Archives

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

また来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港のATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー

スパイス好きにはたまらないはず。

つい先日、Instagramでハッシュタグをフォローすることができるようになり、これにより自分の関心のあるタグをフォローしておくことでプッシュ的に情報を得ることができるようになりました。これまでは自分がフォローしている人がフォローしている相手の中から関心のある写真をよく投稿している人をフォローする…という回りくどいやり方が必要でしたが、これからは自分のタイムラインに自動的に関心のある写真が入ってくるということになり、とても便利な機能ではないかと思います。そのためには適切なハッシュタグが付けられていることが重要になってきますが、私も早速美味しそうなカレーの店を見つけるために #curry というハッシュタグをフォローしてみたところ、カレーの写真に混じってNBAの現役最高のスタープレイヤーの一人、Stephen Curryの写真が入ってくるようになってしまいました。そんなことはありますが、これはなかなか素晴らしい機能追加です。

ところで、そんなカレー好きな私は地元では目ぼしい店はほとんど行き尽くしてしまっているのですが、神戸や大阪に行くとたくさんのカレー店があり、行ってみたい店がいくつもあります。そんな中でも特に優先順位が高いのが大阪は北浜というカレーの激戦区にあるColumbia8というところです。残念ながらまだここに行く機会はないのですが、写真を見ても独特でとても美味しそうなカレーはぜひ一度味わってみなければと思っています。

そんなところで驚いたのですが、ハウス食品と並ぶカレーの巨人、エスビー食品のレトルトカレーで、カレーの有名店の監修でその味を再現した「噂の名店カレー」シリーズの商品の一つとして、噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛という、まさしくColumbia8監修の商品が発売されたのです。製品パッケージに載せられた写真は紛れもなくInstagramで見たColumbia8のカレーそのもので、評判を聞いてもなかなか再現性は高いということだったのですぐにでも食べてみたいと思いました。しかし、残念ながら8月に発売されたというのに市内のスーパーにはなかなか入荷されず、スーパーを見つけてはカレー売り場をチェックするということを続けること3か月、諦めかけた頃にようやく見つけることができました。まあAmazonでは売っているので、今思えばさっさと買えばよかったのかもしれません。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個

posted with amazlet at 17.12.17

エスビー食品 売り上げランキング: 3,548

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで今日、ようやく食べることができたのですが、箱の中身は3つの袋に分かれていて、まずライスの上にスパイスの袋をあけ、その上から温めたレトルトのキーマカレーを回しがけ、さらにその上からカシューナッツをまぶすという構成です。このようなちょっと凝った形になっているおかげで、スパイスからは高い香りが立ち上り、ナッツのカリカリした歯ざわりも楽しいというものになっています。

これがどれくらいお店の味に近いのかはわからないのですが、少なくとも300円少々で購入できるレトルトカレーとしてはかなり満足感の高いものになっているのではないかと思います。Columbia8としても店の名前を出すからにはその名に恥じないものでなければ困りますし、エスビー食品としても下手なものを出すわけにいかず、難しい企画なのではないかと思いますが、見事に成し遂げたという感じでしょうか。私はこれで店に行かなくてもよいと思ったかというとそんなことはなく、むしろますます本物を食べたいという気持ちが強くなりました。しかし、同じ関西と言いながら大阪も近いようで100kmほど離れていますので、いつになったら行く機会があるかわかりませんが、近いうちに是が非でもと思っています。

宇治へドライブ

ここも観光客が沢山。

日本人なら小学生でも、二千円札の表の守礼門は知らなくても十円玉の表の平等院鳳凰堂は知っているのではないかと思います。しかし実は私は、この平等院が京都市外の京都府のどこかにあるということはなんとなく想像していましたが、それが宇治であるということはつい最近まではっきり知りませんでした。そうなのか、それなら一度行ってみよう、ということで思い立って、海の日の三連休中日の日曜日に行ってみることにしました。

宇治は京都市の南側にあり、私の自宅からは130kmほどの距離になりますが、高速道路を利用しない場合は神戸・大阪の大都市郊外の住宅地を抜けていかなければならず、どうしても距離の割りに時間がかかってしまいます。ケチらずに高速を使えばいいのに、と思われるかもしれませんが、これはただケチなのではなく、高速道路は運転していてもまったく楽しくないので、運転が主目的な私にとってそれではそもそも意味が無いのです。

ということで、朝9時過ぎという私には珍しくゆっくり目の出発となったのですが、まず最初に途中の枚方市で昼食を摂りました。このあたりはまったく土地勘もなく、調べてみるまで知っている店もなかったのですが、見つけたのが京阪交野線宮之阪駅の目の前にあるカレー喫茶 エルディオスというカレー店です。こちらでは2種類のカレーとそのあいがけが選べたのですが、さらに「インスタ盛り」なるものが選べます。色鮮やかな野菜のトッピングがたくさん載ってInstagramに映えるというものですが、数量超限定ということですし、もちろん私も選びました。カレーはあいがけで1000円でしたが、このインスタ盛りがプラス300円というのは安すぎるのではないでしょうか。会計時に店長さんにそのまま伝えたところ、「野菜は安く仕入れているので…」とのことでしたが、これだけの種類を作るのだって大変なはずです。カレーもとても美味しかったので、無理せず続けてほしいと思います。私が次に行くのはいつになるかわかりませんが、この方面に行くときにはぜひ立ち寄りたいものです。

カレーに満足したところで宇治へと向かいます。車は平等院の近くのコインパーキングに停めようと思っていたのですが、どこも1時間600円程度と非常に高くてびっくりしてしまいます。しかし、JR宇治駅のロータリー内にある市営駐車場は30分100円とだいぶ割安なのに気付いたのでこちらに停めました。ちょっと歩かなければならないものの、商店街を眺めながら歩けばいいので大した距離ではありません。収容台数は十数台だけなので運が良くないと停められないかもしれませんが、空きがあればお薦めです。

さて、駅前から平等院までは、左右に見える宇治の緑茶にちなんだスイーツを横目にぶらぶら歩いて10〜15分ほどです。着いてみると入り口に行列ができていましたが、これは係の方の応対がもったいないくらいに丁寧すぎるためのようです。庭園と平等院ミュージアムが込みとなっている拝観料は600円ですが、鳳凰堂内部の拝観は別途300円が必要になります。しかし、この日すでに1時間半待ちとなっていたので、私はあまりゆっくりしていられないので内部はやめました。

鳳凰堂を見て最初に感じたのはイメージよりも朱色が鮮やかであるということですが、これは3年前に終わったという修理工事で塗装が新しくなっているからで、私が写真で見たのはそれ以前のもので黒ずんでしまったものだったようです。歴史の重みを感じるのは難しくなってしまいましたが、当時の姿を知ることができるということになるでしょうか。

私がちょっと辟易してしまったのは、内部を拝観する人の一団が堂々と正面から入るため、ズラズラと並んで歩いていたり、内部を見回している姿がどうしても写真に入ってしまうということです。なんとかその切れ目を狙って誰も写り込まないような写真を撮りたかったのですが、入れ替わりは合間なく行われてしまっていたのでうまく行きませんでした。そういう写真は特別にセッティングされた状況でなければ撮れないということなのでしょうか。開門が8:30、内部の拝観は9:10から受付なので、その間がチャンスということかもしれないので、紅葉の季節にでも早朝から出掛けて狙ってみるかもしれません。

このあとは宇治川に浮かぶ塔の島、橘島からなる宇治公園を通って、宇治神社と宇治上神社へも行ってみました。旧社格は宇治神社の方が上ですが、宇治上神社の方は国宝に指定されている本殿が現存する最古の神社建築で平安時代のものとのことで、またこちらの方が雰囲気もあって良い感じでした。観光客で溢れていないというのが良いのかもしれません。

本当はこのあと「インスタ映え」する抹茶スイーツを食べて帰ろうと思っていたのですが、炎天下を歩いた上に店で待つ沢山の人を見て食欲も失せてしまい、コンビニで飲み物だけ買って帰ってきてしまいました。なお、平等院の周辺にはコンビニが無く、駅前まで行かないといけないので気を付けてください。私は手持ちの現金がなくなったので引き出そうと思ったのですが、結局駅まで戻らないと無かったのでおみやげも買いそびれてしまいました。