Archives

Black Panther

少々主張が強すぎるような気はしますが。

このところアメリカの人種差別を一つのテーマにした作品が続いていますが、今回観たMarvelの「ブラックパンサー」も主役を始めとするキャスト、監督以下のスタッフ、サントラを提供する歌手などその多くを黒人が占めているということで話題となりました。特に黒人社会では「自分たちにもこんなかっこいい映画が作れるんだ」ということで大変な熱気となったようです。Rotten TomatoesのTomatometerも97%と非常に高い評価になっていますが、一方で観客によるスコアは79%と低く、「作品としての価値は高いが面白いかと言うと…」というようなものになっていないかが気がかりでした。しかし実際に観てみると決してそんなことはなく、大いに楽しむことができました。

諸外国にはアフリカの発展途上国の一つとしか認識されていないワカンダという小国が、実は一万年前に落下した隕石に含まれていたヴィブラニウムという希少金属のおかげで経済的にも科学技術的にも先進諸国を凌ぐ驚異的な発展を成し遂げています。そのワカンダを治める王はヴィブラニウム製のスーツに身を包み、代々の王にのみ与えられる特殊な薬草でスーパーパワーを得てブラックパンサーとなり国を守ります。この作品では主人公のT’Challaが王位に就き、ヴィブラニウムを狙うテロリストと戦う中で、これまでヴィブラニウムの秘密を守ってきたワカンダの新しいあり方を見つけることになります。

映画自体は良くも悪くも他のMarvel作品とあまり違いありません。ただ、やはり目立つのは登場人物のほとんどがいわゆる黒人であるということで、白人に虐げられていることに対して抵抗しなければならない、ということが基本的には肯定されているような気がしました。黒人も力を持たなければならない、と言って武器を手にしようとするか、平和的な解決を目指すかだけの違いなのです。日本にいる限りは黒人差別というものを日常生活で意識することはまずありませんが、特にアメリカでは、少なくとも黒人側は、ハリウッド映画に関わるような階層の人々であってもそういう意識が根強いということなのでしょう。

昨年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」での問題など、日本での各種表現が人種差別だと特にアメリカから批判されることが少なくありませんが、それは自分たちも有色人種とされている日本人が黒人に対して持つ感情が、アメリカの白人が持つものとは相当異なっているためでしょう。もちろんそういうことによって被差別側であるアフリカ系の人々が気を悪くするようなことは避けなければならないので、今回の件について擁護するつもりはありませんが、それを半差別意識の高い白人に攻撃されることには違和感があります。自分たちがそう考えているからといって相手も同じだと思うな、という「自己紹介乙」のようなものですね。

ということで映画自体の話から逸れてしまいましたが、本作はどうもメッセージ色が強すぎるような気がしてなりませんでした。ちなみにT’Challaの16歳の妹Shuriの役は現在24歳になるLetitia Wrightが演じているのですが、彼女はちょっと可愛いですね。ヒロインで恋人のNakiaはアカデミー女優のLupita Nyong’o、そして主役のT’Challa役はChadwick Bosemanですが、彼はこれまでに何度かアベンジャーズシリーズに出演してきているので顔なじみですね。まあ、黒人にもかっこいい映画はできるんだ、ということについては全くそのとおりだと思います。

Kingsman: The Golden Circle

愛すべきElton John。

約3年前にアメリカで「キングスマン」を観た時にはあれほど面白い作品だったのにまだ日本での公開も決まっていなかったのですが、その後半年以上経ってから公開されると日本でもそれなりの人気作となったようでした。そして今日、日本でも続編の「キングスマン: ゴールデン・サークル」が公開されましたが、アメリカでは昨年9月に公開されているので、およそ4ヶ月遅れとなったようです。やはり字幕や吹き替えを製作しなければならないので、若干遅れてしまうのは仕方ありませんね。

ということで正月早々ですが、公開初日の今日、また一人でこの作品を観に行ってきました。

今回はKingsmanの面々がアメリカのStatesmanという謎の組織の協力を得て敵に挑む、というのは予告でも明らかになっていることなので問題ないと思いますが、実はなかなかひねりが効いていて面白い作品になっています。随所にコミカルな楽しさが散りばめられていてとても明るいのに、前回より抑えられたとはいえややグロテスクで悪趣味な描写もあるのは相変わらずです。ちなみに本作もアメリカではレイティングがRなのに、日本ではPG12というのは随分差があります。まあ、f**kを連発していましたので、それが大きく影響しているのかもしれません。

中心的なキャストは前作から引き継がれているのですが、StatesmanのGinger AleにHalle Berry、悪役のPoppyにJulianne Mooreが出ている辺りが注目でしょうか。しかしそれ以上に驚くのが、Elton Johnです。私はまったく予期していなかったので本人なのかどうか信じられなかったのですが、あれだけの演技をしてしまうというのはさすがのエンターテイナーだと感心してしまいました。

なお、私はセリフも役者の演技の重要な要素だと思っているので今回も字幕版で見たのですが、”HKLP“という略語に対する字幕が何か別の英字4文字になっていて混乱してしまいました。セリフでははっきり「HKLP」と発音しているのに、それを無理やり別の物に変える必要はないのではないでしょうか。何となっていたかは覚えられなかったのですが、HKLPの意味を説明する時のセリフにアルファベットが振られていたように思うので、日本語のローマ字の頭文字にしたのでしょうか。

それはともかく、本作は前作から引き継いでいる部分が結構あるので、前作を知っていた方が楽しめることは間違いないと思います。しかし私もだいぶ忘れてしまっていて、見ていて「ああそんなこともあったな」という感じだったのですが、このあと前作を借りてきて復習しようかと思っています。これから見るという人には、ぜひ前作を先に観ておくことをお薦めしたいです。

Atomic Blonde

映像も音楽も何もかも。

いわゆる東西陣営のいがみ合いにより国家が2つに分断されている、と言うと今では南北朝鮮を思い浮かべるかと思いますが、かつては東西に分断されていたドイツがその代表でした。さらにドイツがややこしいのは分断前の首都だったベルリンは当時の東ドイツ領内にありながら、ベルリン自体も東西に分けられ分割統治されていたということで、東側からの人口流出を食い止めるためにその境界に東ドイツが築いたのがベルリンの壁です。

このベルリンの壁は1961年から1989年に崩壊するまでの30年弱に渡って東西の行き来を阻んでいたわけですが、ちょうど今北朝鮮からの「脱北」が命懸けで行われているように、当時の東から西への脱出は逮捕、射殺、落下、溺死の危険を伴ったもので、運のいい一部の人だけが逃れることができたのでした。私はまだベルリンに行ったことはありませんが、当時イギリスに住んでいたことがあり、(西)ドイツも何度か訪れていたため、比較的肌に近いところでこの緊張感に触れていたものです。そしてこの壁が崩壊した1989年、日本でこのニュースを聞いた時には鳥肌の立つ思いだったことを今でも覚えています。

ということで前置きが長くなりましたが、公開初日の昨日観た映画「アトミック・ブロンド」はこの事件の直前のベルリンを舞台とした映画です。といっても壁の崩壊そのものとは直接関係なく、冷戦下のベルリンで暗躍する東西のスパイの戦いを描いたフィクションで、Antony JohnstonとSam HartによるThe Coldest Cityというグラフィックノベルを原作としたものです。

The Coldest City

posted with amazlet at 17.10.21

Antony Johnston Oni Pr 売り上げランキング: 4,811

Amazon.co.jpで詳細を見る

主役はMI6のエリートエージェントであるLorraine Broughtonですが、それを演じているのはCharlize Theronで、このLorraineが美しくカッコよく、最高にクールです。本作のレーティングは日本ではR15となっている通り、血しぶき飛ぶバイオレンスだけでなくちょっとエロティックなシーンもありますが、そうでないシーンでもかなりセクシーです。

そして本作が素晴らしかったのはストーリー、キャスト、アクションだけではなく、時代背景とそれに合わせた音楽もです。BGMにはこの80年代後半に流行っていたヨーロッパの音楽が使われていて、当時よく聴いていた私はノリノリで観ることができました。99 Luftballons、Cities in Dust、The Politics of Dancing、Father Figure、Under Pressureなど、とても懐かしい曲もあったので、帰宅後迷わずサウンドトラックを購入してしまいました。

Ost: Atomic Blonde

posted with amazlet at 17.10.21

Original Soundtrack Backlot Music (2017-07-28)売り上げランキング: 450

Amazon.co.jpで詳細を見る

ところで少々ネタバレになりますが、本人がカメオ出演している「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」その他、最近David Hasselhoffの名前を耳にする機会が多いような気がするのですが、何なのでしょうか。実はベルリンの壁崩壊にまつわるエピソードがあるなんていうことを私は知りませんでしたが、そんな小ネタまで仕込まれています。

ということでこの映画を観て、北朝鮮も突然崩壊して一気に統一が果たされる、ということになるかもしれないし、あるいは韓国の方がということも無いとは言えないかもしれない、なんてことを考えてしまいました。当時もドイツがいつまであの体制かなんていうことはわかりませんでしたし、どうしたら冷戦が終わるのかなんていうことは実際にそうなってみるまでわかりませんでしたからね。