Archives

Pokémon GO

ポケモンはよく知らないのですが。

今日から3日前、7月22日の日本でのリリース直後から爆発的なブームとなっているPokémon GOですが、「車運転中にポケモンGO」というようなニュースもあり社会現象から早くも社会問題へとなりつつあるのではないでしょうか。これは日本より先に公開されている欧米でも同じように問題になっていることですが、ほかにも私有地に無断で踏み入る人がいたり、ポケモンでおびき出して強盗する輩がいたりするようで、日本でのリリース前から内閣サイバーセキュリティセンターが「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」(PDF) という注意喚起が行われています。ちなみにこのタイトルは子供向けっぽいものですが、Pokémon Goの対象年齢は13歳以上となっていますし、本文には振り仮名もなく内容的には中高生を対象にしたもののようです。

このPokémon GOはGoogleからスピンアウトした、Ingressの開発元であるNiantic Labsと、株式会社ポケモンとの共同開発ということになっています。Niantic LabsのAR (拡張現実)技術を応用したもので、Ingressと同様にGPSによる実際の位置情報や地図と連動し、目の前に本当にポケモンが登場するように見せているところが新しく、受けているところでしょう。

現実世界を歩きまわってポケモンを捕まえて、集めて育てたポケモンを使ってジムでバトルをする、というのがこのゲームの内容となります。バトルに勝つとジムは自分のチームのものになりますが、今のところIngressのような陣取りゲームの要素はないようで、あくまでポケモンを集めて育てるという部分が主要なものとなっているのでしょう。

私は日本でのサービスが始まる前にアメリカのiTunes Storeアカウントでインストールしていたのですが、日本でのリリースはだいぶ遅れそうだという話もあったので一旦アンインストールしてしまっていました。その後予想していたよりは早く日本にも展開されましたが、あとから流行に乗るのが嫌いなので醒めた目で見ていて、

ポケモンよりも美味しいものハンターとして生きていきます。

— すずきしんすけ (@sszk) 2016年7月22日

なんてことを言っていたのですが、この時には一回アンインストールした後でした。しかし、出張から帰ってきてみると自宅マンション隣の公園にアイテムを入手できるポケストップがあり、家の中からでもアクセスできるというので、とりあえず批判するのは触ってみてからにしよう、と再度インストールしてみました。なお、今日は家で休養していたのですが、そのポケストップのおかげで家から一歩も出ること無く、というどころか自分の机を離れることなくレベル6にまで到達してしまいました。しかし、果たしてそれは楽しいのかと聞かれるとさあどうでしょうか。

このゲームはIngressのようにバッテーリーを著しく消費するので、長時間楽しむためにはモバイルバッテリーが必要と言われています。また、入手した卵を孵すためには卵によって2km、5km、10kmの距離を歩かないといけないのですが、歩くスピードでないといけないというのでアメリカ人も歩くようになった、などという話もありました。私は片道2.5kmの通勤を利用して孵してみようかと思っていますが、さすがにオジサンが歩きながらゲームをしていてはカッコも悪いので、途中でポケモンを見つけたりしても捕まえたりはしないつもりです。

しかしこれだけ勢い良く広まると飽きられるのも早いのではないかと要らぬ心配をしてしまいますが、どの程度続くでしょうか。今はアプリとしては少々荒削りな感じなので、この人気で開発が加速されることを期待します。また、歩きスマホもそうですが、車や自転車の運転中の使用は絶対にやめましょう。今後なにか大きな問題が起きてしまわないことを祈りたいものです。

Vivaldi

革新的という程でもない…?

先日、「グーグル『クローム』首位=閲覧ソフト、『IE』抜く」というニュースが伝えられました。私は自宅ではMacを使っていてWindowsのマシンは1台もないので、仮にIEことInternet Explorerを使いたいと思っても使えないわけですが、職場のPCでは特にイントラネットのシステムがIE以外を想定していなかったりするので仕方なく使っています。また、インターネットでも一部ウェブサイトではIEの古いバージョンのものを前提に作られたまま放置されていたりするので、Macではどうやってもまともにアクセスできなかったりするのは困りものでしたが、ついにシェアが逆転した今からはChromeへの対応、ひいては特定のブラウザに依存しない、W3C標準に準拠したウェブサイトへの転換が加速するでしょうか。

しかし、2008年からChromeを愛用してきた私も、誰も彼もがChromeを使っているような、多様性のない状況は望んでいません。AppleはWindows版のSafariを引っ込めてしまいましたし、Firefoxも根強い支持を得ながらも今ひとつパッとせず、以前はひとクセあって面白かったOperaもChromiumベースになって実質はChromeと代わり映えしなくなってしまい、そこでIEがバージョン間の非互換性が仇になったのか自滅していってしまうようでは、Chromeの一人舞台になってしまいます。

そんな状況の中、先日目についたのが「Webブラウザ『Vivaldi』が超絶便利すぎてChromeユーザーはさっさと乗り換えたほうがいい」というブログ記事です。ここで紹介されている新しいウェブブラウザVivaldiはOperaの創設者の一人、Jon Stephenson von Tetzchnerが立ち上げた新たなブラウザプロジェクトで、いろいろと新しい機能が盛り込まれた野心的なブラウザになっているようです。

例によって新しもの好きな私は飛びついてみたわけですが、まずChromeからの移行は非常に簡単にできるようになっています。ブラウザの乗り換えを阻むものの1つは昔ながらのブックマークや記憶させたIDやパスワードその他の情報を移すのが大変ということだと思いますが、使いはじめる前にブックマークはもちろん、パスワードや履歴などもChromeからは自動的にコピーしてくれるようになっているので、インストールしてすぐにそれなりに使えるようになります。また、ChromiumベースということでChromeで便利に使っていた拡張機能もそのままインストールしてほとんどのものが使えるようです。

使ってみて良いと思ったのは複数のタブを重ね合わせてまとめておける「タブスタッキング」の機能で、私はブログ記事の参考にするページなどを開いて揃えておくのですが、それを書こうとしている記事ごとに整理できるというのは便利です。また、タブにマウスカーソルを置くとそのページがサムネイル表示されるという「ビジュアルタブ」もなかなか良いです。

しかしやはり気になる点もないではありません。まず、単に慣れの問題ではありますが、タブを閉じる❎がタブの左側であるなど、UIの細かなところが違うということです。Chromeとは違うというだけのことなので、日常的にVivaldiだけを使っていればすぐに問題なくなるのでしょうが、職場での使用も含めるとそういうわけにはいかないので、ちょっとした操作に引っかかりを感じるというのは結構ストレスになります。

またもう一つはそのうち解消されるのだろうとは思いますが、URLバーに日本語を入力して検索しようとしても、なぜか一文字目が英数字になってしまう場合が多いということです。そのまま入力できる場合もたまにはあるのですが、今のところは入力してみてからでないとわからないので、これも結構なストレスです。入力したいのは検索のためなので、回避するには検索用のプレフィックスを半角で、例えばGoogleなら”g”と入力するようにすれば良いので、これを習慣づければよいのでしょうか。それまでには修正されてほしいものですが。

そしてChromeで意外に頼りにしていたことに気付かされたのが、Googleアカウントでの同期機能でした。Vivaldiでは利用することができないので、自宅で閲覧したウェブページを出先でも…というようなことが簡単にはできません。また、Chromeからインポートはできてもエクスポートはできないというのも問題で、やっぱりChromeに戻ろうと思った時に引き継げないと思うと安心して使い込めません。

ということで、これだけネガティブな点を並べてしまうと試してみようと言う気になれないかもしれませんが、これはChromeに依存してしまっている私にとっての問題でしかなく、全然関係ないという人も多いと思います。私は結局今日限りでChromeに戻ることにしてしまったのですが、一応今のところは削除せずにおいておくつもりです。またしばらく経ってから改善具合を見て、そこで改めて判断しようと思います。

毎日がカレー

次はどこにしようかと。

私のInstagramやFacebookを見ている人は食べ物の写真ばかりで呆れていることでしょうが、特に日本に帰ってきてからの最近はカレーの写真が多いことにお気づきかもしれません。

アメリカにいる間はやけくそにも見えるくらいバーガーばかり食べていたのですが、それはバーガーというのはアメリカ人にとってのソウルフード、いわば郷土料理であり、アメリカが本場なのでそこにいる間に堪能しておきたいと思っていたからです。このバーガーが日本では何に当たるかというと、ちょうどラーメンやカレーと同じような感じだと思います。こだわりの専門店もあればファーストフード的な店もあり、また高級レストランでも庶民的な店でも提供される、という点はまさしく同じであり、老若男女問わず人気があるという点でも同様です。

したがって、日本ではラーメンやカレーがやっぱり美味しいので私も食べに行くのですが、ラーメンはどうも栄養バランス的に問題があるような気がして、もう若くはないので体のために控え気味となっています。一方カレーはどうなのかというと、なんとなく野菜がたくさん使われていてヘルシーなイメージがありますし、食後にもたれるようなことも一切ないのできっと大丈夫なのでしょう。

もう一つ最近カレーが多い理由は、職場で「カレー部」と称して週末の定時後などにカレーの食べ歩きをしているところに誘ってもらったということもあります。お酒の好きな人なら週末は飲みに行くというのが多いのでしょうが、これはこれでよいコミュニケーションになっているようです。

さて、そんな状況に拍車をかけてくれたのが「毎日がカレー」というiOSアプリです。「カレー好きの、カレー好きによる、カレー好きのためのアプリ。」という謳い文句ですが、カレーに特化したFoodspottingのような感じで、ユーザーが食べたカレーの写真にコメントを付けてシェアしあうもので、みんなが食べたカレーの中から美味しそうなものを見つけて食べに行くことができます。残念ながら私の近所には他のユーザーが住んでいないようで情報がありませんが、ドライブに行った先などでは何度か美味しい店の発見に役立ちました。

そんなにカレーばかり食べていて飽きないのか、という疑問もあるかもしれませんが、大抵の場合、家でカレーを作るとまとめてたくさん作ってしまうので何日か続くということが多いのではないでしょうか。そんな全く同じ味のカレーでも問題ないのですから、店によって様々な特徴のあるカレーであればそれぞれ楽しむことができます。また一口にカレーと言っても、本格的なインドカレーもあればホテルカレーや家庭的なカレーもあって実に幅広いものです。人それぞれの好みがありますが、私はどれも好きで広く楽しむことができるのはラッキーだと思っています。

なお、「毎日がカレー」の姉妹アプリで「毎日がラーメン」というものもあって、こちらの方がユーザー数も開発の活発さも上のようで、基本機能は同じですがラーメン店からの発信もできるようになっているなどの違いがあります。どちらも機能はシンプルで明快なので、今後複雑になりすぎずにいかに進化していくかが見ものかもしれません。