Archives

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクー、ロシアのエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)

posted with amazlet at 18.10.08

平野 暁臣 青春出版社 売り上げランキング: 293,802

Amazon.co.jpで詳細を見る

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

また来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港のATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー

スパイス好きにはたまらないはず。

つい先日、Instagramでハッシュタグをフォローすることができるようになり、これにより自分の関心のあるタグをフォローしておくことでプッシュ的に情報を得ることができるようになりました。これまでは自分がフォローしている人がフォローしている相手の中から関心のある写真をよく投稿している人をフォローする…という回りくどいやり方が必要でしたが、これからは自分のタイムラインに自動的に関心のある写真が入ってくるということになり、とても便利な機能ではないかと思います。そのためには適切なハッシュタグが付けられていることが重要になってきますが、私も早速美味しそうなカレーの店を見つけるために #curry というハッシュタグをフォローしてみたところ、カレーの写真に混じってNBAの現役最高のスタープレイヤーの一人、Stephen Curryの写真が入ってくるようになってしまいました。そんなことはありますが、これはなかなか素晴らしい機能追加です。

ところで、そんなカレー好きな私は地元では目ぼしい店はほとんど行き尽くしてしまっているのですが、神戸や大阪に行くとたくさんのカレー店があり、行ってみたい店がいくつもあります。そんな中でも特に優先順位が高いのが大阪は北浜というカレーの激戦区にあるColumbia8というところです。残念ながらまだここに行く機会はないのですが、写真を見ても独特でとても美味しそうなカレーはぜひ一度味わってみなければと思っています。

そんなところで驚いたのですが、ハウス食品と並ぶカレーの巨人、エスビー食品のレトルトカレーで、カレーの有名店の監修でその味を再現した「噂の名店カレー」シリーズの商品の一つとして、噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛という、まさしくColumbia8監修の商品が発売されたのです。製品パッケージに載せられた写真は紛れもなくInstagramで見たColumbia8のカレーそのもので、評判を聞いてもなかなか再現性は高いということだったのですぐにでも食べてみたいと思いました。しかし、残念ながら8月に発売されたというのに市内のスーパーにはなかなか入荷されず、スーパーを見つけてはカレー売り場をチェックするということを続けること3か月、諦めかけた頃にようやく見つけることができました。まあAmazonでは売っているので、今思えばさっさと買えばよかったのかもしれません。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個

posted with amazlet at 17.12.17

エスビー食品 売り上げランキング: 3,548

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで今日、ようやく食べることができたのですが、箱の中身は3つの袋に分かれていて、まずライスの上にスパイスの袋をあけ、その上から温めたレトルトのキーマカレーを回しがけ、さらにその上からカシューナッツをまぶすという構成です。このようなちょっと凝った形になっているおかげで、スパイスからは高い香りが立ち上り、ナッツのカリカリした歯ざわりも楽しいというものになっています。

これがどれくらいお店の味に近いのかはわからないのですが、少なくとも300円少々で購入できるレトルトカレーとしてはかなり満足感の高いものになっているのではないかと思います。Columbia8としても店の名前を出すからにはその名に恥じないものでなければ困りますし、エスビー食品としても下手なものを出すわけにいかず、難しい企画なのではないかと思いますが、見事に成し遂げたという感じでしょうか。私はこれで店に行かなくてもよいと思ったかというとそんなことはなく、むしろますます本物を食べたいという気持ちが強くなりました。しかし、同じ関西と言いながら大阪も近いようで100kmほど離れていますので、いつになったら行く機会があるかわかりませんが、近いうちに是が非でもと思っています。