「language」タグアーカイブ

DeepL

未来にまた一歩近づいたようです。
📝

最近は英単語の意味を調べるときなどに辞書を引く機会というのはだいぶ減っているのではないでしょうか。私自身はすっかりウェブに頼るようになってしまっていて、アルク英辞郎 on the WEBLEXICOのオックスフォード英英辞典、Thesaurus.comの類義語辞典を使うことが多くなっています。文章全体をGoogle翻訳に突っ込んでいるという人も多いのではないかと思いますが、Google翻訳もどんどん進化して良くなっているとはいえ、未だあまり自然な文章にはならず、時々おかしな結果になるというのが実情でしょう。

しかし、先日のbackspace.fmの「#335:DeepL翻訳がすごいので在米10年のドリキンは英語を学ぶのをやめるって」という回で話題になっていたDeepLというのが本当に凄いので、私も改めて紹介したいと思います。どんなに凄いかというのは実例を見れば一目瞭然だと思います。

たとえばDetroit Free PressMichigan workers are losing paychecks reminiscent of the Great Depressionという記事の以下のような文章を翻訳してみると、

The recently signed $2 trillion stimulus bill contained rescue measures for businesses and workers, but even that record-size bailout may not be enough to counter the economic effects of coronavirus. President Donald Trump has since talked about a possible $2 trillion more in infrastructure spending to keep people working.

Google翻訳では

最近署名された2兆ドルの刺激法案には、企業と労働者のための救済措置が含まれていましたが、そのレコードサイズの救済策でさえ、コロナウイルスの経済的影響に対抗するには十分ではない場合があります。 ドナルド・トランプ大統領はそれ以来、人々が働き続けるためにインフラストラクチャへの支出がさらに2兆ドル増える可能性があることについて話しました。

というような結果になりました。これでも意味を掴むには問題ないかもしれませんが、一部の単語が翻訳されずに「レコードサイズ」というようなカタカナ語になっていたり日本語としては不自然で、ネイティブな日本語話者が書くような文章にはなっていません。これをそのまま転記して人に読ませるのは明らかに問題のあるレベルです。

しかし一方DeepLの翻訳ツールでは

最近署名された2兆ドルの景気刺激法案には、企業や労働者のための救済措置が含まれていたが、その記録的な規模の救済措置でさえ、コロナウイルスの経済効果に対抗するのに十分ではないかもしれない。ドナルド・トランプ大統領は、それ以来、人々が働き続けるためのインフラ支出でさらに2兆ドルの可能性について話している。

というような恐ろしく自然で正確な文章になっています。若干読点が多いようにも思いますが、普通の日本人でももっとたくさん読点を打つ人はざらにいるでしょう。社内文書などであればこのままでもまったく問題なく使える、ストレスなく読める文章になっているのではないでしょうか。

実は私の場合、英語はあまり困らないのであまり使わないように思うのですが、これは凄いと実感したのはイタリア語から翻訳してみたときでした。イタリア人の友人がFacebookでシェアしていた記事の写真に興味を持ったものの、文章がイタリア語だったのでこれまでならスルーしてしまっていたのですが、DeepLを知ったあとだったので試しに翻訳させてみたところ、驚くほど自然でわかり易い文章になったのでした。

このDeepLが日本語に対応したことはつい先日、3月19日のブログで発表されていますが、日本語、英語、イタリア語のほかフランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、ポーランド語、ロシア語、中国語に対応しているとのことです。いわゆる先進国を中心に対応していっているということかと思いますが、これほどの性能のものがあらゆる言語に対応したとしたら、SFに出てくるような自動翻訳機ももう夢ではなくなってきますね。このペースなら私が生きているうちに実用化してしまうのではないでしょうか。

Lolipop!でPHPアップデート

そんな落とし穴があるなんてね。
🍭

ライブドアブログアメブロなどプロバイダーが大々的にサービスしていたこともあって一時は猫も杓子も開設していたものですが、そんな謎のブームも去ってしまってから久しく、今どき個人でブログを書いているなんていう人もだいぶ少なくなったのではないかと思います。そんな中でもわざわざ自分でお金を払ってサーバーを借りて、自分でシステムをインストールしてブログを運営しているなんていうのはかなり奇特な部類でしょう。私はそんなうちの一人なのですが、どうしてこんな誰が読んでいるでもないブログを今でも書いているのかといえば、惰性というよりも「ここでやめたら負けだ」という意味不明な意地のようなものです。

ブログソフトウェアとして使用しているのはオープンソースであるWordPressですが、このソフトウェアはプログラミング言語としてPHPを使用しています。WordPressのバージョンはWordPress自体に自動アップデート機能が入ったのでどんどん自動的に更新されていくのですが(もちろん禁止もできます)、PHPのバージョンはサーバーによって決まるので自動的にというわけには行きません。これまで私が使用していたのはPHP 5.6というPHP 5の最後のバージョンだったのですが、すでに昨年セキュリティサポートも終わっていることから、最近WordPressからPHP 7に更新するよう促されるようになりました。

私自身が新しもの好きということもあって、基本的にアグレッシブにバージョンアップするのですが、PHPに限ってはそれができない事情がありました。

レンタルサーバーとしてはGMOペパボLolipop! レンタルサーバーをちょうど10年前になる2009年8月から、当時は「チカッパ」というサービス名でしたが、長らく利用してきました。このLolipop!ではユーザー専用ページの簡単な操作でPHPのバージョンを設定できるようになっているのですが、「PHP設定」という専用のサポートページまで設けられていて至れり尽くせりです。本来ならこの手順に従って簡単に切り替えられるはずなのですが、残念ながらバージョン変更後にデータベース接続エラーになってしまいました。サポートページにはまさにそのような場合はデータベースのパスワード形式の変更が必要とあり、丁寧にその手順も書かれています。しかしその通りにやってもうまくいかないのです。

そこで頼みの綱はGoogleということになりますが、いくつものブログなどがヒットするものの、「サポートページに書いてあった!」というだけのしょーもないものばかりで、助けになるようなものが見つからず、諦めてしまうのでした。実はこのようなことをこれまでに何度も繰り返してきたのでした。

ところが最近、私の中学校時代の同級生であり、私よりももっと高尚で有意義なWebsite Usability Infoというブログを、私と同じくLolipop!とWordPressを利用して運営している友人が、アップデートに成功したということを知りました。彼もしばらくアップデートできずに困っているということを聞いていたので、解決したのであれば問題は何だったのだろうかと尋ねてみると、その答えは意外なものでした。

曰く、「昔からLolipop!を使っているアカウントの場合には自分でパスワード形式の変更ができないケースがあるらしく、サポートに依頼してやってもらった」とのことです。そんなことがあるならそれもサポートページに書いておいて欲しいと思いつつ、私も早速問い合わせフォームから変更を依頼すると、ちょっとしたやり取りのあと、数日のうちにバージョン変更後のデータベース接続に成功することができました。迅速なサポートには感謝ですが、同じようなことで困っている古参ユーザーが他にもいるに違いない、ということでこうして記事にすることにしたのでした。まあこんな無駄に長い文を読んで役に立ててくれる人がいるかどうかは甚だ疑問ではありますが。

ただし実はバージョンアップすると管理ページでは問題ないもののブログページが真っ白になってしまうという問題があり、これはおそらく使用していたAtahualpaというテーマのせいだろうと思い、そろそれこれも古いので変えたいと思っていたところだったので、思い切って新しくWellingtonというテーマに変更し、無事に表示できるようになりました。今はまだこのテーマにほとんど手を加えていないのでかなりそっけない感じになっていますが、時間があるときにちょっとずつ変えていきたいと思っています。ちょっと今までゴチャゴチャしすぎていたので、すっきり見やすくできると良いのですが。

ほぼほぼ

ほぼほぼ帰国して一番驚いたこと。

ちょっと前にテレビでも取り上げられているのを見ましたが、最近「ほぼほぼ」という言葉よよく耳にするようになりました。最初は誰かタレントが使っていた言葉を真似て比較的若い人たちが仲間内の会話で使っているものなのかと思っていたのですが、実際には私よりもちょっと年上の人からも、仕事の会話どころか説明に来られた取引先の人の口からも聞くようになってとても驚いています。しかし、50代以上の人からは聞いたことがないような気がします。

私がアメリカに行く前には聞いたことがなかったので、ここ4、5年の間に急速に広まったと言えそうですが、あまりに広く普及していて「この人まで使うのか」と思ってしまうほどなので、まるでここではもともと使われていた言葉のようにしか思えず、浦島太郎なのかパラレルワールドなのかというほど、まだ現実とは思えないというのは誇張ではありません。光速に近い速度で移動すると時間の進みが遅くなるので、亜光速宇宙旅行をして帰ってきたら地球は自分たちよりはるか未来になっていたというような、もちろんこれは誇張ですがそんな感じです。

とはいえ、「ほぼほぼ」で検索してみるといつから使われるようになったのかと気になっている人は少なくないようなので、最近使われ始めた言葉であるということは間違いないようです。Googleの検索結果で最初に出てきたwith newsの「『ほぼほぼ』の進捗率は何%? いつから出現? 専門家に聞いてみた」という記事によれば、国語辞典編集者の飯間浩明氏は2013年7月ごろから耳にするようになったとのことで、これは私の渡米後です。その後2,3年で、流行語としてではなく通常に使われる言葉としてここまで広まったというのは驚異的ではないでしょうか。

同じ記事で飯間氏が言われている通り、同じ言葉を繰り返すことで物事を強調するというのは珍しくないことで、「ほぼ」を強調して使われたというのが始まりだったのかもしれません。しかし実際どうかはわかりませんが、今「ほぼほぼ」と言っている人が、「ほぼ」と使い分けているようには思えず、すでにその人たちには「ほぼ」を置き換える形で定着してしまっているのではないでしょうか。真面目な場面では「ほぼ」といい、日常会話では「ほぼほぼ」を使うのかと思っていましたが、そうではないようです。

言葉というものは時代とともに変化するもので、過去に間違っていると言われていた新しい言葉も定着して正しい日本語になっているのだから何が正しいというものではない、というのは理解できます。しかし、ここ数年の間にここまで急速に広まってしまったので、その間日本を離れていた私には一瞬で変化してしまったように見えて、まだついて行けないというのが実情です。私自身は流行に流されるのが嫌いなのでまだ当面は使わないだろうと思いますが、今時「そも」なんて書き言葉でも使わないように、「ほぼ」というのも古臭いものになってしまうのも時間の問題かもしれません。先のwith newsの記事では「10年後には一般語に?」と言っていますが、もうすでにかなり一般的になってしまっているのではないでしょうか。しかしまだ一定の割合で不快に感じている人はいるようなので、お気をつけください。