Archives

QLine

きれいなうちに乗ってみたい。

アメリカでは公共交通機関で満足に移動できるのはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった数えるほどの大都市だけで、その他の地域では日本に住んでいる人には想像できないほどの車社会になっています。しかし、実は第二次世界大戦の頃まではそこまでではなく、鉄道網がそれなりに整備されていて、各都市には路面電車などが走っていたのですが、長距離の移動は飛行機に、近距離は自家用車に置き換えられてしまったのでした。

アメリカのモータリゼーションの中心地であるデトロイトもその例外ではなく、1863年から1956年までの100年弱の間、市内を路面電車が走っていたとのことです。結局それはバスによって置き換えられることになってしまったのですが、終焉から50年後に復活が検討され始め、それからさらに11年後の今年、つい先週末にQLineという愛称で再び走り始めることとなったのでした。

工事は私が駐在している2013年末頃から始まっていたので、帰国までに完成して乗ることができないだろうかと思っていたもののそれは叶わなかったのですが、Twitterの公式アカウントなどで状況を逐次確認しながら楽しみに待っていて、ようやく晴れの日を迎えたということでめでたく思っているところです。最初の週は無料で乗車できるということだったので市内も賑わったのではないかと思いますが、復活しつつあるデトロイトの街にまた明るい話題となってくれているようです。

路線はミシガン州の州道1号線の一部でもあるWoodward Avenue上のほぼ真っすぐの路線であまり面白みのあるものではありませんが、利用者が多くなれば路線の延長や追加も検討されるのではないでしょうか。悪名高いデトロイトの中でも比較的治安の良い地区を走っているのはもちろんですが、ダウンタウン中心部からの5kmほどの沿線にはDetroit Tigersの本拠地Comerica Park、来シーズンからDetroit Red WingsとDetroit Pistonsの本拠地となるLittle Caesars Arenaがあり、Detroit LionsのFord Fieldもすぐ近くで、さらにデトロイト美術館の前も通るようになっています。Amtrakの駅にも接しているので、鉄道の利便性も上がるでしょう。

料金は3時間以内$1.50、一日$3.00ということなので、気軽に利用できるのではないでしょうか。私が住んでいたアナーバーのバス料金も1回$1.50でしたが、乗り換えは1回のみ、一日券は$4.50だったのでそれよりは安価です。なお、チケットは電停の端末の他にiOSかAndroidのアプリやウェブでも購入できるということで、こういうところがアメリカの先進的で柔軟なところだと思います。

車両はアメリカのBrookvilleという会社のLiberty Modern Streetcarsというものが6編成購入されたようです。リチウムイオン電池を搭載していて、架線のない区間も走行できるようになっている先進的なシステムにより、路線の60%の区間は架線が設置されていないとのことです。アメリカ人によるアメリカのための路面電車として売っているようですが、各地で見直されてきているのでそれなりの市場規模があるのでしょうか。

ということで、私はまだ写真や動画でしか見ていないので、早くこの目で見て、できれば乗ってみたいと思っているのですが、出張の間にデトロイトのダウンタウンへ行くというのは難しいかもしれません。

Jam Jam Liner 高速バス

ちょっとした旅行気分。

私の実家は東京にあり、妻の実家と私の自宅は兵庫県にあるため、日本にいる時は長期連休のたびに東京まで家族で車で帰省していました。アメリカに来てからの一時帰国の際にも両方の実家に寄る事になりますが、自分の車はもう手放してしまっているので他の交通手段を考える必要があります。普通なら自然に新幹線を選択することになるのでしょうが、なにしろ私はケチなので「たった数時間のために家族で何万円も!」と考えてしまいます。そこで前回は夜行バスを利用してみて、私一人では何度も利用したことがありますが家族はどうだったかというとそれほど否定的なコメントはなく、また利用しても良さそうな感じでした。

しかしまた同じでは芸がない、別に芸は必要ないのですが面白くないので、今度は昼行バスにしてみました。実は長距離バスというのはたいてい夜行になってしまっていて、昼行の選択肢はかなり限られているのですが、今回利用したのはJamJam Linerの梅田発新宿南行きJX272便というもので、「3列トイレ付きゆったりプレミアム」と銘打たれています。時季にはよりますが、5800円からというのは大阪までの電車賃を入れても新幹線のほぼ半額ということになり、圧倒的にお得感があります。

出発が梅田プラザモータープールというところで大阪駅から15分ほど歩かなければいけないのが難で、特に夏の暑い日にはちょっと問題がありました。大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅からなら近いようなので、無理せず地下鉄に乗れば印象も違うでしょう。近くのコンビニで軽食を買い込んだあと乗り場に向かいましたが、乗車できるのは出発の15分ほど前でした。車両は夜行でお馴染みの3列独立シートで、座席は非常に大きくリクライニングするものです。しかし、後ろの人は必ずしもリクライニングするとは限らないので、あまり思い切って倒すことはできません。

夜行より安いのは運転手1名で運行されているためで、そのため2,3時間毎に休憩が入ります。梅田―新宿間は通常8時間なので、道路状況により2回か3回、休憩のためにパーキングエリア等に停車することになります。今回は新東名の藤枝PAと東名の海老名SAに停車し、それぞれ20分程度の休憩となりましたが、藤枝PAには昼過ぎに着いたので軽く「特選藤枝朝ラーメン 冷やし」というのを食べてみたところ、さっぱりしていて添えられたワサビもよく合って美味しかったです。一方海老名ではもう到着間もないということで下車しませんでした。

結局渋滞の名所、伊勢原バス停付近から海老名までの間以外は目立った混雑もなく、予定より若干早く午後6時過ぎには新宿に到着しました。やはり距離が長いだけに事故渋滞などに巻き込まれる可能性も高く、何もなかった今回は運が良かったのかもしれません。降車場所は南口から数分のところでしたので、ここから電車に乗り換えるのは楽で助かりました。

夜行の場合は就寝時間中に移動できるので時間が節約できるというのが大きなメリットになりますが、私はどうしても熟睡出来ないので昼行の方が体はかなり楽でした。新幹線との比較では、時間がかかる代わりに安いというのがメリットですが、それ以外にも乗客の乗り降りが休憩時のみで、なおかつ乗客自体が少ないので盗難などの心配が少なくリラックスできました。また、新幹線は車窓の流れも早すぎて移動しているという感覚しかありませんが、バスの方がゆったりとした旅という感じがして私は好きです。つい最近も事故があったということで長距離バスを敬遠する人も多いようですが、とりわけ危険というわけでもないのではないでしょうか。

ところで私が渡米したのは開通前だったので、今回初めて新東名を通りましたが、やはりせっかく3車線分のトンネルや橋が整備されているのに2車線に制限しているのは無駄に思えてなりませんでした。今出来ていないところは逆にすぐに作れるということなのでしょうが、やはり3車線区間に比べると2車線区間は若干混雑していて運転の疲れは違いそうでしたので、近いうちに3車線化されることを期待します。

Amtrak – Silver Meteor

時間と気持ちに余裕のある人向け。

アメリカではどこへ行くにも自動車で、ちょっと遠くへとなると途端に距離が長くなってしまうので飛行機を使うのが一般的になってしまい、長距離移動手段としての鉄道は一般的ではありません。鉄道が引かれていないわけではなく、あちらこちらに踏切があったりはするのですが、見かける列車は長大編成の貨物ばかりで、運悪く踏切に引っかかると長時間足止めをくらい散々な思いをしたりします。といっても、私が引っかかったのもこの1年弱で2回だけで、しかもそのうち1回はわずか数両の編成だったのですぐに開放されたのですが。

それはさておき、今回年末の長期連休でフロリダに来ているのですが、あまりオーランドに長いこといてもテーマパークの連続で疲れたり飽きたりしてしまってはもったいないですし、第一お金がかかってしかたがないので途中でもっとのんびり出来るところへと移動しようと考えました。ただ、そこで飛行機やレンタカーで移動するだけでは面白く無いなあと思案していたところ、かねてから乗ってみたいと思っていたAmtrakの路線がちょうどよい具合にあることが分かり、早速予約してみたのでした。予約はAmtrakのウェブサイトで簡単に行うことができて、送られてくるPDFファイルを印刷しておけばそれで乗車することができます。

荷物を預ける場合は発車時刻の45分前までにチェックインしろということなので、ホテルからオーランドの駅へタクシーで移動し、13:10の発車に対し12時前に到着しました。しかし、チェックインといっても何か手続きが必要というわけではなく拍子抜けしてしまいましたが、とりあえずスーツケースを預け、駅前のタイ料理店Thai Stopで昼食をとって待つことにしました。ちなみにここは店内も清潔感があり、料理もなかなかで、もう二度と来ることはないだろうというのが残念でした。

列車の到着時刻が近づいてくるとプラットフォームに列ができはじめたので私達も並びました。列車は10分ほど遅れて到着しましたが、これは全く想定の範囲内です。決まった改札口というものはないのですが、ロープで導入された先に車掌が立ち、iPhoneにバーコードリーダを付けたような機器でチケットのQRコードを読み取り、どこから列車に乗り込むかが指示されました。Amtrakの長距離路線は座席指定制なのですが、まさに乗車するその時まで自分の座席が何号車の何番なのかは分からず、というか決まっておらず、乗り込む直前に車掌が空いている席に割り当てていくような形になっています。しかもそれをマス目の入った紙に記入していくというアナログなものです。改札の車掌に指示された先に、その席を割り当てる役目の車掌がいるのです。座席指定はシステムの対応が必要なので投資対効果の問題があるのかもしれませんが、改札なんて予め駅員が対応していればすぐに乗り込めるのに、のんびりしたものです。

さて、乗降口は数箇所しか開けないので乗り降りにはかなりの時間がかかっていましたが、なんとかほぼ予定通りの停車時間15分で発車できたようです。私達が今回乗ったのはSilver Meteorという列車で、ニューヨークからフロリダ州マイアミまでの路線のごく一部です。全線では28時間かかるので寝台車も連結されていますが、私たちは5時間ほどの乗車なのでCoach Classという一般の座席です。機材がちょっと老朽化しており、お世辞にもきれいとはいえない車内ですが、座席は横4列で新幹線普通車よりもかなりゆったりしていますし、前後の間隔も広く、フットレスト、レッグレストも完備、AC電源もありました。短中距離路線では3列のBusiness Classもあるのですが、Coach Classでも十分快適です。

席に付くと再び降車駅を聞かれ、その駅の略称を手書きした札を頭上の棚の前に差し込んでいくので、これは何のためなのだろうと思っていたのですが、途中の駅に近づいたところでようやくその意味が分かりました。Amtrakの列車は1日に数本しか走っていないので、寝ていて乗り過ごしたりすると大変なことになるので、各乗客の降車駅が近づくと車掌が教えに来てくれるのです。札はそのための目印というわけでした。親切なサービスですが、新幹線ほど混み合っていたらとてもやってられないでしょうね。

路線はほとんど単線なので、途中で上下線の行き違いのための待機がありましたが、日本の鉄道のように時間に正確に運行されていれば待ち時間もわずかで済むのでしょうが、Amtrakではせっかくそこまでそれなりのスピードを出して走っていたのに、15分ほども停車していました。そんなことがあっても私達の目的地フォート・ローダーデールにはほぼ予定の時刻に到着してしまったのが不思議、と思いきや、実は発車予定時刻に到着しただけで、積荷を下ろすのに時間がかかって結局発車は15分以上遅れてしまっていたのでした。預入手荷物が一度に台車に載らなかったので、荷物を客に配って台車を空にしてからまた列車から降ろしてくる、という何とも悠長なことをやっているのだから驚きます。最初から台車に荷物を載せた状態で列車に積んでおいて、駅では台車ごと積み替えるようにしたらすぐに終わるのに、なんて考えてしまうのですが、それでは駅員の仕事をなくしてしまうのでダメなのでしょうか。

そんなこんなで何につけてものんびりしているので、暇のある人にしかお勧めできない感じです。しかし、のんびりした旅をしたいという人にはうってつけと言えるのかもしれません。私自身は結構気に入ってしまったので、今度はシカゴからシアトルまでのEmpire Builderなんていう列車に乗ってみたいなあなんて考えています。これは2泊3日の46時間もの路線になるので当然寝台を取る必要がありますが、やはり数が限られているので夏休みのためには今から予約しておかないといけないようです。そんなに先の予定はなかなか立たないのですが…