Archives

第45回東京モーターショー2017

車の売りは何なのか。

学生時代から、おそらく運転免許を取得してから自動車好きとなり、それが高じてなのか何なのか一応自動車関係の仕事をしている私にとって、東京モーターショーといえば2年に一度のお祭のようなもので、以前は毎回欠かさず見に行っていました。しかしそれも2005年の第39回までのことで、理由は忘れましたが2007年には行かず、そして2008年のリーマンショックの直撃を受けた2009年の第41回では規模が大幅に縮小されて海外メーカーのほとんどが出展を取りやめてしまったこともあって入場者数が激減するという大変な年でした。私は主に輸入車を楽しみにしていたのですっかり意気消沈してしまい、このあとも自然消滅的に見に行かなくなってしまったのでした。しかし今年はなぜかふと思い立ち、2005年以来5回12年ぶりに足を運んでみました。

私が行っていた頃の会場は幕張メッセだったのですが、東京ビッグサイトができて移転してからの参加も初めてとなります。そういえば晴海の東京国際見本市会場へも父に連れられて行ったのをなんとなく覚えています。東京ビッグサイト自体には他のイベントで何度か行ったことがありますが、ここはホールが東西に分かれてしまっていて渡り廊下がちょっと長いので、その点はだだっ広い幕張メッセの方が良かったような気がします。私はJR埼京線から直通のりんかい線に乗って行ったのですが、開場が9時だと思い込んでいてちょうど9時に到着する電車で行ったため、会場前で1時間近く待つはめになってしまいました。しかし、開場時刻にはかなり多くの人が並んでいたので、結果的にスムーズに入場できたのは災い転じて福となすということでしょうか。

今回、まずは一番混みそうなトヨタを最初に見ておこう、と行ってみたのですが、ここでまず失望を味わうことになりました。そもそも私はトヨタ車が好きではないのですが、それは別として、がっかりしたのは技術展示が「まったく」無いということでした。市販車を見るならショールームにでも行けばいいことですし、コンセプトカーのハリボテを見ても私には何も面白いことがありません。そのコンセプトカーにどのような技術が込められているのか、というのが見たいところなのではないでしょうか。

しかしこれはトヨタに限ったことではありませんでした。他の多くの自動車メーカーが似たようなもので、ただ一社違っていたのがマツダです。マツダブース内で一番の人だかりができていたのはコンセプトカーでもレース仕様車でもなく、SKYACTIV-Xのエンジンです。SPCCI(火花点火制御圧縮着火)なる新しい燃焼方式で究極の燃焼効率を目指しているもので、技術そのものへの関心のみならず、純粋に技術で勝負している姿勢も多くの来場者の注目を集めていたのではないでしょうか。

また、今回の各社のブースではVRを使用した展示がかなり目立っていて、どこでも順番待ちの行列ができていました。しかし、これは目新しさで人を集めているだけで、コンテンツはともかくVR自体は自動車の技術とは直接関係のないものなので、私には白けるばかりでした。ただ、列に並ぶ気になれず体験していないので、実際に見てみるといいものだったりしたのかもしれませんが、そんなに並ばなければわからないようなものが良い展示であるとは言えないと思います。

ちなみに、実は一番楽しみにしていたMINIが出展していないというのは行ってみてから知ったという愚かしさで、今回は下調べをあまりにサボりすぎたと少々反省しています。しかし、一応一通りカーメーカーのブースは見て回りましたが、若い頃のように心躍るようなものはなくて、もう次はやっぱりこないかな…という感じです。インターネットのおかげで会場に行かないとわからないような情報はほとんどありませんしね。

佐藤琢磨 Indy 500 優勝

本当におめでとう!!

日本のF1人気もすっかり下火になってしまい、世界的にもモータースポーツの人気は下降気味ということですが、若者のクルマ離れもさることながらプリウスが最も売れてミニバンやトールワゴンばかりが人気という状況では走りを楽しむという人も少ないでしょうから無理もありません。

しかしこれは快挙です。

先週の日曜日に決勝レースが行われたIndy 500で佐藤琢磨選手が優勝しました。日本ではほとんど注目されないIndy 500ですが、第101回となる歴史あるレースであり、F1モナコGP、ル・マン24時間耐久レースとならんで世界三大レースの一つとされる伝統あるものです。そこでの日本人初、アジア人初の優勝というのは手放しで称えるべきものです。佐藤琢磨にとっては2013年のThe Toyota Grand Prix of Long Beachに続くIndycarシリーズ二度目の優勝となりますが、シリーズ最高の大舞台でとなる今回は本人にとっても格別の喜びではないでしょうか。

2010年からIndycarに参戦している琢磨は年齢的にも今年で40歳となり、ベテランの部類に入ってきているかと思いますが、どうしても戦績は安定しませんでした。度々いいところまで上がってきてもリタイアしてしまったり、特に2012年のIndy 500では2位でファイナルラップに入り、トップに並びかけたもののバランスを失ってスピンしてしまい、17位で終わるという大変惜しい結果となったりしていました。しかしついに結果を出したというわけです。

今回は予選から好調だったので私もちょっと期待していたのですが、こんなことが起こるならリアルタイムに観戦すべきでした。Indy 500は私も2013年と2015年に観戦しているのですが、もしも生でこんな結果を見ていたらどれだけ興奮・感激したことか、それを想像するだけでも鳥肌が立ちそうです。現地で観戦していた日本人も少なからずいるでしょうが、そんな人達が羨ましくてなりません。

このニュースを目にしてから、ふと思い出してBAR Honda時代のキャップを引っ張り出してかぶってみたのですが、コットン製のため洗濯して縮んでしまったのか頭の上に乗せているだけのようになってしまい、とても外を歩けるような感じではなくなってしまいました。さすがに12年も前のものですし無理もありませんね。

それはともかく、琢磨もこれで胸を張ってIndy転向は成功だったと言えるのではないでしょうか。ついでに日本でのIndyの認知度も上がるとちょっとだけ嬉しいのですが…

ブリッジワールド

これも「日本は凄かった」の一つ。

2017年のゴールデンウィーク前半、特に西日本は天候に恵まれ真夏日となることもあるほどの陽気ですが、皆さんは有意義な休暇をお過ごしでしょうか。私の勤務先は工場の生産ラインの都合上、4月29日の昭和の日が土曜日なのでその前日も休みになって、5月7日までの10連休となっているのですが、残念ながら29日から体調を崩して3日も寝込んでしまい、折り返し点を過ぎた今日になってようやく体調がほぼ戻ったというような状況です。せっかくの休みがもったいないとも言えますが、逆に仕事を気にせず休むことができて良かったと思っています。しかし実は1日2日には一人で1泊ドライブ旅行に行く予定でいたので、それを泣く泣くキャンセルすることになってしまったのだけは、特にその2日間が絶好のドライブ日和だっただけに悔しくて仕方ありません。

というようなことを言っていても仕方がないのでそれは近いうちに取り返すこととして、その寝込んでしまう前日、実はすでに不調の兆しはあったものの行ってきたのがブリッジワールドというものです。本州四国連絡高速道路株式会社(JB本四高速)が行っている、明石海峡大橋を学ぶツアーで、もう何年も前から続いているのでそう珍しいものでもないのですが、最後は主塔の最上部まで登れるというので人気があるようで、私はたまたま1名分だけ空きができているのを見つけて申し込んでみました。私が長男と二人で2010年に参加した瀬戸大橋スカイツアーの明石海峡大橋版と言えるのですが、瀬戸大橋の方は人数や回数がかなり限定されていて倍率五倍以上の抽選で、その代わりに参加費は無料だったと思いますが、今回は3000円が必要です。

他にも違いはいろいろあって、明石では誓約書を書いたり注意事項の説明を受けたりしたあとで最初に橋の科学館で展示を前に橋の工法などについての説明があります。一人ひとりにトランシーバー受信機が渡されて説明が聞けるのですが、ここでもその後でも説明は非常に丁寧で詳しく、またちょっと離れていてもしっかり聞けるのがとても良かったと思います。

このあとはすぐ向かいのアンカレイジの中へ入りますが、がらんどうだった瀬戸大橋と違い、こちらは舞子海上プロムナードという展望施設になっているので普通のビルのようです。しかしツアーの一行はそこから管理用通路に出てしまい、ちょうど1kmほど歩いて主塔へ向かうことになります。ここも瀬戸大橋と大きく違うのは鉄道が走っていないので静かで広々していることで、中央に車両も通れる大きな通路があるので皆でそこを歩きます。瀬戸大橋のときには「ところどころかがんで通らなければならないところがあり」と書いていますが、そのようなことは一切ありません。

主塔に着くといよいよ4班に別れてエレベーターに乗り込み、塔頂部の横桁部分に向かいます。瀬戸大橋とは高さが100メートル以上違い、登った部分の高さは海抜289mにもなります。実は私は行ったことがありませんが、海面からの高さは東京タワーの特別展望台250mよりも高いということになります。私が工事中に行っただけで完成してから入ったことがない東京スカイツリーの天望デッキ350mには負けますが、吹きっさらしで、頭を出して真下を覗けるという点で緊張感は大違いです。高所恐怖症の人などは絶対に参加してはいけないツアーですが、と言うより行こうとも思わないでしょうが、写真を撮ってもらっていてもっと端に寄るように言われたおじさんが「ここここわいんですけど」とマンガのように吃っていてちょっと可愛かったです。

上からの眺めでは高さ以外に本州から直接橋が架かっているので神戸側の住宅街が近いというのが瀬戸大橋との大きな違いです。沖に1km出ているわけですが、高さがあるために視線の角度は下向きになるので、実際以上に近く感じて、結果的により高さが強調されるような感じになるのではないでしょうか。それにしてもこの日も天気が良くて塔頂部でもほぼ無風で、太陽に照らされた海の深い青と空の青さとで、とても気持ちのいい眺めでした。

ということで、最後には上で撮った記念写真などももらいましたが、何しろ丁寧で聞きやすい説明がとても素晴らしく、私には3000円以上の価値があったと思います。もちろんそれは土木建築などにどれだけ興味を持っているかにかかっているわけですが、興味のある人だけが申し込めばよいのではないでしょうか。また、瀬戸大橋での経験があったので比較してより一層楽しめたということもあります。ただ、ここでも「過去の日本の栄光」にすがっているような気がして、そういう感情的なところは出さずに淡々とやってくれればもっといいのにと思いましたが、説明員の方々も元技術者という人たちでしょうから、なんとかしたいという思いは隠せないのかもしれません。

ちなみに私が兵庫県に移住してきたときにはここに舞子タワーというものがあって、どうしてこんなものがあるのかと思って見ていたのですが、今思えば一度は登ってみるべきでした。びわ湖タワーと同じような老朽化した施設だと勝手に思い込んでいて、実は当時まだ開業2年、そしてわずか10年で撤去されてしまったのだとはつい最近まで知らなかったのです。しかしそもそも、目の前の国道を何度も通っていながら、なぜ当時建設中の橋を見に行こうと思わなかったのか、今さらながら自分の愚かしさにがっかりしてしまいます。まあ当時は公私ともいろいろ忙しかったのですけどね。