Archives

佐藤琢磨 Indy 500 優勝

本当におめでとう!!

日本のF1人気もすっかり下火になってしまい、世界的にもモータースポーツの人気は下降気味ということですが、若者のクルマ離れもさることながらプリウスが最も売れてミニバンやトールワゴンばかりが人気という状況では走りを楽しむという人も少ないでしょうから無理もありません。

しかしこれは快挙です。

先週の日曜日に決勝レースが行われたIndy 500で佐藤琢磨選手が優勝しました。日本ではほとんど注目されないIndy 500ですが、第101回となる歴史あるレースであり、F1モナコGP、ル・マン24時間耐久レースとならんで世界三大レースの一つとされる伝統あるものです。そこでの日本人初、アジア人初の優勝というのは手放しで称えるべきものです。佐藤琢磨にとっては2013年のThe Toyota Grand Prix of Long Beachに続くIndycarシリーズ二度目の優勝となりますが、シリーズ最高の大舞台でとなる今回は本人にとっても格別の喜びではないでしょうか。

2010年からIndycarに参戦している琢磨は年齢的にも今年で40歳となり、ベテランの部類に入ってきているかと思いますが、どうしても戦績は安定しませんでした。度々いいところまで上がってきてもリタイアしてしまったり、特に2012年のIndy 500では2位でファイナルラップに入り、トップに並びかけたもののバランスを失ってスピンしてしまい、17位で終わるという大変惜しい結果となったりしていました。しかしついに結果を出したというわけです。

今回は予選から好調だったので私もちょっと期待していたのですが、こんなことが起こるならリアルタイムに観戦すべきでした。Indy 500は私も2013年と2015年に観戦しているのですが、もしも生でこんな結果を見ていたらどれだけ興奮・感激したことか、それを想像するだけでも鳥肌が立ちそうです。現地で観戦していた日本人も少なからずいるでしょうが、そんな人達が羨ましくてなりません。

このニュースを目にしてから、ふと思い出してBAR Honda時代のキャップを引っ張り出してかぶってみたのですが、コットン製のため洗濯して縮んでしまったのか頭の上に乗せているだけのようになってしまい、とても外を歩けるような感じではなくなってしまいました。さすがに12年も前のものですし無理もありませんね。

それはともかく、琢磨もこれで胸を張ってIndy転向は成功だったと言えるのではないでしょうか。ついでに日本でのIndyの認知度も上がるとちょっとだけ嬉しいのですが…

ブリッジワールド

これも「日本は凄かった」の一つ。

2017年のゴールデンウィーク前半、特に西日本は天候に恵まれ真夏日となることもあるほどの陽気ですが、皆さんは有意義な休暇をお過ごしでしょうか。私の勤務先は工場の生産ラインの都合上、4月29日の昭和の日が土曜日なのでその前日も休みになって、5月7日までの10連休となっているのですが、残念ながら29日から体調を崩して3日も寝込んでしまい、折り返し点を過ぎた今日になってようやく体調がほぼ戻ったというような状況です。せっかくの休みがもったいないとも言えますが、逆に仕事を気にせず休むことができて良かったと思っています。しかし実は1日2日には一人で1泊ドライブ旅行に行く予定でいたので、それを泣く泣くキャンセルすることになってしまったのだけは、特にその2日間が絶好のドライブ日和だっただけに悔しくて仕方ありません。

というようなことを言っていても仕方がないのでそれは近いうちに取り返すこととして、その寝込んでしまう前日、実はすでに不調の兆しはあったものの行ってきたのがブリッジワールドというものです。本州四国連絡高速道路株式会社(JB本四高速)が行っている、明石海峡大橋を学ぶツアーで、もう何年も前から続いているのでそう珍しいものでもないのですが、最後は主塔の最上部まで登れるというので人気があるようで、私はたまたま1名分だけ空きができているのを見つけて申し込んでみました。私が長男と二人で2010年に参加した瀬戸大橋スカイツアーの明石海峡大橋版と言えるのですが、瀬戸大橋の方は人数や回数がかなり限定されていて倍率五倍以上の抽選で、その代わりに参加費は無料だったと思いますが、今回は3000円が必要です。

他にも違いはいろいろあって、明石では誓約書を書いたり注意事項の説明を受けたりしたあとで最初に橋の科学館で展示を前に橋の工法などについての説明があります。一人ひとりにトランシーバー受信機が渡されて説明が聞けるのですが、ここでもその後でも説明は非常に丁寧で詳しく、またちょっと離れていてもしっかり聞けるのがとても良かったと思います。

このあとはすぐ向かいのアンカレイジの中へ入りますが、がらんどうだった瀬戸大橋と違い、こちらは舞子海上プロムナードという展望施設になっているので普通のビルのようです。しかしツアーの一行はそこから管理用通路に出てしまい、ちょうど1kmほど歩いて主塔へ向かうことになります。ここも瀬戸大橋と大きく違うのは鉄道が走っていないので静かで広々していることで、中央に車両も通れる大きな通路があるので皆でそこを歩きます。瀬戸大橋のときには「ところどころかがんで通らなければならないところがあり」と書いていますが、そのようなことは一切ありません。

主塔に着くといよいよ4班に別れてエレベーターに乗り込み、塔頂部の横桁部分に向かいます。瀬戸大橋とは高さが100メートル以上違い、登った部分の高さは海抜289mにもなります。実は私は行ったことがありませんが、海面からの高さは東京タワーの特別展望台250mよりも高いということになります。私が工事中に行っただけで完成してから入ったことがない東京スカイツリーの天望デッキ350mには負けますが、吹きっさらしで、頭を出して真下を覗けるという点で緊張感は大違いです。高所恐怖症の人などは絶対に参加してはいけないツアーですが、と言うより行こうとも思わないでしょうが、写真を撮ってもらっていてもっと端に寄るように言われたおじさんが「ここここわいんですけど」とマンガのように吃っていてちょっと可愛かったです。

上からの眺めでは高さ以外に本州から直接橋が架かっているので神戸側の住宅街が近いというのが瀬戸大橋との大きな違いです。沖に1km出ているわけですが、高さがあるために視線の角度は下向きになるので、実際以上に近く感じて、結果的により高さが強調されるような感じになるのではないでしょうか。それにしてもこの日も天気が良くて塔頂部でもほぼ無風で、太陽に照らされた海の深い青と空の青さとで、とても気持ちのいい眺めでした。

ということで、最後には上で撮った記念写真などももらいましたが、何しろ丁寧で聞きやすい説明がとても素晴らしく、私には3000円以上の価値があったと思います。もちろんそれは土木建築などにどれだけ興味を持っているかにかかっているわけですが、興味のある人だけが申し込めばよいのではないでしょうか。また、瀬戸大橋での経験があったので比較してより一層楽しめたということもあります。ただ、ここでも「過去の日本の栄光」にすがっているような気がして、そういう感情的なところは出さずに淡々とやってくれればもっといいのにと思いましたが、説明員の方々も元技術者という人たちでしょうから、なんとかしたいという思いは隠せないのかもしれません。

ちなみに私が兵庫県に移住してきたときにはここに舞子タワーというものがあって、どうしてこんなものがあるのかと思って見ていたのですが、今思えば一度は登ってみるべきでした。びわ湖タワーと同じような老朽化した施設だと勝手に思い込んでいて、実は当時まだ開業2年、そしてわずか10年で撤去されてしまったのだとはつい最近まで知らなかったのです。しかしそもそも、目の前の国道を何度も通っていながら、なぜ当時建設中の橋を見に行こうと思わなかったのか、今さらながら自分の愚かしさにがっかりしてしまいます。まあ当時は公私ともいろいろ忙しかったのですけどね。

IIJmio meeting 15 大阪会場

かなりマニアックでした。

我が家では一昨年の帰国以来、通信環境が携帯電話にIIJmioみおふぉん、インターネット接続にはIIJmioひかりというIIJmio独占体制となっているのですが、平日の昼休み時間帯のデータ通信と夜9時以降のインターネット接続の混雑が激しく速度が著しく低下する以外、特に不満を感じていません。

まあ、「以外」とは言ったもののかなり致命的な問題ではあるのですが、これはどの会社を選んでも同じような状況で誰でも感じていることでしょうし、夜の通信速度が遅いとは言ってもアメリカにいた頃のCATVのピーク速度よりもまだ速いので、単に上を見れば切りがないということかと思います。また、我が家の場合はマンションのVDSLがボトルネックとなっている可能性もあり、その場合はどこかが戸別に光回線を引いてくれるようになるまではどうしようもないでしょう。

ところで、IIJでは3ヶ月に一度、東京都大阪の2か所でIIJmio meetingなるイベントを開催しています。曰く、

IIJmioの開発・運用・サポートを行っている中の人と、スマホやMVNOに興味がある皆さんとでざっくばらんにお話しするフリートークや、スマートフォン・モバイル通信に関する技術・法律の話題を紹介するトークセッションを開催しています。

とのことで、どのような話になるのか今ひとつわからなかったものの、ちょっと興味を感じたのでIIJmio meeting 15 大阪会場に申し込んでみました。それが2週間ほど前のことだったのですが、その後参加が受け付けられたのかどうか確認のメールなどもなかったためすっかり忘れてしまっていて、前日の金曜日になって「このメッセージを受け取られた方は、会場でご参加頂くことが可能です。」というメールが届いて慌ててしまいました。幸い特に予定を入れていなかったため急遽参加することにしましたが、しっかりカレンダーなどに登録しておくべきだったと反省しています。

それはともかく、会場は大阪梅田グランフロント大阪内のナレッジキャピタルというところです。私の自宅最寄り駅である姫路駅から大阪駅までは90kmほどの距離があるのですが、JR神戸線新快速に乗るとちょうど1時間ほどで着いてしまうので、首都圏での距離感とはだいぶ異なると思います。とはいえ、運賃は距離の分だけ必要なので経済的な障壁はそれなりにあります。

大阪駅到着後に腹ごしらえを済ませてから会場へと向かい、受付を済ませて中へ入ると、ひっそりしたフロアの中でその一室だけが熱気に満ちていました。今回で15回目となるイベントながら私は初参加なので少々状況が掴めずにいましたが、席について開会を待ちました。席には1枚ものの簡単な資料とアンケート用紙、協賛のHUAWEIのパンフレットと一緒に、SIMカードの形を忠実に再現した特製オリジナルクリップが配布されていました。そのちょっとした裏話がありましたが、ちょうど良いツカミになっていたように思います。

プログラムはIIJの堂前氏の司会進行で進められましたが、まず初心者セッションとして「みおふぉん教室『SIMロックを解除してau, SoftBankのスマホを使うとどうなるのか?』」という堂前氏の話から始まりました。SIMフリーとして売られているスマートフォンではなく、三大キャリアから購入したもののSIMロック解除の仕方、解除後にどのタイプのIIJmioのSIMカードが使えるのか、といったようなことを笑いを交えてわかりやすく、時にマニアックな情報も付け加えながら話していただけて、とても興味を持って聞くことができました。

休憩を挟んでその次は競合するライバルのmineoから上田氏、杉野氏のお二人と、IIJの佐々木氏と堂前氏による「mineo × IIJmio スペシャルトーク」と題したトークセッションでしたが、ITmedia mobile編集長の田中氏のモデレーションにより様々なトピックに対するそれぞれの考え方を聞くことができて、これもなかなか面白い内容だったと思います。mineoを運営するk-opti.comが関西電力参加の企業であり大阪を拠点としているためか、このセッションは大阪会場のみとなっていて、代わりに東京会場では総務省の方からの講演があるようです。

最後は佐々木氏による「IIJの目指すフルMVNOサービス」という内容の「中級者〜上級者向け」というセッションでしたが、これは難しいというよりもとても堅い話で、私もちょっと関心を持つことができませんでした。ただ、「フルMVNO」というのが何のことを指しているのか、それによってIIJは何を得てどうサービスが変わっていくのか、ということは理解できたので一応内容は伝わっているのではないでしょうか。

その後、HUAWEI nova liteを賭けてのジャンケン大会と、質疑応答の時間がありましたが、会場から次々と質問が出てくるのは凄いと思いました。ただ、どういう関心を持ってそういう質問をしているのか、それを知ってどうするのかというような質問もあって、私にはそれがちょっと理解できないところがありました。結局、この人達はそういう方面のマニアなのだろうと解釈して納得しましたが、本当のところはどうなのでしょう。

ということで一通りの内容が終わり、この後懇親会もあるということでしたが私は苦手なのでさっさと退散しました。今回とにかく感心したのは堂前氏のいわゆるマシンガントークで、とにかくとめどなく言葉が溢れてくる流暢な喋りに自社の製品・サービスに対する愛と熱意を感じました。氏は技術広報担当課長とのことですが、エンジニアがそういう職についているというのはあまりないことではないでしょうか。それとも技術を売りにする会社にはあたり前のことなのでしょうか。

なお、今回の資料は一週間後の東京会場が終わったところでIIJmio meeting ARCHIVEの方で公開されるそうですし、また東京会場の様子はインターネット中継も行われるということなので、関心のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。