドアから1人か2人しか乗り込むことができません。アナウンスでは次の電車を待てと言いますが、次の電車だって空いているわけがありません。私は幸運にも2台目の列車になんとか乗ることができたのですが、その後の停車駅でも乗れない沢山の人達に見送られることになりました。そんな状況なので停車時間が長くなり、列車は遅れに遅れて当初の予定より90分ほど余計にかかってしまったでしょうか。実は私はこの日忘年会があったので急いでいたのですが、結局参加できたのは1次会の残り30分というところで、急いで食べるだけで終わってしまいました。

結局何が原因だったかというと、JR神戸線の灘駅と六甲道駅の間にできる摩耶駅の工事現場で作業の足場が倒壊し、車両に接触したということだそうで、午後1時過ぎの事故発生から10時過ぎまでのおよそ9時間もの間運休となったようです。これによりJR西日本は大きな損害を受けたでしょうが、写真を見ると接触したのが車両の側面だからまだ良かったものの、正面から突っ込んでいたとしたら人的被害も免れず、不幸中の幸いといったところではないでしょうか。宴会に遅れたくらいで文句を言っている場合ではないかもしれません。

なお、この日の神戸は強風が吹いていたようで、ルミナリエのイルミネーションの一部が倒壊という事故も起こっていたようですが、これがもし観客で賑わっている最中であったらどうなっていたことでしょうか。JRにしろルミナリエにしろ怪我人がなかったのは奇跡的なことかもしれません。