Archives

Hidden Figures

決して終わったわけではありません。

つい先日観た映画「デトロイト」で描かれていたのとちょうど同じ時代ですが、1964年のLyndon Johnson大統領による公民権法制定の頃までのアメリカでは人種差別が堂々と行われており、特に南部の州ではジム・クロウ法による人種分離が法制化されて食堂やトイレ、学校、バスの座席その他あらゆるものが白人用と有色人種用途に別けられていました。しかし、そんな差別はすっかり過去のもの…と言いたいところですが、実際のアメリカでは今でも根強く残っています。現地の会社や学校のオリエンテーションでは各種差別の禁止について繰り返し説明がありましたが、それは結局そうしないと差別による問題が起こるということであり、声高に平等を叫ぶ人がいるというのはそれがアピールになるということです。私は何か白々しいものを感じていました。

また、日本ではまだまだながら先進諸国では今でこそ当然のように女性が社会で活躍していますが、当時はアメリカでも男性と対等といえるような状況ではありませんでした。今回観た映画「ドリーム」は人種と性別による二重の差別を乗り越えて活躍した3人の黒人女性の、実話を元にした物語です。

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

posted with amazlet at 18.02.17

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-02-02)売り上げランキング: 135

Amazon.co.jpで詳細を見る

日本では昨年9月に公開されて、すでに先月からBlu-rayなどで発売されている作品ですが、公開当時に地元では上映されず見逃していたものです。この作品が「近隣では上映館が少なかった、上映館がなかった良質な映画をセレクトして月に一度上映」という「プライムシネマ」という企画で取り上げられていることをその数日前に知ったので、木曜日ながら残業を1時間で切り上げて観に行ってきたのでした。

主人公のKatherine Goble Johnson、Dorothy Vaughan、Mary Jacksonの3人はNASAラングレー研究所のWest Area Computersという黒人女性だけで構成された部署でコンピューター、すなわち計算手として勤務していました。それぞれ優秀なエンジニアとしての能力を持ちながら人種や性別を理由に満足な地位を与えられずにいましたが、彼女ら自身の努力により道を切り開いて活躍する、というのが本作のかなり大雑把なストーリーです。当時はソビエト連邦がЮ́рий Гага́рин (ユーリ・ガガーリン)のВосток-1 (ボストーク1号)による有人宇宙飛行に成功し、アメリカに対して宇宙開発で先行していました。NASAはこれに追いつき追い越すために研究を重ね、Mercury Atlas 6 Friendship 7によりついに有人宇宙飛行に成功しますが、Katherineらの物語がこれに絡めて語られています。

Katherineは電子計算機が本格導入される以前のNASAで軌道計算を頭で行っていたそうで、今ではとても考えられない仕事ですが、アメリカの有人飛行の歴史は彼女なくては始まらなかったのかもしれません。DorothyはWest Area Computersで事実上の管理職となっていましたが、彼女らの仕事が電子計算機に取って代わられそうなことを見てFORTRANを独学で身につけ、当時導入されたばかりのIBMのメインフレームを使いこなして、その後計算機室長となります。Maryは当時有色人種には閉ざされていた技術者への門を開き、黒人女性初のエンジニアとなったそうです。このような彼女らの活躍は素晴らしいものですが、そこに「黒人初」「女性初」という言葉が付いてしまうこと自体が残念に感じます。本来であれば特筆すべき事ではないのに、せねばならない、そういう時代があったということが残念なことです。

事前の知識がほとんどなかったので知らなかったのですが、Katherineらの上司Vivian Mitchelの役でなぜか私が大好きなKirsten Dunstが出演していたのは嬉しい誤算でした。まああまり好感の持てる人物ではなかったかと思いますが、見られただけでも嬉しかったです。もう一人贔屓にしているElle Fanningとの共演の、もうじき公開されるビガイルドがさらに楽しみになりました。

なお、また邦題の話になってしまいますが、原題は”Hidden Figures“というのに対して「ドリーム」とは随分陳腐なものの、当初はこれに「私たちのアポロ計画」という副題が付いていたので、それが無くなっただけでもだいぶマシになりました。ただ、題材になっているのはマーキュリー計画なのになぜ「アポロ計画」なのかと批判された結果外されたようですが、彼女らの才能と努力がその後のアポロ計画にも繋がったのだと思えばあながち全くの見当外れでもないのかもしれないとは思いました。あえて好意的に解釈すれば、かもしれませんが。

Steve Jobs (2015)

誰が描いても酷い。

先週は建国記念日が木曜日で飛び石連休となっていましたが、その間を埋めるために金曜日に有給休暇を取っていましたが、ちょうどその日が公開初日となっていたので、先日観た2013年版に続き、2015年版「スティーブ・ジョブズ」を夕方から観に行ってきました。やはり初日とはいえ平日の明るいうちでは客の入りは期待できませんが、私がチケットを購入した開演30分前でも一番乗り、最終的にはわずか5人というのはさすがにまずいのではないでしょうか。

この作品は本人公認の伝記「スティーブ・ジョブズ」と独自の取材に基づいたものとのことですが、伝記を読んだ時とはかなり違う印象を受けました。本作では焦点が最初の娘Lisaとの関係に当てられており、伝記ではそれほど強調されていなかったので、そこが大きな違いなのかと思います。

映画で描かれているのは初代Macintosh、NeXTcube、そして初代iMacというJobsにとっても大きな転機となったであろう製品それぞれの発表の直前の状況です。そこに毎回JobsのガールフレンドであったChrisannがLisaを連れて現れ、一悶着します。また、Wozとの関係もあまり良好とは感じられない描かれ方です。というより、基本的にほとんどすべての人とうまく行っていないように見えますが、唯一気を許しているのが彼の右腕としていつも側にいたJoanna Hoffmanという女性で、Jobsをいなしながらうまく操縦し、Lisaとの関係修復にも一役買っています。これもどこまでが本当の事実なのかわかりませんが、すべてが真実だとするとJobsは、特に若い頃は本当に酷い人間で、関わる人はみな嫌な思いをさせられていそうです。

この作品でJobsを演じたのはMichael Fassbenderですが、先日のAshton Kutcherのように頑張って似せようとしておらず、自然に演じられているのが良かったように思います。見た目やしぐさは特にJobsに似ているようには見えないのですが、そんなものは本作の本質ではないということでしょう。

一方、Joannaを演じているKate Winsletの熱演も素晴らしいものです。アカデミー賞を含め数多くの受賞歴を持ち、CBEを叙勲されているというのも伊達ではありません。ちなみにWoz役はSeth Rogenですが、オタクっぽさが足りないような気がしますし、ここまではっきりJobsに立ち向かったのだろうかとも思いますが、それほどの違和感はありません。

この作品でMichaelとKateの二人は今月発表される第88回アカデミー賞で、それぞれ主演男優賞、助演女優賞のノミネートを受けています。昨年に続いてノミネートされた俳優が白人ばかりだということに対し批判の声が上がっており、Jada Pinkett SmithとSpike Leeを中心に授賞式のボイコットが表明されたりもしていて、ちょっと変な注目のされ方もしていますが、誰が受賞することになるのか私もちょっと関心が出てきました。しかし、アカデミー自体も白人で占められていて、そもそもハリウッドが白人に仕切られている以上、有色人種を優遇するわけにもいかないでしょうし難しいですよね。本当は肌の色がどうとか区別しないでいいような世界になるといいのですが。

謎の独立国家ソマリランド

なんだか楽しそうに思えてしまう…

ごく一部の観光地を除き、アフリカというのは日本人の多くにとって馴染みのない地域だろうと思いますが、その中でも謎に包まれているのがソマリアという国です。ソマリアと聞いて真っ先に思い浮かぶのが海賊かもしれませんが、内戦により20年以上に渡って事実上の無政府状態が続いているということで、「リアル北斗の拳」とも言われる暴力が横行する世界をイメージさせます。しかし実際にそうなのでしょうか。あまりに危険ということでマスコミもなかなか足を踏み入れることができず、情報が出てきづらい状況になっています。

実はソマリア共和国の一部、旧イギリス領だった地域はソマリランドとして独立を宣言しています。しかしながら日本も含め国際的には国家としては承認されず、あくまでソマリアの一部地域として認識されるにとどまっています。そしてこのソマリランド、めぼしい産業がないため決して豊かな状況ではないようですが、町中で銃を見かけることもなく平和に暮らしていると言います。報道で伝えられるソマリアからは程遠い話です。

そんなソマリランドに実際に渡って過ごしてきたという著者のルポルタージュ「謎の独立国家ソマリランド」という本が最近発売され話題になっていたため私も早速購入してみたのですが、非常に面白く、約500ページというボリュームのある書籍ながらまったく飽きることなく読み切ってしまいました。

謎の独立国家ソマリランド

posted with amazlet at 13.03.03

高野 秀行 本の雑誌社 売り上げランキング: 1,062

Amazon.co.jpで詳細を見る

その一部はWEB本の雑誌というサイトで連載されていたようですが、それはあくまでごく一部の出だしに過ぎないようです。私はもともと連載のことを知らなかったので読んでいませんでしたが、この連載を読んで興味を持った人はぜひ本を購入するなどして読んでみるべきでしょう。この4年の間に4回ソマリアに渡って取材を続けてきた著者による、生のソマリランドとその他ソマリアの諸地域の状況が非常にダイナミックに伝わってきます。

ソマリアに住む人々はソマリ人という、というよりソマリ人の国をイタリア語でソマリアというわけですが、ソマリ人はイスラム教徒なので飲酒が禁じられています。その代わりに嗜むのが「カート」と呼ばれる一種の麻薬だそうです。アルコールがダメなのに麻薬は問題ないのかというのが非常に不思議なものですが、非常に効果は低いので日本でも問題がないレベルのようです。著者はこのカートを現地の人々と一緒に楽しみながら、カートなしでは決して聞けないような話を聞くことができたようで、大手マスメディアには得られない情報が満載となっているのではないでしょうか。

しかし私には受け入れづらかったのが、ソマリアの氏族の関係を表す上で日本の歴史上の武家や武将の名前を用いていることです。具体的には「イサック奥州藤原氏」「ダロッド平氏」「ハウィエ源氏」「バーレ清盛」といった具合なのですが、頭に入りやすいように便宜上、と言われても私には余計な情報が入り込んできてしまって余計に入りにくく感じました。私が日本の戦国史に疎いせいなのでしょうが、これはどうしても最後まで慣れることができませんでした。

それ以外は大変面白いエピソードが満載で、現地の人々も非常にいきいきと描かれているので、自分もソマリランドを訪れてみたいと感じてしまうほどです。実際にはそんなに楽しい事ばかりではないはずですが、著者が4回も訪れてしまうほどなのですから魅力のある街と人々であることはきっと間違いないでしょう。私も機会があれば…と言ってみてもそんな機会がやってくることはおそらくないのでしょうが。