Archives

Logan

ヒーローだって年を取ります。

LoganといえばX-Menの中心人物の一人であるWolverineですが、アメリカで次男が通っていた小学校がLogan Elemetary Schoolというところで、かつ住んでいたミシガン州の「州の動物」や住んでいたアナーバーにあるミシガン大学のマスコットがWolverine (クズリ)だったりとなんとなく色々関わりがあるのですが、だからと言ってどうというわけではありません。ただそのWolverineを主人公に据えたX-Menシリーズのスピンアウト三部作の最後、映画「LOGAN/ローガン」を観てきたという話です。

舞台は2029年、今から12年後のアメリカ、テキサス州のメキシコとの国境辺りです。近未来の話ではありますが、ちょっと車が未来的なデザインになっていたりするくらいで現代とはほとんど変わりません。ただ、変わっているのは登場するWolverineやProfessor Xが年を取ってしまっているということで、その姿は結構ショッキングです。この時点で25年間新しいミュータントが生まれていないということもあり、かなり絶望的な空気が漂っています。

そんな状態からどのように物語が進むのかということですが、終わってみると心温まるところもある、なかなかいい映画だったと思います。ただ、日本ではR15、アメリカではRのレイティングとなっており、結構な残虐描写が含まれています。これによって特にアメリカでは観客をかなり制限することになってしまっているのでしょうが、これは登場人物らの残忍性をしっかり表現するためには必要なものなのではないかと私も思います。

主人公のWolverine/LoganことJames Howlettはこれまで通りHugh Jackmanが演じていますが、Wolverine役で大当たりとなった彼にとって年老いて衰えたLoganを演じるというのはどういう思いだったでしょうか。また、Professor Xを演じているのはPatrick Stewartで、彼ら二人とも実年齢よりも20歳ほど老けた役となっていますが、二人ともこの作品がX-Menシリーズでの見納めとなってしまうようです。また、謎の少女Lauraの役で存在感を示しているのはDafne Keenという12歳の少女です。実年齢相応のかわいさのある彼女ですが、イギリスとスペインのハーフらしくラテン系の顔立ちをしているのでメキシコ人の役でもまったく違和感はありません。また今後が楽しみな子役が出てきたのではないでしょうか。

ということで、今作ではWolverineらもかなり酷い目に遭ったり、衝撃的なシーンも多々あるので観ていて辛いところもあったのですが、終盤にはとても美しいシーンもあり、とても見応えのある作品になっているのではないかと思います。少なくとも、アメコミものにありがちなヒーローがやたら強い薄っぺらいものとは一線を画した、ドラマとして観られるものになっているのではないでしょうか。

Jack Reacher: Never Go Back

やっぱりスターですね。

本当かどうかはよくわかりませんが、日本のマスコミには親日派として扱われているTom Cruiseが最近来日して、映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のプロモーションのために笑顔を振りまき、テレビでも一流のファンサービスを見せています。今年54歳になるというのにあの若々しさはどういうことなのかと、自分の54歳はあんなではないだろうと思ってしまうわけですが、それはともかくその映画をまたしても公開初日に観に行ってきました。

映画としては2012年公開の「アウトロー」の続編に当たるジャック・リーチャーシリーズ2作目、Lee Childによる小説「ジャック・リーチャー」シリーズの18作目”Never Go Back“を原作とした作品です。このシリーズは格闘アクションだけでなく複雑な展開もありますが、謎解きにはそれほど重きが置かれているわけではなく、複雑な陰謀に主人公Jack Reacherとヒロインが巻き込まれていくというのが共通の特徴になっているような気がします。まあJackは自分から首を突っ込んでいっているわけですが。

ネバー・ゴー・バック(上) (講談社文庫)

¥ 994

(2016-11-12現在)

ネバー・ゴー・バック(下) (講談社文庫)

¥ 994

(2016-11-12現在)

今回のヒロインはアメリカ陸軍憲兵隊の少佐Susan TurnerでCobie Smuldersが演じていますが、軍人らしい健康美で下着姿もまったくいやらしく見えません。アベンジャーズシリーズでもMaria Hillの役で凛々しい姿を見せていますが、ああいうキリッとした役がとても似合っているのではないでしょうか。またもうひとり、Danika Yarosh演じるSamantha Daytonもヒロインといえるかもしれません。Danikaは現在18歳ということですが、アメリカ人にしては実年齢よりも少々若く、幼く見えるかもしれません。

それにしてもこういう映画を観ていていつも思うのは、どうしてこうポンポン人を殺してしまうのだろうかということです。いくらアメリカでもそこまで殺人が多いというわけではないと思うのですが、私が知らないところにこういう世界があるのでしょうか。あくまでフィクションとはいえもう少し人命を大切にしてほしいと思ってしまいます。

それはともかく、今作の一つの特徴は、警察ではなく憲兵が捜査の主体であるということでしょう。日本の自衛隊にも警務官という憲兵に相当する職があるようですが、アメリカ軍の組織はとても複雑でなかなか日本人には馴染みのない組織なのでわかりにくいところもありますが、それが新鮮とも言えるのではないでしょうか。基本的には基地の外では民間人に対する警察権を持たないようですが、一定の条件を満たす退役軍人は対象になったりする、というようなくだりもちょっと面白いところです。

Titanic

やっぱり名作なのですね。

昨年末に公開されてから私も劇場で4回も観てしまった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は前評判や当初の勢いから世界歴代興行収入1位に輝くのではないかと期待されていましたが、結局のところ3位どまりとなってしまっているようです。あれだけのものでも届かないというのはどういうことなのか不思議でなりませんが、その上にある2作品、1位の「アバター」も2位の「タイタニック」も、いずれもJames Cameron監督の作品であるというのも凄いことです。

「アバター」に関しては本格的に3D撮影が行われた最初の作品で、多くの人がこの作品で初めて3D映画を体験したということで大きな話題となり、その話題がさらに人を呼んだということもあるでしょう。また、3D上映の場合は料金が上乗せされることが普通だと思いますので、興行収入としてはその分上乗せされているというのも事実ではないでしょうか。しかし仮にそれを割り引いたとして例えば25%を差し引いたとしても、まだ「フォースの覚醒」は「アバター」には届かないのですから、偉大な作品であるということは認めざるをえないでしょう。

そして2位につけている「タイタニック」、あの船の舳先で主人公の男女が両手を左右水平に伸ばして戯れるあのシーンは知らない人がいないほどではないかと思いますが、実は私はこれまで観たことがありませんでした。もちろんいつかは観たいと思っていたのですが、いつでも観られるだろうということと、3時間を超える上映時間に怯んでしまっていたのです。しかし昨日の夕方、自宅で何か映画でも観ようかと思った時に目に留まり、時間もあったので観てみるかということになったのでした。

タイタニック (2枚組) [Blu-ray]

¥ 927

(2016-10-11現在)

「ターミネーター」シリーズや「アバター」などSFアクション作品のイメージが強いJames Cameron監督が挑んだラブロマンス大作ということですが、中盤以降の緊迫感はディザスタームービーさながらでロマンチックなムードはどこへやら、Cameronの本領発揮というところでしょうか。

この作品を撮るに当たっては実物大のタイタニックを建造したということですから恐ろしいことで、製作費は3億ドル近くもかかっているそうです。それに対して興行収入は7倍以上となったので大成功といえるのでしょうが、絶対に成功させなければいけないものだったわけです。もちろん、映画製作者はいつだって成功させなければならないと思って作っているでしょうが。ちなみに「アバター」の製作費はこれより2割ほど少ないようなので、ますます大成功だったわけですね。

主演のLeonardo DiCaprioとKate Winsletはかたや根無し草の青年、かたや上流階級の令嬢という悲運の恋の物語をとてもいきいきと演じています。ともにこの作品が大出世作となってその後の大活躍に繋がったのか、Kateは2008年の「愛を読むひと」で、Leonardoは昨年の「レヴェナント: 蘇えりし者」でついにアカデミー賞主演男優/女優賞をそれぞれ受賞する、現代を代表する大俳優となっているのは誰もが知っていることでしょう。なお、この作品が公開された年のアカデミー賞では、この本作で作品賞、監督賞など11部門もの受賞があったとのことです。

私達が乗ったクルーズ船はカジュアルな一般大衆向けの船なので豪華絢爛というようなものではありませんでしたが、それでもそれなりに贅沢さを感じさせるものでした。カリブ海という比較的穏やかな海で天候も良かったということもありますが、航行中も船はほとんど揺れることがなく、揺れたとしてもは船体が大きいのでゆったりとした揺れで非常にどっしりしており、外の景色を観なければ乗り物に乗っているということもまったく意識することがありませんでした。100年前にタイタニックに乗っていた乗客らも同じような感じだったろうと思いますが、そのような巨大な船がわずか数時間のうちに海に消えてしまうとは誰が想像したでしょうか。そんな状況でのパニックを非常にリアルに描いていて、194分という上映時間もまったく長すぎると感じなかったのは、ラブストーリーとディザスタームービーの2本立てのようなものだったからかもしれません。