Archives

IIJmio meeting 15 大阪会場

かなりマニアックでした。

我が家では一昨年の帰国以来、通信環境が携帯電話にIIJmioみおふぉん、インターネット接続にはIIJmioひかりというIIJmio独占体制となっているのですが、平日の昼休み時間帯のデータ通信と夜9時以降のインターネット接続の混雑が激しく速度が著しく低下する以外、特に不満を感じていません。

まあ、「以外」とは言ったもののかなり致命的な問題ではあるのですが、これはどの会社を選んでも同じような状況で誰でも感じていることでしょうし、夜の通信速度が遅いとは言ってもアメリカにいた頃のCATVのピーク速度よりもまだ速いので、単に上を見れば切りがないということかと思います。また、我が家の場合はマンションのVDSLがボトルネックとなっている可能性もあり、その場合はどこかが戸別に光回線を引いてくれるようになるまではどうしようもないでしょう。

ところで、IIJでは3ヶ月に一度、東京都大阪の2か所でIIJmio meetingなるイベントを開催しています。曰く、

IIJmioの開発・運用・サポートを行っている中の人と、スマホやMVNOに興味がある皆さんとでざっくばらんにお話しするフリートークや、スマートフォン・モバイル通信に関する技術・法律の話題を紹介するトークセッションを開催しています。

とのことで、どのような話になるのか今ひとつわからなかったものの、ちょっと興味を感じたのでIIJmio meeting 15 大阪会場に申し込んでみました。それが2週間ほど前のことだったのですが、その後参加が受け付けられたのかどうか確認のメールなどもなかったためすっかり忘れてしまっていて、前日の金曜日になって「このメッセージを受け取られた方は、会場でご参加頂くことが可能です。」というメールが届いて慌ててしまいました。幸い特に予定を入れていなかったため急遽参加することにしましたが、しっかりカレンダーなどに登録しておくべきだったと反省しています。

それはともかく、会場は大阪梅田グランフロント大阪内のナレッジキャピタルというところです。私の自宅最寄り駅である姫路駅から大阪駅までは90kmほどの距離があるのですが、JR神戸線新快速に乗るとちょうど1時間ほどで着いてしまうので、首都圏での距離感とはだいぶ異なると思います。とはいえ、運賃は距離の分だけ必要なので経済的な障壁はそれなりにあります。

大阪駅到着後に腹ごしらえを済ませてから会場へと向かい、受付を済ませて中へ入ると、ひっそりしたフロアの中でその一室だけが熱気に満ちていました。今回で15回目となるイベントながら私は初参加なので少々状況が掴めずにいましたが、席について開会を待ちました。席には1枚ものの簡単な資料とアンケート用紙、協賛のHUAWEIのパンフレットと一緒に、SIMカードの形を忠実に再現した特製オリジナルクリップが配布されていました。そのちょっとした裏話がありましたが、ちょうど良いツカミになっていたように思います。

プログラムはIIJの堂前氏の司会進行で進められましたが、まず初心者セッションとして「みおふぉん教室『SIMロックを解除してau, SoftBankのスマホを使うとどうなるのか?』」という堂前氏の話から始まりました。SIMフリーとして売られているスマートフォンではなく、三大キャリアから購入したもののSIMロック解除の仕方、解除後にどのタイプのIIJmioのSIMカードが使えるのか、といったようなことを笑いを交えてわかりやすく、時にマニアックな情報も付け加えながら話していただけて、とても興味を持って聞くことができました。

休憩を挟んでその次は競合するライバルのmineoから上田氏、杉野氏のお二人と、IIJの佐々木氏と堂前氏による「mineo × IIJmio スペシャルトーク」と題したトークセッションでしたが、ITmedia mobile編集長の田中氏のモデレーションにより様々なトピックに対するそれぞれの考え方を聞くことができて、これもなかなか面白い内容だったと思います。mineoを運営するk-opti.comが関西電力参加の企業であり大阪を拠点としているためか、このセッションは大阪会場のみとなっていて、代わりに東京会場では総務省の方からの講演があるようです。

最後は佐々木氏による「IIJの目指すフルMVNOサービス」という内容の「中級者〜上級者向け」というセッションでしたが、これは難しいというよりもとても堅い話で、私もちょっと関心を持つことができませんでした。ただ、「フルMVNO」というのが何のことを指しているのか、それによってIIJは何を得てどうサービスが変わっていくのか、ということは理解できたので一応内容は伝わっているのではないでしょうか。

その後、HUAWEI nova liteを賭けてのジャンケン大会と、質疑応答の時間がありましたが、会場から次々と質問が出てくるのは凄いと思いました。ただ、どういう関心を持ってそういう質問をしているのか、それを知ってどうするのかというような質問もあって、私にはそれがちょっと理解できないところがありました。結局、この人達はそういう方面のマニアなのだろうと解釈して納得しましたが、本当のところはどうなのでしょう。

ということで一通りの内容が終わり、この後懇親会もあるということでしたが私は苦手なのでさっさと退散しました。今回とにかく感心したのは堂前氏のいわゆるマシンガントークで、とにかくとめどなく言葉が溢れてくる流暢な喋りに自社の製品・サービスに対する愛と熱意を感じました。氏は技術広報担当課長とのことですが、エンジニアがそういう職についているというのはあまりないことではないでしょうか。それとも技術を売りにする会社にはあたり前のことなのでしょうか。

なお、今回の資料は一週間後の東京会場が終わったところでIIJmio meeting ARCHIVEの方で公開されるそうですし、また東京会場の様子はインターネット中継も行われるということなので、関心のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

Nicki Minaj – The Pinkprint Tour

自分の世界ではありませんでした。

先日、思いがけずNicki MinajのコンサートThe Pinkprint Tourのチケットが4枚手に入りました。ちょうど私の家族が帰国中でいなかったため、日本人の同僚の間で同行者を募ったのですが、残念ながら誰からも希望がなく、米人社員Aが彼女と行きたいというので2枚譲り、結局1枚は使わず私一人で行くことになってしまいました。Nicki Minajといえばそれなりのビッグネームだと思うのですが、やはりラップというのはとっつきにくいのか、そもそも関心もなく知らないのでしょうか。私もラップは苦手でほとんど聞きませんが、Nicki Minajはポップアーティストとも多く共演しており、またNicki自身の曲もポップチャートでいくつも大ヒットしているものがありますので、そういった曲だけでも楽しめればいいかという思いで行ったのでした。

場所はメトロデトロイトの北の方にあるDTE Energy Music Theatreという屋外コンサート会場で、Pine Knobというスキー場とゴルフ場に囲まれた緑豊かなところで、ここなら大きな音も迷惑になることはなさそうです。会場に到着するとまもなく前座が始まったのですが、事前に何も調べずに行ったので途中で知ったのは前座が4組もあるということです。それも全てラップでした。

前座は順にDej Loaf、Tinashe、Rae Sremmurd、Meek Millという私は名前も知らないような人たちでしたが、それでも何曲か聴いたことがある曲、Nowに入っていて持っているような曲もありましたし、会場はかなり盛り上がっていましたので無名の人たちではないようでした。特に、Meek MillはNicki Minajと婚約しているのだということをチケットを譲って一緒に行ったAから聞きました。ちなみにどうでもいいのですが、Meek MillはDream Chaser Recordsというレーベルを興しているらしいのですが、そのロゴがRolls Royceの丸パクリで、わざとやっているのかもしれませんが私には格好悪く見えて仕方ありませんでした。また、ヒップホップの世界では爆発音が流行っているのでしょうか。Nickiの時には使われませんでしたが、それ以外の前座の人たちはしきりに鳴らしていて、私はもう食傷気味でした。

それはさておき、9時頃になってようやくNicki Minajの出番となりました。Wikipediaにはセットリストが載っているのですが、それを見ると実に38曲、いったいどれだけの時間続くのだろうと思ってしまいました。しかし実際にはワンコーラスしかやらない曲が多かったり、観客に歌わせる曲なども含まれていたようで、ちょうど2時間ほどで終わりました。

私が知っている曲はヒットした4曲だけだったのですが、周りの人達は終始一緒に歌い踊っていて、私がこれまでに行ったことのあるコンサートとは大きく雰囲気が違い、客層もあってちょっと怖く感じてしまいました。黒人が多いのはいいのですが、髪型や服装が私と普段付き合いのある人達とは違うのです。まあどんな感じか行ってみよう、というのが私のモチベーションだったので、目的は達成できたとも言えます。しかし中には小学生くらいの子供を連れて来ている人もいて、セクシーさを強調したステージを見せて教育的に問題はないのか他人事ながら気になってしまいました。

辛かったのは音量の大きさです。前座の時点ですでに耳は正常に聞こえなくなってきていて、まともに音楽が聞けているのかどうか怪しい状態でした。終わったあともしばらく耳鳴りが続いていて、ようやく気にならなくなったのは3日くらい経ってからだったかと思います。しかし私はそんな状態なのに周りの人達は全く問題なさそうだったのですが、これはひょっとして歳のせいなのでしょうか。もう会場の前の方に座ってはいけないのかもしれませんし、コンサート用の耳栓を準備しておくべきなのかもしれません。実は以前も買っておこうと思いつつ、次の予定ができてからにしようと思っていたところ、今回は急だったので間に合わなかったのでした。次は同じことにならないよう、今から準備しておくべきですね。

印象的だったのは、歌い終わったあとにふと見せる、Nickiのなんとも言えない幸せそうな表情です。この人にとってはこれが天職なのだろうな、と思わせるようないい表情でした。

Freescale Technology Forum 2015

帰ってから上司に「楽しかった?」と聞かれました。

アメリカの半導体メーカーFreescaleが開催するFreescale Technology Forumは10周年で10回目となりましたが、今年も盛大に開催されました。私も2006年以来これまでにかれこれ5回参加してきましたが、今回はチームで働いている同僚4人も一緒に参加することになり、いつもとは違う感じでした。また、先日Freescaleがオランダの電子部品メーカーNXPに吸収合併されるというニュースもあり、少なくともFreescaleの名前で開催されるのは今回が最後だろうとも言われていました。イベントそのものはこれまでと同様に朝のジェネラルセッションのあとに諸分野のテクニカルセッションが多数並行して行われるというものですが、今回はいくつか違いがありました。

まず、会場がこれまでのリゾートホテルとは異なり、テキサス州の州都でFreescaleの本社があるオースティンの中心部に今年出来たばかりのホテルだったことです。おかげでホテルから歩いて行ける範囲にいくつもの美味しいレストランがあり、食事の場所には全く困りませんでした。前回1月に出張で訪れた際にも質の高いレストランの充実度合いには驚きましたが、今回も全くハズレがありませんでした。特に気に入ったのはRussian Houseというロシア料理店で、内装やかかっている音楽の雰囲気の怪しさが気分を盛り上げ、ロシアや周辺国の伝統料理も美味しく、同行したT君らもウォッカが周って楽しそうでした。しかし何より良かったのは愛嬌のあるウェイトレスのロシア訛りで、これは非常に重要なポイントだと思います。

それはさておき、都市部のホテルということで2千人レベルを収容できるような大部屋がないということで、ジェネラルセッションは2ブロック離れたAustin City Limits (ACL)のホールへ移動して行われました。ここで気が利いていたのがFreescaleがベロタクシーを大量に雇ってこの移動にあてていたことで、参加者は無料で利用することができました。わずか数分の距離で歩いても大したことはなく、実際帰りは歩きましたが、ホテル前からサッと乗って開場前で降ろしてもらえるというのはなかなか気分の良いものでした。

そしてオースティンといえばSouth by South West (SXSW)というイベントが行われるということで、音楽の街としても知られています。そこで今回のFTFにもことあるごとに生演奏が取り込まれていました。私が気に入ったのは2日目火曜日朝のジェネラルセッションまでの朝食会場で演奏していたThe Wind and The Waveという2人組ですが、周囲のあまりの無関心ぶりに「どんな仕事でも仕事だから」などと言いながら演奏していました。終了後も他の人からは拍手もまばらでしたが、同行の米人Bが声を掛けていたので私も行って写真を一緒に撮ってもらい、その後すぐにiTunes Storeで彼らのアルバムFrom the Wreckageも購入し、それ以降頻繁に聞いています。

また、水曜日の夜にACLで2組のコンサートが行われたのですが、1組目がRobert DeLong、2組目がCAKEでした。CAKEの方はどうも私の趣味には合わない感じだったのですが、Robert DeLongの方はなかなか良かったです。Bは彼のことも知っていて今回聴けるということで興奮していましたが、まだあまり知名度が高く無いようで曲の合間に何度も自分の名前を行って覚えていてもらおうとしているのが可愛い感じでした。彼のアルバムはiTunes Storeでプレオーダーになっているのでこちらも購入しましたが、リリースは9月ということで3ヶ月も先でした。

毎回初日のジェネラルセッションはCEOが自社の取り組みなどを派手にプレゼンテーションする基調講演となっているのですが、2日目以降は先端技術に関わるゲストスピーカーを招いた講演や、パネルディスカッションとなっています。今回もう一つ楽しみだったのは、ここで招かれるゲストスピーカーがあのSteve “Woz” Wozniakだったということです。あのWozの話が生で聞けるというだけでも嬉しかったのですが、なんと前日にWozがホテル入りして入口前で立ち話をしているところに出会ったのでした。最初は私も半信半疑でそばにあった写真と見比べてもただのそっくりさんではないかと思っていたのですが、見ているうちにほかの人が一緒に写真を撮り始めたのでさすがに間違いないだろうと思い、私たちも行って記念写真を撮ってもらいました。実際にWozは噂通りに非常に気さくな人で、軽い冗談を言いながら全く嫌そうな素振りも見せず、むしろ他のことで割り込まれた人の写真を撮り直してあげるなどの気遣いもあり、まさにnice guyでした。翌日の講演はインタビュー形式で行われましたが、一つ質問しても楽しい話が次から次へと出てきていつまでも尽きないようでした。私は自叙伝を読んでいたこともあり既に知っている話もありましたが、それでも生の声で聞くのはいいものです。

ということで、本来のイベントももちろんこれまで以上に有意義なものであったのですが、半導体工場のツアーなど興味深いものもあり、それ以外の面でも非常に楽しいものとなりました。NXPとの合併によって来年以降の動向は不明確ですが、私が参加できるかどうかは別としても、ぜひとも継続してもらいたいものです。