Archives

イチローMLB 3000安打達成

ついに!

アメリカ、メジャーリーグのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー選手が、昨日ついにメジャーリーグでの3000本安打の偉業を達成しました。今スポーツといえば世間はリオデジャネイロ・オリンピックでしょうが、その影でイチローはとうとうやってのけました。2998安打に来てから11打席ヒット無しと足踏みが続いていましたが、3000本目は3塁打というイチローらしい、史上2人目の珍しい記録です。

実は私自身は特に野球が好きというわけでもなく、むしろ日本のプロ野球は嫌いな方なのですが、イチローに限っては別です。彼の磨きぬかれた技術は練習に裏付けられ、考え抜かれたものです。最近もYouTubeでイチローの好プレーに見入っていたところですが、打ってよし、走ってよし、守ってよし、と野手としてこれほどまでに三拍子揃った選手が他にいる、いや過去にもいたのでしょうか。

イチローの3000本安打は42歳で達成されたということで、これまでの他の29人に比べて遅いと言われています。イチローの場合はMLBに移籍する前に日本のプロで9年間プレーして1278本のヒットを放っているわけですが、どちらが上とか下とかではなくNPBとMLBでは同じ野球でもかなり違うので、これを合算するのはまた意味が違うと私は思います。しかし時間はかかってしまいましたが、今回あくまでMLBで3000本という記録を達成したことで、イチローの凄さが紛れもないものになったというのは大きな意味があるのではないでしょうか。

それにしても、デトロイトにいる間にタイガーズの試合は5回ほど観戦に行っていて、日本人選手の姿も何度か見ているのですが、イチローの出る試合を見ることができなかったのは残念です。オリックス時代には観たはずなのですが、残念ながらその時には凄さを知らなかったのでよく覚えていません…

なにはともあれ、おめでとう!

NHL GameCenter

まだまだ観戦します。

アメリカから帰国するにあたって名残惜しい物はいくつもありましたが、その一つがホッケーが見られなくなるというものでした。学生時代の友人が一時期やっていて若干馴染みがあったというくらいで、渡米前はルールもよくわかっていなかったのに、すっかり夢中になってしまいました。それも職場のすぐ近くにホッケーのリンクがあって安く観戦出来たからなのでしょうが、そのPlymouth Whalersも昨シーズン末に身売りされて移転してしまったので、ある意味いいタイミングだったのかもしれません。

しかし、インターネットのおかげで世の中は大変便利になりました。NHLはGameCenterというインターネットの会員制サービスを提供していて、NHL各チームの全試合を生中継と録画とで見ることができるようになっているのです。会費はシーズンのどの時期から会員になるかで何段階かあるのですが、私は今回最初から入会したので$115ほどでした。これを高いと取るか安いと取るかはもちろん人それぞれ、どの程度ホッケーに思い入れがあるかによるのでしょうが、私はこれで一年間思う存分ホッケーが楽しめるのかと思えば安いくらいだろうと思います。

実はアメリカとカナダの場合、見ている地域でテレビの中継がある場合はその試合をライブで見ることはできません。テレビが有るならテレビで見ればいいじゃないかというのもごもっともですが、テレビは家族に占拠されているのでPCやタブレットで見たい、というのは叶わないわけで、この制約のない分、日本で会員になった方がちょっとだけお得なような気がしています。なお、このNHL GameCenterの対応端末はPC/MacやiOS、Androidのタブレットやスマートフォンの他、PS3/4、Xbox 360、Apple TVなど多岐にわたっていて、一つのアカウントでどの端末でも利用することができます。

ただ、日本でも生中継を見ることができるといっても、時差があるので通常現地の夜7:30頃から始まる試合は日本では朝8:30からなどということになってしまい、週末は午前中が暇ならば見ることができるものの、さすがに平日は見ることができません。結局、見るのは録画ばかりということになるかもしれません。録画の方が休憩時間などを飛ばしてくれるので見やすいということもあります。

しかし録画で見るとなった場合、結果を知らないまま観ればいいのでしょうが、結果はいち早く知りたくて見てしまう私の場合、いくら好きでも負けるとわかっている試合を見るのはちょっと気が進みません。したがって、このサービスをいかに有効に利用できるかは我がRed Wingsの頑張り次第ということになってしまうのかもしれません。プレイオフまで、全チームの全試合を見られるといっても、やっぱり見るのは贔屓のチームの試合ですよね。Red Wingsがプレイオフ決勝まで行ってくれたりしたら夢の様なんですが…でもそれはGameCenterとは関係なく、ですね。

Goon

これはホッケー映画?

私の趣味は何なのかと聞かれると、PCに関しては既に趣味の対象というよりは手放せない道具のようになっていますので、今は映画鑑賞とホッケー観戦が主なところでしょうか。その2つが趣味となれば、ホッケーを題材にした映画というのも観たくなるものですが、だいぶ前に観た「スラップ・ショット」あたりがその有名どころとなるでしょう。先日、ちょっと暇だった時にまたAmazon Instant Videoをブラウズしていたのですが、そこで”Goon“という作品があることを見つけたので、早速観てみることにしました。

Goon [Blu-ray]

バーの用心棒をしていた主人公が、好きなホッケーの試合を観に行った時に相手チームの選手を殴り倒したところを見た地元チームの監督に見初められ、スケートもろくにできないのにEnforcerとしてチームに招かれ、チームのためにという一心でチームメイトやファンの心をつかんでいく、というような話ですが、こう書いていても全く冗談としか思えないストーリーです。実際、ジャンルとしてはコメディなのでしょうが、面白おかしいというような話ではなく、クスリとした笑いあり、ちょっとした感動ありロマンスありの作品となっています。

ホッケーが題材ではあり、試合のシーンもあって主人公も試合に出てはいるのに、主人公はホッケーができない、というのもおかしな設定です。常識ではありえませんが、その技術の無さを用心棒の腕がカバーしている…にしてもひどい話です。しかし実はホッケーの世界ではEnforcerというのが非公式ながら実際に存在し、ここまであからさまに相手を潰しにはいかないものの、フィジカル対応を主な役割として期待されている選手が中にはいるようです。私も初めて観に行ったRed Wingsの試合で、試合開始の数秒後に殴り合いが始まった時には何が起こったのかさっぱりわかりませんでしたが、同じ試合で2回殴りに行っていましたから、その時の選手がまさにEnforcerだったということなのでしょう。

氷上の格闘技とも言われるアイスホッケーですが、私はこの殴り合いが好きではありません。しかしながら、何故か観客席はこの時が一番…とは言わないまでも得点した時の次くらいに盛り上がります。小さな子供たちまで”Fight! Fight!”という掛け声で囃し立てるのですが、どうしてなのでしょう。私は純粋にホッケーの技術で競うところを見たいのですが、そもそも”Fighting“という反則がある時点でそれがあることを前提にしていますよね…

それはともかく、ちょっと変わった映画でホッケー好き以外には楽しめるかどうかわかりませんが、Alison Pillが演じるヒロインのEvaも可愛らしくて思った以上には面白かったです。しかし続編も出るというのは驚きですが。